インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  松井冬子展 ―世界中の子と友達になれる―

松井冬子展 ―世界中の子と友達になれる―

■美貌に潜む狂気
【会期終了】 鶏をわしづかみにする黒髪の幽霊、裂けた腹から内臓を見せる美女…描くのは、東京藝術大学日本画科で女性初の博士号を取得した美しき日本画家、松井冬子さん。公立美術館では初めてとなる個展が、横浜美術館で開催中です。
その美貌とは裏腹の強烈な印象の絵画で、数々のメディアでも紹介されている松井冬子さん。今、最も注目を集めている日本人画家の一人といえるでしょう。


第2章「幽霊」

展覧会のサブタイトルでもある「世界中の子と友達になれる」は、松井さんの幼少期の経験に由来します。

静岡県森町で育った松井さん。小さな町の小学校では次々に友達が増え「いずれ世界中の子どもと友達になれる」と強く確信していました。

もちろん、成長してからはそれが不可能であると気づきますが、「世界中の子と友達になれる」という言葉は、妄想と狂気が入り混じったキーワードとして、松井さんの中に強く残ったのです。

展覧会メインビジュアルの作品名も「世界中の子と友達になれる」。空っぽの揺り籠、藤棚状に連なる無数のスズメバチ、可憐な少女は下着姿で、手足からは出血…。松井さんの大学の学部卒業制作作品で、この作品の後、まとまった制作が1年間できなかったという力作です。

会場には完成作に至る前の下図も展示されており、「全体的にワントーン暗めの藤色を使う」「顔・肌だけは失敗できない 一発ギメ」などのメモ書きが読み取れます。


第6章「鏡面」


第8章「ナルシシズム」

会場構成は「受動と自殺」「幽霊」「世界中の子と友達になれる」「部位」「腑分」「鏡面」「九相図」「ナルシシズム」「彼方」の9章。今回の新作は4点ですが、うち3点は「九相図」(くそうず)の章の作品です。

九相図とは、人間が死んだ後に、死体が腐乱し、骨になるまでのさまを9つの段階に分けて描いた絵画です。仏教において、出家者が肉体への執着を断つトレーニングとして作られたもので、日本にも鎌倉時代以降の作品が数多く残っています。

松井さんによる九相図も壮絶です。裂かれた腹の中の子宮を見せ付けて横たわっていた女性が、新作では蛆に蝕まれ、骨には蛇が巻きつき、荒涼とした地に最後に残るのは頭骨と背骨のみ。胸が締め付けられるような寂寥感が漂います。

「身体も感覚も私自身のものとして実感し共有できる女(雌)しか描かない」(展覧会図録より)という松井冬子さん。悪夢に出てきそうな作品の数々も、横浜美術館の広報ご担当の女性に聞くと「女性として共感できる」との答えでした。

若い人を中心に多くのファンを持つ松井さん。実は、女性のほうが松井さんの意図を理解しやすいのかもしれません。男である筆者は、ちょっと羨ましく思ったりします。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年12月17日 ]

松井冬子 一 MATSUI FUYUKO I

松井冬子 (著)

河出書房新社
¥ 5,250

 
会場横浜美術館
開催期間2011年12月17日(土)~2012年3月18日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会詳細へ 松井冬子展 ―世界中の子と友達になれる― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社