IM
    レポート
    ライゾマティクス_マルティプレックス
    東京都現代美術館 | 東京都
    日本のメディアアート集団“ライゾマティクス”の結成15周年記念展
    リアルな表現をバーチャルへ展開する不思議な空間や、開発中のロボット
    ライゾマティクスの作品の一部に参加することのできる実験デバイスも


    「ライゾマティクス_マルティプレックス」展 《Rhizome》2021


    PerfumeやELEVENPLAY、狂言師・野村萬斎らとのコラボレーションで耳にした方も多いのではないでしょうか。人とテクノロジーの関係からクリエイティブな体験を手掛けている、日本のメディアアート集団“ライゾマティクス”。彼らの結成15年を記念する展覧会がはじまりました。



    《Rhizomatiks×ELEVENPLAY“multiplex”》2021


    多岐にわたるライゾマティクスのプロジェクト。ステージデザインなどのエンターテインメントの他にも、科学者との研究開発のリサーチや、そこでの膨大なデータを私たちに伝わる様に視覚デザインしていく事などがあります。

    会場の1つ目の展示《Rhizomatiks Chronicle》は、これまでの活動をスクリーンで振り返る年表。600もの膨大なプロジェクトをファイルで書き込み、自動的に紹介した圧巻の映像作品です。



    《Rhizomatiks×ELEVENPLAY“multiplex”》2021 左が実際にパフォーマンスを行ったステージ、右が完成された映像


    《Rhizomatiks×ELEVENPLAY“multiplex”》で展示しているのは、演出振付家MIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」のダンサーの動きをデータ化したもの。手前にはダンサーがステージで踊っている映像作品、奥にはパフォーマンスを行うためのステージがあります。



    《Rhizomatiks×ELEVENPLAY“multiplex”》の完成された映像


    ロボティクスやカメラだけがリアルタイムで動いているステージと、ダンサーの映像を合成したものをプロジェクションするという、リアルな表現をバーチャルな空間へ展開した作品です。2つを行き来することで、よりインスタレーションの面白さを体感することができます。



    《Rhizomatiks×ELEVENPLAY“multiplex”》2021 パフォーマンスを行うステージ


    現在開発中の未完成の作品も展示中です。中庭の広場には、GPSで衛生を使い自動走行するロボティクスが。太陽光で充電するため、完全に自立で動き続けるプロトタイプを見ることができます。



    《RTK Laser Robotics Experiment》2021


    過去に制作された国内外でのコラボレーションやクライアントワークの作品表現を展示したスペースもあります。スポットライトやジンバルカメラも搭載できるドローン、プログラムから狙った場所に発射できるおもちゃのエアガンなど、どんなプロセスで制作したかを知ることができます。



    《Phizomatiks Archive&Behind the scene》2006-2021部分



    《Phizomatiks Archive&Behind the scene》2006-2021部分 プリント基板・プロトタイプ・治具


    服自体が信号を発し、空間の距離を計測するecho ware。背中の配線が10m先の物体を察知し、振動を伝えます。光から情報を受け取る“目”とは異なる新たな「みる」体験ができる衣装です。



    echo ware 2017 echoプロジェクト


    今回の展覧会に合わせ、アップデートした作品もあります。八の字構造のレールの上をLEDが内蔵されたボールが流れ落ちる《particles 2021》は2011年に発表したもの。新たに、全てのボールの位置情報を把握できるようにし、外からレーザーを発光しているため、より幻影的な残像を作り出すライトインスタレーションとなりました。



    《particles 2021》2021


    来場者の方が作品に参加することができるのも展覧会の見どころ。実験デバイスを身に着け鑑賞を行うと、位置や動きのスピードのデータを取得。データは、個人が判別できない形で作品に反映され、作品の一部になります。



    実験デバイス (※参加希望の方は予約優先チケットにてデバイス付入場券を購入)


    一見、アートとして捉えにくい作品が並ぶ今回の展覧会。しかし、どういったものが新生のアートとして評価されるのか、新しさとは何か、ライゾマティクスの作品を通してアーティストの新しい形を楽しむ展覧会になっていると感じられます。

    また、ライゾマティクス展はオンラインでの会場も設置されます。会場へ訪れることが難しい方も、こちらにてライゾマティクスの魅力を味わってみてはいかがでしょうか。


    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 / 2021年3月19日 ]

    《Rhizomatiks × ELEVENPLAY “multiplex”》2021
    《Rhizomatiks × ELEVENPLAY “multiplex”》2021
    《Rhizomatiks Archive & Behind the scene》2006-2021部分
    《Epilogue》2021
    会場
    東京都現代美術館
    会期
    2021年3月20日(土)〜6月22日(火)
    会期終了
    開館時間
    10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日(5月3日は開館)、5月6日
    住所
    〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/
    料金
    一般 1,500円 / 大学生・専門学校生・65歳以上 900円 / 中高生 500円 / 小学生以下無料
    展覧会詳細 ライゾマティクス_マルティプレックス 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと22日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと185日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと21日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと80日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと150日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード