インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  BODY/PLAY/POLITICS

BODY/PLAY/POLITICS

■「身体」をめぐる、6者の競演
【会期終了】 ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、日本と、地域が異なる6人の現代美術作家。人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々をモチーフにした作品を紹介している展覧会が、横浜美術館で開催中です。
展覧会のキャッチコピーは「カラダが語りだす、世界の隠された物語」。1人ずつ作品をご紹介いたします。

アフリカ系英国人のインカ・ショニバレ MBE(1962-)は、アフリカ更紗を用いた立体作品を出品。民族的なルーツであるアフリカと、現在の拠点である欧州の関係を示します。

映像作品ではアフリカ更紗のドレスを来た黒人女性が、オペラ「椿姫」の一節を繰り返し熱唱。英国の英雄・ネルソン提督の死をめぐる逸話も作中で表現されます。


インカ・ショニバレ MBE、左:《蝶を駆るイベジ(双子の神)》2015、右:《さようなら、過ぎ去った日々よ》2011 (会場風景) Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York

展覧会のビジュアルイメージの中でもインパクトが強い、長い黒髪で顔を覆い隠した女性たち。日本なら“貞子”ですが、東南アジアでも“ポンティアナック”は良く知られた女性の幽霊です。しばしば小説や映画で表現され、現世に憎しみを残した女性の象徴といえます。

作家はマレーシアのイー・イラン(1971-)。現代のポンティアナックたちは、台本無しの自由な会話で、女性の役割や意味について赤裸々に語ります。


イー・イラン《ポンティアナックを思いながら:曇り空でも私の心は晴れ模様》2016 (会場風景) ©Yee I-Lann

タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン(1970-)は、注目のクリエイター。監督・脚本を手掛けた映画『ブンミおじさんの森』が、2010年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を受賞。今年は日本国内のさまざまな美術館やアートフェスティバルに招待されています。

炎を吐き出しながら回りつづける扇風機の映像作品《炎(扇風機)》は、日本初公開。エントランスで紹介される《ナブアの亡霊》にも火が登場します。どこか詩的で象徴性に満ちた表現は、作家が得意とするところです。


アピチャッポン・ウィーラセタクン《炎(扇風機)》2016 / 《ナブアの亡霊》2009 (会場風景) Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

ベトナムで生まれ、米国で学んだウダム・チャン・グエン(1971-)。エントランスから見えるビニールチューブは、作品《ヘビの尻尾》の一部です(映像も含めたインスタレーション)。映像ではホーチミン市内のビルから延びるチューブは大蛇のようで、歴史上の神と人間をめぐる複数の神話のイメージが重なり合います。

もうひとつは映像作品の《機械騎兵隊のワルツ》。ベトナムの伝説で、国を守る英雄“ゾン将軍”のイメージを、現代の戦士の隊列として表現しています。


ウダム・チャン・グエン《ヘビの尻尾》2015/2016 / 《機械騎兵隊のワルツ》2012 (会場風景) ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.

写真に出会う前は、自殺する事ばかり考えていたという石川竜一(1984-)さん。石川さんが日本各地で出会った人々のポートレートからは、それぞれの人生が透けて見えます。

後半には、石川さんがかつて道端で声をかけて、その後もつきあいが続いた二人をテーマにした作品。こちらは写真と手書きのテキストによる構成です。


石川竜一《portraits 2013-2016》2013-2016 / 《小さいおじさん》2012-2014 / 《グッピー》2011-2016 (会場風景) ©Ryuichi Ishikawa

日本の田村友一郎(1977-)さんは、日本の戦後史と身体をめぐるインスタレーション作品。グランドギャラリー(エントランスロビー)と最後の展示室で紹介されています。

肉体を筋肉ごとに断片で捉えるボディビルディングに興味があるという田村さん。肉体に関連する言葉のやりとり、断片化した彫像、時間が重なり合った横浜の地図などが展示されています。無言でビリヤードに興じる4人のボディビルダーも登場しましたが、こちらは内覧会のみの演出です。


田村友一郎《裏切りの海》2016 (会場風景)

会期中には出品作家が登場するイベントなど、関連企画も多数開催。また会場内は一部を除き、写真撮影も可能です。ツイッターやインスタグラムでハッシュタグ「#yokohamamuseumifart」をつけて、拡散お願いいたします。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年9月30日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999


■BODY / PLAY / POLITICS に関するツイート


 
会場横浜美術館
開催期間2016年10月1日(土)~12月14日(水)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://yokohama.art.museum/
展覧会詳細へ BODY/PLAY/POLITICS 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社