ニュース
    共生社会を考える展覧会 ― 国立新美術館で「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」
    (掲載日時:2019年12月3日)
    共生社会を考える展覧会

    国立新美術館で展覧会「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」が開催される。

    障害がある人たちが制作した「表現の持つ根源的なよろこび」が感じられる作品に加え、障害・障壁への気づきをうながすマンガ・アニメーションや、身体感覚を際立たせる映像・メディアアートなどを紹介する展覧会。主催は文化庁。

    「いきる-共に」「ふれる-世界と」「つながる-記憶と」「あつまる-みんなが」「ひろげる-可能性を」という5つのキーワードを通じて、アート、デザイン、マンガ、アニメーションといった多様な分野にわたる作品を展示する。

    作家は障害の有無にかかわらず選ばれた約20組。作者を紹介するキャプションに「所属」として施設名が記されている作品が、いわゆる障害者アートだが、一見では分からないものも多い。

    群集を描く作品を得意とし、障害者アーティストとして注目を集めている鵜飼結一朗(やまなみ工房所属)は、絵巻のような大作《妖怪》を出展。作品は本展の後、ニューヨークでも展示される。

    覆面レスラーの作品を描いたのは、障害がある二人がそれぞれ絵と文字を書き、施設スタッフが二人をつなぐ接着剤としてかかわる三人組のアートユニット、マスカラ・コントラ・マスカラ(かうんと5所属 秋本和久、吉川健司、石平裕一)。

    他にも、コマ割りを単純化したり、吹き出しとキャラクターの位置関係を厳密にするなど、障害者でも分かりやすいマンガを目指した「L Lマンガ」プロジェクト(吉村和真・藤沢和子・都留泰作)など、注目の作品や事例が紹介されている。

    障害の有無を超越し、多様な作品が「ごちゃまぜ」に共存する空間を通じて、創造的に生きることの原点を実感しうる機会になる事を目指す。

    「ここから」展は2016年秋に開催されて以来、毎年開催。今回で4回目となる。

    「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」は国立新美術館 展示室1Aで2019年12月4日(水)~12月8日(日)に開催。観覧無料。




     発信:インターネットミュージアム

    国立新美術館 施設詳細ページ
    「ここから4」情報ページ
    「ここから4」公式サイト
    展覧会ランキング
    1
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    開催中[あと39日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催まであと9日
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    3
    札幌芸術の森美術館 | 北海道
    ムーミン展 
    開催中[あと34日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    tupera tuperaのかおてん.
    開催中[あと90日]
    2020年6月10日(水)〜12月29日(火)
    5
    東京藝術大学大学美術館陳列館 | 東京都
    先端芸術2020/アペラシオンAPPARATION
    もうすぐ終了[あと3日]
    2020年9月20日(日)〜10月3日(土)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人府中文化振興財団 令和3年4月採用 事務職(考古担当学芸員)正規職員募集 [府中市郷土の森博物館 ※その他府中市内の当財団管理施設の場合あり]
    東京都
    (公財)金沢文化振興財団学芸員(プロパー職員)募集 [金沢ふるさと偉人館]
    石川県
    【常勤】学芸(資料展示・資料整理・来館者対応)・法人運営補助スタッフ [名古屋陶磁器会館]
    愛知県
    桃青京都ギャラリー正社員営業ギャラリスト募集 [桃青京都ギャラリー]
    京都府
    大村市歴史資料館会計年度任用職員(学芸系)募集 [大村市歴史資料館]
    長崎県

    ミュージアム キャラクター アワード