IM
    レポート
    北斎づくし
    東京都 | 東京都
    北斎の代表作『北斎漫画』「冨嶽三十六景」『富嶽百景』全図を一堂に公開
    建築家の田根剛とアートディレクターの祖父江慎による会場は、鮮烈な印象
    展覧会のオリジナルグッズも充実、図録はなんと新聞サイズという巨大版

    江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760-1849)。役者絵・美人画・風景画・戯画と何でもこなし、その独創性は海外も魅了。現在でも世界で最も有名な日本の絵師といえます。

    生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』「冨嶽三十六景」『富嶽百景』の全頁・全点・全図が一堂に会する特別展が、東京ミッドタウン・ホールで開催中です。



    東京ミッドタウン・ホール 生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」会場入口


    会場に足を踏み入れると、驚きの空間。『北斎漫画』を紹介する最初の展示室は、壁から床面まで作品に包まれ、まさに「北斎づくし」です。建築家の田根剛とアートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎が展示空間を手掛けました。

    『北斎漫画』は全15編の絵手本。江戸の風俗、職人の作業の様子を始め、動植物、風景、建築、人物、故事から妖怪まで、約3,600図が描かれています。

    初編には序文もなく、「初編」の文字もない事から、当初はシリーズ化される意図はなかったものと思われます。最後の十五編が刊行されたのは、なんと明治11年。北斎が没して29年も経っていました。それほど『北斎漫画』の人気が高かったといえます。



    『北斎漫画』の展示室


    白基調の展示室から次の部屋に移ると、一転して赤い部屋。並ぶのは「冨嶽三十六景」。「三十六景」ですが、あとから10枚追加されたので計48枚。先行する36図は通称“表富士”で、輪郭線が青色、追加の10図は通称“裏富士”で、輪郭線が墨色で摺られています。

    特に有名な「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」は“三役”と呼ばれるこのシリーズ、北斎を代表する揃物です。



    「冨嶽三十六景」の展示室


    続いて「Digital Hokusai」、展示作品の高精細アーカイブデータを用いた、超没入シアターです。

    和紙製の縦型スクリーンと、壁面そのものを使った大型スクリーンに、展示作品から飛び出した図像が登場。ユニークな動きで、北斎が描いた江戸の世界へ誘います。



    「Digital Hokusai」コーナー


    続く展示室には読本の挿絵。江戸時代後期には、伝説的な英雄や豪傑らを登場人物に、勧善懲悪の伝奇的な物語が進む長編の小説「読本」が、庶民の間に広まりました。

    北斎は10年ほどの間に、190冊あまりの読本の挿絵を手掛けています。



    北斎による、読本の挿絵


    最後は『富嶽百景』。富士の神体である木花開耶姫命(このはなさくやひめ)に始まり、富士創成の物語や、花鳥、風俗、故事人物、名所など、富士にまつわるさまざまな事象を描いた絵本です。

    薄墨を効果的に用いた絵もさることながら、特に有名なのは跋文(あとがき)。75歳の時に「110歳になったらもっと上手い絵師になる」と豪語しています。



    『富嶽百景』の展示室


    会場最後のミュージアムショップも充実。スタイリッシュなショップに、数々の展覧会オリジナルグッズが並びます。

    注目は展覧会の公式図録。大きさは、なんと新聞サイズの546×406ミリ。展覧会に出展されている全作、全編、全頁が完全収録されています(3,000円)。



    ミュージアムショップ


    展示風景の写真でお分かりのように、最大の見ものは会場デザイン。画狂・北斎と現代のクリエイターがガチンコでぶつかりあう、迫力の構成です。

    同じくミッドタウン内で開催中のサントリー美術館「ざわつく日本美術」展との相互割引も実施中です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年7月21日 ]

    東京ミッドタウン・ホール「北斎づくし」会場風景
    東京ミッドタウン・ホール「北斎づくし」会場風景
    東京ミッドタウン・ホール「北斎づくし」会場風景
    東京ミッドタウン・ホール「北斎づくし」ミュージアムショップ
    会場
    東京ミッドタウン・ホール
    会期
    2021年7月22日(木)〜9月17日(金)
    会期終了
    開館時間
    11:00〜19:00(最終入場18:30)
    休館日
    8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)
    住所
    東京ミッドタウン B1
    〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-2
    電話 050-5542-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://hokusai2021.jp/
    料金
    大人:1,800円
    大学生・専門学校生:1,200円
    高校生・小中学生:900円
    小学生未満、または障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名様 無料
    展覧会詳細 北斎づくし 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【パート】福岡県物産観光展示室『福岡よかもんひろば』 グラフィックデザイナー 募集! [福岡市博多区東公園7-7 福岡県庁11階(福岡県物産観光展示室『福岡よかもんひろば』)]
    福岡県
    東京都教育委員会 学芸員(埋蔵文化財調査)募集中です! [東京都教育庁地域教育支援部管理課]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと137日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと26日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと19日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと19日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)