ニュース
    料紙装飾を分かりやすく解説 ── 根津美術館で「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」
    (掲載日時:2017年5月24日)
    根津美術館「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」

    2017年5月24日(水)、東京・港区の根津美術館で「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」のプレス向け内覧会が開催された。

    日本の古美術はなんとなく敷居が高いという声に応え、昨年から始まった「はじめての古美術鑑賞」シリーズの第2段。

    今回は書の作品に親しんでもらうため、書を書くための紙=料紙(りょうし)の装飾を取り上げた。

    「雲母(きら)に光を!」「「染め」のバリエーション」「金銀の多彩な飾り」「さまざまな装飾技法」の4ブロックで、根津美術館のコレクションを中心に、絵画に取り込まれた例も含めて計57件を紹介する。

    「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」は根津美術館で、2017年5月25日(木)~7月2日(日)に開催。観覧料は一般 1,100円、学生(高校生以上) 800円、中学生以下は無料。

    展示室5では「焼き締め陶」、展示室6では「涼一味の茶」が同時開催される。
     
    発信:インターネットミュージアム

    根津美術館 施設詳細ページ
    「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」情報ページ
    根津美術館 公式ページ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)