インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「坂口安吾」ができるまで

「坂口安吾」ができるまで

■文壇デビューは「小田原」がきっかけです
【会期終了】 昭和の戦前・戦後にかけて活躍した日本の近代文学を代表する作家の一人、坂口安吾(1906-1955)。小田原出身の作家、牧野信一に小説「風博士」が激賞され、文壇デビューを果たしました。安吾の生涯や業績について紹介する展覧会が、小田原文学館で開催中です。
坂口安吾は、明治39年に新潟で生まれました。昭和12年から13年6月まで、京都で暮らしていた安吾。「田舎へとぢこもつて、再び、生命をささげた仕事を仕遂げてきます」と手紙に心境を書き、取手に移りました。

しかし、取手の寒さに音を上げ、引っ越しを決意。三好達治から小田原に来るよう勧められ、早川橋際の亀山別荘に転居しました。

本展では、安吾の小田原での交友関係やその生涯、また作品などの業績を、2部に分けて紹介。写真資料や生原稿など、貴重な資料が展示されています。

第1部「安吾の小田原」では、小田原での実績を紹介。展示室に入ると、正面には安吾の有名な写真が。昭和を代表する写真家・林忠彦が撮影した、大量の紙に囲まれた仕事場の風景です。

安吾の文壇デビューのきっかけとなったのが、同人誌「青い馬」。会場には全5冊がすべて展示されています。安吾研究者も「全5冊が一堂に揃うのは初めて見る」とのこと。貴重な展示なので、お見逃しなく。



当時小田原で看板店を営んでいた山内画乱洞(がらんどう・本名 直孝)との交友関係も紹介されています。

昭和16年(1941)7月の洪水で、安吾は小田原に借りていた家が流され、ドテラを画乱洞に預けるなど、二人は親しく交友。同年12月8日の真珠湾攻撃を題材とした短編小説「真珠」の執筆にも、深く関わった人物です。

「真珠」は、開戦を知った後も酒を飲んだりしている「僕」や「ガランドウ」の様子と、死に赴いた特攻隊兵士を「あなた方」と呼びかけて、特攻隊員と同じ時間を生きた安吾の日常を対比的に描いた作品です。

続く第2部「それまでの安吾 それからの安吾」では、安吾の生涯が紹介されています。有名な「白痴」は、複製原稿も展示。実際にめくって観覧すると、安吾が几帳面という、やや意外な一面も確認できます。

安吾は、昭和30年(1955)2月17日の早朝、群馬県桐生市の自宅で、脳出血により急逝。享年48歳でした。前々日に高知への取材旅行から東京へ帰着し、桐生の自宅へ帰宅したばかりのことでした。

北原武夫や尾崎一雄が、安吾の追悼文を書きました。後期展示(7月24日)から《尾崎一雄 坂口安吾への弔辞草稿》や遺品の《セルロイドの筆箱》が展示されます。

温暖な気候で、明治期以降多くの政財界人や文学者が居住した小田原。坂口安吾のほか、北原白秋や谷崎潤一郎など、多くの文学者がこの地に居住しました。

文学館は、明治時代に宮内大臣などを歴任した旧田中光顕伯爵別邸で、別館の白秋童謡館とともに国登録有形文化財にとなっています。小田原城も近く、一日満喫できます。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年7月2日 ]

堕落論・日本文化私観 他二十二篇堕落論・日本文化私観 他二十二篇

坂口 安吾(著)

岩波書店
¥ 983

 
会場小田原文学館
開催期間2019年6月29日(土)~8月18日(日)
所在地 神奈川県小田原市南町2-3-4
TEL : 0465-22-9881
HP : http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/2019sakagutiango.html
展覧会詳細へ 「坂口安吾」ができるまで 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社