インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─

パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─

■「人間、45歳を過ぎてはならない」
【会期終了】 1920年代のパリ。モディリアーニ、シャガール、フジタら世界中から集まった画家たち「エコール・ド・パリ」の中でも、最も成功した画家のひとりといえるのがジュール・パスキン(1885-1930)です。
日本では16年ぶりとなるパスキンの回顧展。本展は生誕130年を記念した企画で、岐阜県美術館北海道立釧路芸術館熊本県立美術館と巡回し、パナソニック 汐留ミュージアムが最後の会場となります。

若い頃から娼館に入り浸るなど、奔放な生活を送っていたパスキンですが、その画力は折り紙付き。わずか19歳で人気風刺雑誌と契約します。

展覧会は「ミュンヘンからパリへ」「パリ、モンパルナスとモンマルトル」「アメリカ」と時代順に進む構成。画風の変遷を辿ります。


会場入口から

内容的には第4部「狂騒の時代」がメイン。第4部が会場半分以上を占めています。

戦火を逃れてアメリカに渡っていたパスキンは、1920年、第一次世界大戦の終結とともに再びパリへ。歓楽の空気に満ちていたパリで、多くの油彩を制作しました。

1924~1925年頃は、パスキンの絵画スタイルの成熟期といわれます。展覧会メインビジュアルの《少女 ─ 幼い踊り子》も、1924年の作品です。


第4部「狂騒の時代」 動画最後は《少女 ─ 幼い踊り子》

1927年頃からは「真珠母色(しんじゅぼしょく)の時代」。軽いタッチと淡い色彩がまるで貝殻の内側のように見える事から、この名で呼ばれます。

十八番の裸婦画もこの時期の作品は特に冴え渡り、背景に溶け込むよう柔らかな描写はコレクターや画商たちに絶賛されました。

この時期がパスキンの画家としての絶頂期。ただ、同時に最晩年でもありました。


第4部「狂騒の時代」 動画最後は《三人の裸婦》

生前から「人間、45歳を過ぎてはならない。芸術家であればなおのことだ…それまでに力を発揮できていなければ、その歳で生み出すものは、もはや何もないだろう」と語っていたパスキン。酒に溺れた生活は心身を蝕み、愛人だった人妻のリュシー・クローグとの関係にも悩んでいました。

1930年6月2日、手首を切ったパスキンは、壁に血文字で「ADIEU LUCY」(さよなら、リュシー)と書いた後、窓のノブで首を吊って自死。宣言どおり、45歳の事でした。葬儀では夥しい人が葬列を作り、パリ中の画廊が喪に服したと伝えられます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年1月20日 ]

モンパルナスのエコール・ド・パリモンパルナスのエコール・ド・パリ

ジャン=ポール クレスペル (著), Jean‐Paul Crespelle (原著), 藤田 尊潮 (翻訳)

八坂書房
¥ 1,944

 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2015年1月17日(土)~2015年3月29日(日)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ パスキン展 ─ 生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子 ─ 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社