インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─

パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─

■「人間、45歳を過ぎてはならない」
【会期終了】 1920年代のパリ。モディリアーニ、シャガール、フジタら世界中から集まった画家たち「エコール・ド・パリ」の中でも、最も成功した画家のひとりといえるのがジュール・パスキン(1885-1930)です。
日本では16年ぶりとなるパスキンの回顧展。本展は生誕130年を記念した企画で、岐阜県美術館北海道立釧路芸術館熊本県立美術館と巡回し、パナソニック 汐留ミュージアムが最後の会場となります。

若い頃から娼館に入り浸るなど、奔放な生活を送っていたパスキンですが、その画力は折り紙付き。わずか19歳で人気風刺雑誌と契約します。

展覧会は「ミュンヘンからパリへ」「パリ、モンパルナスとモンマルトル」「アメリカ」と時代順に進む構成。画風の変遷を辿ります。


会場入口から

内容的には第4部「狂騒の時代」がメイン。第4部が会場半分以上を占めています。

戦火を逃れてアメリカに渡っていたパスキンは、1920年、第一次世界大戦の終結とともに再びパリへ。歓楽の空気に満ちていたパリで、多くの油彩を制作しました。

1924~1925年頃は、パスキンの絵画スタイルの成熟期といわれます。展覧会メインビジュアルの《少女 ─ 幼い踊り子》も、1924年の作品です。


第4部「狂騒の時代」 動画最後は《少女 ─ 幼い踊り子》

1927年頃からは「真珠母色(しんじゅぼしょく)の時代」。軽いタッチと淡い色彩がまるで貝殻の内側のように見える事から、この名で呼ばれます。

十八番の裸婦画もこの時期の作品は特に冴え渡り、背景に溶け込むよう柔らかな描写はコレクターや画商たちに絶賛されました。

この時期がパスキンの画家としての絶頂期。ただ、同時に最晩年でもありました。


第4部「狂騒の時代」 動画最後は《三人の裸婦》

生前から「人間、45歳を過ぎてはならない。芸術家であればなおのことだ…それまでに力を発揮できていなければ、その歳で生み出すものは、もはや何もないだろう」と語っていたパスキン。酒に溺れた生活は心身を蝕み、愛人だった人妻のリュシー・クローグとの関係にも悩んでいました。

1930年6月2日、手首を切ったパスキンは、壁に血文字で「ADIEU LUCY」(さよなら、リュシー)と書いた後、窓のノブで首を吊って自死。宣言どおり、45歳の事でした。葬儀では夥しい人が葬列を作り、パリ中の画廊が喪に服したと伝えられます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年1月20日 ]

モンパルナスのエコール・ド・パリモンパルナスのエコール・ド・パリ

ジャン=ポール クレスペル (著), Jean‐Paul Crespelle (原著), 藤田 尊潮 (翻訳)

八坂書房
¥ 1,944

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2015年1月17日(土)~2015年3月29日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社