インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート

リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート

■「つながる」ために、見て、話して、手を動かす
【会期終了】 リー・ミンウェイ(李明維)は1964年台湾生まれ、ニューヨーク在住のアーティスト。観客が参加する事で成立する「リレーショナル・アート」の分野で様々なアートプロジェクトを展開し、国際的に活躍しています。今回が初の大規模個展。関係性を再考し、能動的な鑑賞体験を求められる珍しい展覧会です。
会場に入ってすぐ、壁一面に色とりどりのたくさんの糸巻が並ぶのは《プロジェクト・繕う》。ここでは観客が持ち込む布をホスト役が繕い、その完成品は壁面の糸と結ばれ、生まれたコミュニケーションが可視化されます。

細い糸なのでまだ遠目には見づらいですが、会期が進むにつれ、たくさんのカラフルな糸を通して、人とのつながりが見えてくるはずです。会期終了まで預けられる衣類や、ハンカチなどを持っていくことをお勧めします。


《プロジェクト・繕う》2009/2014年

リー・ミンウェイの作品には、日々の生活の行動を改めて考えさせるものが多くあります。これらはリー・ミンウェイが幼少期に出会った禅の思想がベースになっています。

《ひろがる花園》はひときわ目を引く、色とりどりの花が並ぶ可愛らしいスペース。この花は一人一輪を自由に持ち帰ることができますが、受け取った人は来た道とは違う道で帰り、見ず知らずの人にその花を贈る、というミッションを課されます。他人に花を手渡す、とても非日常的で難しい行動ですが、ぜひ体験してみては。

会場の一角に設けられた寝室と食卓では、実際にリー・ミンウェイもしくはホストが抽選で選ばれた人と食事をともにしたり、一晩を一緒に過ごす、1対1の関係性を築くプロジェクトが行われます。


Sec.2 歩く、食べる、眠る━日常の営みを再考する

リー・ミンウェイは、自身の家族との思い出や、そこから受けた影響も多く作品に投影させています。

木製の箱が並ぶスペース《布の追想》には、手作りのぬいぐるみや帽子など、布でつくられた思い出の品が入っています。これらは公募で集められたもので、どれもそれぞれにエピソードがあるものばかり。それぞれの箱の蓋の裏には、その布にまつわる思い出がつづられています。これは、リー・ミンウェイが幼いころ、お母さんの手作りの服に勇気づけられた経験から着想されました。


《布の追想》2006/2014年

《プロジェクト・手紙をつづる》は、大切な人へ今まで言えなかった感謝や謝罪などを綴る体験をします。この作品はリー・ミンウェイが、亡くなった祖母へ伝えきれなかった思いを手紙にしたためた行動に由来します。書いた手紙は、封をするかしないか自分で決めて壁面に。壁面に置かれた封のされていない手紙は、読むことができます。


《プロジェクト・手紙をつづる》1998/2014年

本展はリー・ミンウェイの個展ですが、その制作活動において重要なキーワードになる「関係性」「つながり」を考えるテーマ展の側面も持ち合わせています。イヴ・クライン、白隠、鈴木大拙など、リー・ミンウェイの思想に通底する作品や、アラン・カプローや小沢剛などリレーショナル・アートに関連したアーティストの作品も展示されています。

1990年代後半以降、大きな広がりを見せているリレーショナル・アートですが、参加者がいないと成り立たないため、展覧会の実現はハードルが高いもの。実際、森美術館から個展の話を持ちかけられ、リー・ミンウェイは「今までそんな勇気のあった人はいない」と答えたと言います。

「開幕の時点では、展覧会の完成度はまだ40%」とリー・ミンウェイが語るように、開幕直後の会場はまだ真っ白のキャンバスのように感じられました。展示されたものを見るだけではなく、時に手や口も動かし、考える必要がある展覧会。日々変化する展示の行きつく先はどうなるのか、楽しみです。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2014年9月19日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

料金一般当日:1,500円
 → お得なチケットはこちらからicon


■リー・ミンウェイとその関係 に関するツイート


 
会場森美術館
開催期間2014年9月20日(土)~2015年1月4日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum/
展覧会詳細へ リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社