#浮世絵: レポート一覧

全 43件
3
光や影のうつろいを巧みに表現し明治時代に人気を博した浮世絵「光線画」
主版(輪郭線)を用いず光を丁寧に観察しながら色の面で人物や自然を表現
清親の門人である井上安治と、正体不明の謎の絵師・小倉柳村の作品も展示
会場
太田記念美術館
会期
前期:2022年11月1日(火)~11月23日(水・祝) 後期:11月26日(土)~12月18日(日)
開催中[あと15日]
1
平安時代末期の歌人・西行をテーマに、古筆・絵画・書物・工芸などを紹介
23歳で突然の出家。亡くなった場所も定かではなく、謎に包まれたその実像
数点しか伝わらない稀少な西行自筆の手紙など、国宝4件、重要文化財20件
会場
五島美術館
会期
2022年10月22日(土)〜12月4日(日)
もうすぐ終了[あと1日]
10
創立からちょうど150年。東京国立博物館が所蔵する国宝89件すべてを公開
第1部は前代未聞の「国宝だけの展示室」。第2部はトーハクの歩みを概観
東京国立博物館にキリンの剥製があった?約100年ぶりに里帰り展示が実現
会場
東京国立博物館
会期
2022年10月18日(火)〜12月11日(日)
もうすぐ終了[あと8日]
1
人が担ぐ、馬が引く、舟も大活躍。江戸時代の「はこぶ」に着目した展覧会
船が乗り付けて水辺の料亭へご案内。大井川を渡る最安価な方法は肩車です
ちょうど150年前に開業した鉄道。ただ浮世絵に描かれているのはどこか変?
会場
太田記念美術館
会期
2022年10月1日(土)〜10月26日(水)
会期終了
1
江戸時代の浮世絵版画の技と美意識を継承した新版画。全国巡回の最終会場
橋口五葉、伊東深水、川瀬巴水、吉田博、山村耕花、小早川清などがずらり
千葉会場では新版画の先駆ともいうべき、ふたりの外国人による作品も紹介
会場
千葉市美術館
会期
2022年9月14日(水)〜11月3日(木)
会期終了
5
愛玩された猫や犬、生活を支える牛や馬など、浮世絵に描かれた動物に着目
実在の動物だけでなく想像上の動物も。石に尻尾が生えている虎子石とは?
前後期で約160作品というボリューム。全点が展示替え、リピーター割引も
会場
太田記念美術館
会期
前期:2022年7月30日(土)~8月28日(日) 後期:9月2日(金)~9月25日(日)
会期終了
1
源平合戦から鎌倉時代へ、大河ドラマでも注目を集める時代を描いた浮世絵
平清盛、源義経、源頼朝。時代を駆け抜けた主役たちの活躍は人気の画題に
国芳や芳年をはじめさまざまな絵師の作品。風景画の名手が描く戯画も注目
会場
太田記念美術館
会期
2022年7月1日(金)〜7月24日(日)
会期終了
4
北斎だけでなく広重、写楽、英泉、国芳などライバルが描いた作品にも着目
ライバルがいたのは多彩な画業があってこそ。北斎の幅広いジャンルを通覧
本人の前で北斎の作品を打ち捨てた兄弟子は誰?その屈辱が北斎を作った?
会場
太田記念美術館
会期
前期:2022年4月22日(金)~5月22日(日) 後期:5月27日(金)~6月26日(日)
会期終了
8
世界で最も著名な日本の芸術家、葛飾北斎の名品が大英博物館から大挙来日
「春朗」時代の貴重な初期作品や、90歳で亡くなるまでの30年間の作品など
卓越した画力と大胆な発想力が遺憾なく発揮されている肉筆画の名品も紹介
会場
サントリー美術館
会期
2022年4月16日(土)〜6月12日(日)
会期終了
0
ダイナミックなモチーフで人気の歌川国芳からルーツを受け継いだ月岡芳年や弟子たちの活躍をたどった展覧会。
人々の嗜好に合わせ最後まで新しい画題と表現に挑み続けた、国芳を領袖とする「芳ファミリー」の活躍を楽しめます。
会場
京都文化博物館
会期
2022年2月26日(土)〜4月10日(日)
会期終了
3
華やかにしたり、引き締めたり。浮世絵にとって最も重要な色「赤」に着目
紅絵、紅摺絵、赤絵、紅嫌い。赤の使われ方で進歩した、浮世絵技術の変遷
淡い赤、濃い赤、どぎつい赤。人気浮世絵師たちによる赤の使い方あれこれ
会場
太田記念美術館
会期
2022年3月4日(金)〜3月27日(日)
会期終了
2
信じる者は救われる?有名な寺社から怪しい民間信仰まで信じた江戸の人々
お竹如来や奪衣婆など、江戸時代にバズった流行神は浮世絵の人気モチーフ
地震を起こす鯰を要石で押さえつけたはずなのに。片手で軽々、ご満悦です
会場
太田記念美術館
会期
2022年2月4日(金)〜2月27日(日)
会期終了
4
外から将軍家に入った徳川の人々に支えられて15代続いた徳川将軍家の歩み
家康の直系は4代、徳川宗家は7代で断絶。8代・11代・14代・15代は外から
政権が明治新政府に移ると徳川将軍家は公爵家へ。確実に継承された「家」
会場
【2025年度中まで全館休館予定】東京都江戸東京博物館
会期
2022年1月2日(日)〜3月31日(木)
会期終了
3
ボストン美術館浮世絵版画コレクションから武者絵118点、全て日本初出展
「土蜘蛛退治」や「五条橋」など、武者絵と共通のイメージをもつ鐔27点も
平安時代の安綱から江戸時代末期まで日本刀の歴史を概観できる20口も展示
会場
森アーツセンターギャラリー
会期
2022年1月21日(金)〜3月25日(金)
会期終了
5
シュルレアリストたちの傑作に加え“奇想”をテーマに集められた作品たち
絵画、写真、ファッション、現代アートなど多彩。会場全体が独特の空気感
展覧会の最終章には舘鼻則孝、永澤陽一、串野真也と注目作家の作品が集結
会場
東京都庭園美術館
会期
2022年1月15日(土)〜4月10日(日)
会期終了
3
浮世絵の名品を中心にジャポニスムの作品を加えた約220点を紹介する展覧会
西洋の美意識に大きな影響を与えた浮世絵版画、その衝撃がジャポニスムへ
これまで日本では本格的に紹介されなかったロシアのジャポニスムにも言及
会場
千葉市美術館
会期
2022年1月12日(水)〜3月6日(日)
会期終了
1
うっとりするような美男美女の恋や歌舞伎の愛憎劇など、恋を描いた浮世絵
客と歩く遊女の視線は中央の青年へ…。間夫(まぶ)は客ではない恋人です
八百屋お七は放火していない? 多くの創作が生まれた、お七のエピソード
会場
太田記念美術館
会期
2022年1月5日(水)〜1月30日(日)
会期終了
3
近年、注目度が高まっている河鍋暁斎の絵本に着目、総頁数420頁超を紹介
冊子状のため展示しにくい絵本をバラして展示、暁斎の実力を改めて実感!
小さな画面でも手を抜かない「画鬼」、大好きな蛙から衝撃の腐乱死体まで
会場
太田記念美術館
会期
2021年10月29日(金)〜12月19日(日)
会期終了
7
文明開化後の歴史を紐解きながら千代田区の風景や名所の移り変わりを紹介
江戸城の大火、関東大震災、東京空襲。幾度となく立ち上がった東京の底力
まちの記憶を伝える歴史が消失するなか、それらを伝える取り組みにも言及
会場
千代田区立日比谷図書文化館
会期
2021年10月22日(金)〜12月19日(日)
会期終了
1
国内外で活躍し独自の作風を開拓、絵画の新たな可能性に挑戦する人気画家
千葉市美術館の日本美術コレクションから着想した、福田ならではの世界
五輪やコロナなど時代を反映した新作の数々、最後は「にらみ」で疫病退散
会場
千葉市美術館
会期
2021年10月2日(土)〜12月19日(日)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
静岡県
東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
東京都
はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
広島県
石神井公園ふるさと文化館 契約職員《事務(学芸員)》募集 [石神井公園ふるさと文化館]
東京都
愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
愛知県
展覧会ランキング
1
寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
2
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと78日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
3
静嘉堂文庫美術館 | 東京都
響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
開催中[あと15日]
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
開催中[あと64日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
開催中[あと50日]
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)