インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「坂口安吾」ができるまで

「坂口安吾」ができるまで

■文壇デビューは「小田原」がきっかけです
昭和の戦前・戦後にかけて活躍した日本の近代文学を代表する作家の一人、坂口安吾(1906-1955)。小田原出身の作家、牧野信一に小説「風博士」が激賞され、文壇デビューを果たしました。安吾の生涯や業績について紹介する展覧会が、小田原文学館で開催中です。
坂口安吾は、明治39年に新潟で生まれました。昭和12年から13年6月まで、京都で暮らしていた安吾。「田舎へとぢこもつて、再び、生命をささげた仕事を仕遂げてきます」と手紙に心境を書き、取手に移りました。

しかし、取手の寒さに音を上げ、引っ越しを決意。三好達治から小田原に来るよう勧められ、早川橋際の亀山別荘に転居しました。

本展では、安吾の小田原での交友関係やその生涯、また作品などの業績を、2部に分けて紹介。写真資料や生原稿など、貴重な資料が展示されています。

第1部「安吾の小田原」では、小田原での実績を紹介。展示室に入ると、正面には安吾の有名な写真が。昭和を代表する写真家・林忠彦が撮影した、大量の紙に囲まれた仕事場の風景です。

安吾の文壇デビューのきっかけとなったのが、同人誌「青い馬」。会場には全5冊がすべて展示されています。安吾研究者も「全5冊が一堂に揃うのは初めて見る」とのこと。貴重な展示なので、お見逃しなく。



当時小田原で看板店を営んでいた山内画乱洞(がらんどう・本名 直孝)との交友関係も紹介されています。

昭和16年(1941)7月の洪水で、安吾は小田原に借りていた家が流され、ドテラを画乱洞に預けるなど、二人は親しく交友。同年12月8日の真珠湾攻撃を題材とした短編小説「真珠」の執筆にも、深く関わった人物です。

「真珠」は、開戦を知った後も酒を飲んだりしている「僕」や「ガランドウ」の様子と、死に赴いた特攻隊兵士を「あなた方」と呼びかけて、特攻隊員と同じ時間を生きた安吾の日常を対比的に描いた作品です。

続く第2部「それまでの安吾 それからの安吾」では、安吾の生涯が紹介されています。有名な「白痴」は、複製原稿も展示。実際にめくって観覧すると、安吾が几帳面という、やや意外な一面も確認できます。

安吾は、昭和30年(1955)2月17日の早朝、群馬県桐生市の自宅で、脳出血により急逝。享年48歳でした。前々日に高知への取材旅行から東京へ帰着し、桐生の自宅へ帰宅したばかりのことでした。

北原武夫や尾崎一雄が、安吾の追悼文を書きました。後期展示(7月24日)から《尾崎一雄 坂口安吾への弔辞草稿》や遺品の《セルロイドの筆箱》が展示されます。

温暖な気候で、明治期以降多くの政財界人や文学者が居住した小田原。坂口安吾のほか、北原白秋や谷崎潤一郎など、多くの文学者がこの地に居住しました。

文学館は、明治時代に宮内大臣などを歴任した旧田中光顕伯爵別邸で、別館の白秋童謡館とともに国登録有形文化財にとなっています。小田原城も近く、一日満喫できます。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年7月2日 ]

堕落論・日本文化私観 他二十二篇堕落論・日本文化私観 他二十二篇

坂口 安吾(著)

岩波書店
¥ 983

 
会場小田原文学館
開催期間2019年6月29日(土)~8月18日(日)
所在地 神奈川県小田原市南町2-3-4
TEL : 0465-22-9881
HP : http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/2019sakagutiango.html
展覧会詳細へ 「坂口安吾」ができるまで 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社