インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  春画展 ─ shunga ─ (後期)

春画展 ─ shunga ─ (後期)

■多くを展示替え、後期展も大注目
【会期終了】 さまざまなメディアで話題沸騰の春画展は、11月3日(火・祝)から後期展示。多くの作品が入れ替わったほか、前後期通して出展されている絵巻・版本も、多くが巻替え・頁替えがなされました。ここまでの状況も含めて、ご案内します。
← 前期展の取材レポート

前期展だけで9万人以上が訪れた春画展。国立クラスの美術館ならともかく、決して広いとはいえない永青文庫としては驚くべき数字です。館内は作品が全く見えない、という事こそありませんが、列が2重・3重になる混雑ぶり。週末は入館を制限する事もあるので、都合がつくならまず平日の来館をお勧めいたします。

来館者は「女性が多い」という話もしばしば聞きますが、実際はほぼ半々(ですので、男性ひとりでも安心してご覧ください)。傾向としては、週末は女性の比率がやや高く、平日は男性の比率が高いそうです。

来館者が多い事もありますが、一般的な美術展と比べると、グループ同士の話し声も多く感じる本展。アクロバティックな肢体や、あり得ないほど誇張された表現に対して、笑い声も聴こえてきます。

後期に登場した作品としては、肉筆では鳥文斎栄之の《源氏物語春画巻》と《四季競艶図》が見事。袋に入ったままで事に及ぶ《袋法師絵詞》もユニークです。版画では医学書のパロディー《艶道日夜女宝記》や、影絵で描いた珍しい《華月帖》も後期からの展示です。

本格的な春画展は初開催という事もあり「ポルノではなくアートだ」「ユニークな‘笑い絵’だ」等々、会期の後半になっても、さまざまな報じられ方をしています。春画を持ち上げすぎる報道には若干違和感を感じますが、これだけ多彩な春画が一堂に会するのは、今後もなかなか難しいと思われます。まさに百聞は一見に如かず。春画の評価は、ご自身でどうぞ。

そして、話題になっている展覧会のため、浮世絵をまとめて見る機会もこれが初めて、と言う方もいるかもしれません。お気に入りの春画を見つけたら、ぜひ絵師の名前を覚えておいてください。別の展覧会で、春画ではない浮世絵とも見比べていただければとも思います。

なお12月5日(土)は「着物DAY」、着物を着て来場される方は男女を問わず入場料が800円になります。前期展の「着物DAY」では着物姿の方が約300名来場。女性に混じり、粋な男性の姿も見られたそうです。お持ちの方は、ぜひ男性もチャレンジしてみてください。

また、閉幕直前の12月21日(月)は休館日の予定でしたが、好評につき開館する事も発表されています。

※やや過激な内容を含む写真は、別ページでご紹介しております。18歳未満の方はご遠慮ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年11月15日 ]

春画入門春画入門

車 浮代 (著)

文藝春秋
¥ 972

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■春画展 に関するツイート


 
会場永青文庫
開催期間2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)
所在地 東京都文京区目白台1-1-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.eiseibunko.com/shunga/
展覧会詳細へ 春画展 ─ shunga ─ (後期) 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社