インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  チューリヒ美術館展 ─ 印象派からシュルレアリスムまで

チューリヒ美術館展 ─ 印象派からシュルレアリスムまで

■圧倒の大きさ、視界全体が睡蓮の池
【会期終了】 日本とスイスの国交樹立150年を記念し、チューリヒ美術館の近代美術コレクションから74点が来日。モネ晩年の大作《睡蓮の池、夕暮れ》をはじめ、シャガール、ホドラー、クレー、マティス、ピカソ、ミロなど豪華なラインナップです。
スイスで最も重要な美術館のひとつ、チューリヒ美術館。1787年に地元の芸術家らが作品を語り合う場を設けた事がきっかけになって設立されました。積極的な作品購入とコレクターからの寄贈に支えられ、現在では中世美術から現代アートまで10万点以上の作品を所蔵しています。

本展ではチューリヒ美術館の近代美術コレクションから74点を紹介。会場は、ムンクやシャガールなど一人の芸術家を特集した「巨匠の部屋」が8室と、表現主義やシュルレアリスムなど美術運動を紹介する「時代の部屋」が6室、計14室を交互に辿る、ちょっと珍しい構成です。

最初の部屋はジョヴァンニ・セガンティーニ(1858-1899)。イタリア生まれですがスイスに住み、アルプスの風景やそこに暮らす人々を、純色を混ぜないで描画する分割主義の技法で描きました。


第1室「セガンティーニ」

展覧会の目玉であるクロード・モネ(1840-1926)の《睡蓮の池、夕暮れ》は、次の部屋に登場します。夕暮れの光が水面に反射し、画面の中央はオレンジ色から黄色に。左右に離れるにつれて影が深くなり、深い紫色が広がっていきます。

モネの狙いは、横6メートル・縦2メートルという大きさがあってこそ。絵の近くに立つと視界全体にモネの絵が入り、まるで睡蓮の池に包まれたかのようです。この体験的な鑑賞は、モネ晩年の大作を味わう醍醐味。図録やウェブではなく、ぜひ現地でお確かめください。

この部屋には《ノルマンディーの藁葺きの家》《陽のあたる積み藁》《国会議事堂、日没》と、モネの作品が他に3点。ドガ、ロダンも紹介されています。


第2室「モネ」

3室目は「ポスト印象派」。ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌらとともに紹介されているのが、アンリ・ルソー(1844-1910)です。

パリの税関に勤めていたため「ドワニエ(税官吏)ルソー」と呼ばれるアンリ・ルソー。正規の美術教育を受けず、40歳を過ぎてから絵を描きはじめ、サロンに出品してはもちろん落選。嘲笑にさらされた創作人生でしたが、現在では素朴派を代表する画家として高く評価されています。

展覧会メインビジュアルにも使われる《Ⅹ氏の肖像(ピエール・ロティ)》は、小説家のピエール・ロティを描いた作品(異なる説もあります)。タバコを手にトルコ帽を被ったロティは印象深い表情ですが、実はルソーはロティとの面識はなく、新聞や雑誌に掲載された写真をもとに描いたとされています。


第3室「ポスト印象派」

4室目は、スイスの象徴主義を代表する画家、フェルディナント・ホドラー(1853-1918)。1890年頃に類似した形態の反復で秩序をもたらす「パラレリズム(平行主義)」を提唱しました。今秋は国立西洋美術館でもフェルディナント・ホドラー展が開催されます(10月7日~2015年1月12日)。

部屋の奥の大作《真実、第二ヴァージョン》も、パレリズムが色濃く現れた作品。中央に堂々と立つ裸体女性は真実の寓意、周囲の顔をそむける男性が悪を意味しています。ホドラーは1904年のウィーン分離派展にこの作品を含む31点を出品、大成功しています。


第4室「ホドラー」

これで、まだ4室。この後「ナビ派」「ムンク」「表現主義」「ココシュカ」「フォーヴィスムとキュビスム」「クレー」「抽象絵画」「シャガール」「シュルレアリスム」「ジャコメッティ」と続きますが、このページではここまで。続きは会場でお楽しみください。

東京展は12月15日(月)まで。2015年1月31日(土)~5月10日(日)、神戸市立博物館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月24日 ]

チューリヒ美術館展完全ガイド

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 1,458

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■チューリヒ美術館展 に関するツイート


 
会場国立新美術館
開催期間2014年9月25日(木)~12月15日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://zurich2014-15.jp/
展覧会詳細へ チューリヒ美術館展 ─ 印象派からシュルレアリスムまで 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社