#浮世絵: レポート一覧

全 37件
1
源平合戦から鎌倉時代へ、大河ドラマでも注目を集める時代を描いた浮世絵
平清盛、源義経、源頼朝。時代を駆け抜けた主役たちの活躍は人気の画題に
国芳や芳年をはじめさまざまな絵師の作品。風景画の名手が描く戯画も注目
会場
太田記念美術館
会期
2022年7月1日(金)〜7月24日(日)
開催中[あと18日]
4
北斎だけでなく広重、写楽、英泉、国芳などライバルが描いた作品にも着目
ライバルがいたのは多彩な画業があってこそ。北斎の幅広いジャンルを通覧
本人の前で北斎の作品を打ち捨てた兄弟子は誰?その屈辱が北斎を作った?
会場
太田記念美術館
会期
前期:2022年4月22日(金)~5月22日(日) 後期:5月27日(金)~6月26日(日)
会期終了
8
世界で最も著名な日本の芸術家、葛飾北斎の名品が大英博物館から大挙来日
「春朗」時代の貴重な初期作品や、90歳で亡くなるまでの30年間の作品など
卓越した画力と大胆な発想力が遺憾なく発揮されている肉筆画の名品も紹介
会場
サントリー美術館
会期
2022年4月16日(土)〜6月12日(日)
会期終了
0
ダイナミックなモチーフで人気の歌川国芳からルーツを受け継いだ月岡芳年や弟子たちの活躍をたどった展覧会。
人々の嗜好に合わせ最後まで新しい画題と表現に挑み続けた、国芳を領袖とする「芳ファミリー」の活躍を楽しめます。
会場
京都文化博物館
会期
2022年2月26日(土)〜4月10日(日)
会期終了
3
華やかにしたり、引き締めたり。浮世絵にとって最も重要な色「赤」に着目
紅絵、紅摺絵、赤絵、紅嫌い。赤の使われ方で進歩した、浮世絵技術の変遷
淡い赤、濃い赤、どぎつい赤。人気浮世絵師たちによる赤の使い方あれこれ
会場
太田記念美術館
会期
2022年3月4日(金)〜3月27日(日)
会期終了
2
信じる者は救われる?有名な寺社から怪しい民間信仰まで信じた江戸の人々
お竹如来や奪衣婆など、江戸時代にバズった流行神は浮世絵の人気モチーフ
地震を起こす鯰を要石で押さえつけたはずなのに。片手で軽々、ご満悦です
会場
太田記念美術館
会期
2022年2月4日(金)〜2月27日(日)
会期終了
4
外から将軍家に入った徳川の人々に支えられて15代続いた徳川将軍家の歩み
家康の直系は4代、徳川宗家は7代で断絶。8代・11代・14代・15代は外から
政権が明治新政府に移ると徳川将軍家は公爵家へ。確実に継承された「家」
会場
【2025年度中まで全館休館予定】東京都江戸東京博物館
会期
2022年1月2日(日)〜3月31日(木)
会期終了
3
ボストン美術館浮世絵版画コレクションから武者絵118点、全て日本初出展
「土蜘蛛退治」や「五条橋」など、武者絵と共通のイメージをもつ鐔27点も
平安時代の安綱から江戸時代末期まで日本刀の歴史を概観できる20口も展示
会場
森アーツセンターギャラリー
会期
2022年1月21日(金)〜3月25日(金)
会期終了
5
シュルレアリストたちの傑作に加え“奇想”をテーマに集められた作品たち
絵画、写真、ファッション、現代アートなど多彩。会場全体が独特の空気感
展覧会の最終章には舘鼻則孝、永澤陽一、串野真也と注目作家の作品が集結
会場
東京都庭園美術館
会期
2022年1月15日(土)〜4月10日(日)
会期終了
3
浮世絵の名品を中心にジャポニスムの作品を加えた約220点を紹介する展覧会
西洋の美意識に大きな影響を与えた浮世絵版画、その衝撃がジャポニスムへ
これまで日本では本格的に紹介されなかったロシアのジャポニスムにも言及
会場
千葉市美術館
会期
2022年1月12日(水)〜3月6日(日)
会期終了
1
うっとりするような美男美女の恋や歌舞伎の愛憎劇など、恋を描いた浮世絵
客と歩く遊女の視線は中央の青年へ…。間夫(まぶ)は客ではない恋人です
八百屋お七は放火していない? 多くの創作が生まれた、お七のエピソード
会場
太田記念美術館
会期
2022年1月5日(水)〜1月30日(日)
会期終了
3
近年、注目度が高まっている河鍋暁斎の絵本に着目、総頁数420頁超を紹介
冊子状のため展示しにくい絵本をバラして展示、暁斎の実力を改めて実感!
小さな画面でも手を抜かない「画鬼」、大好きな蛙から衝撃の腐乱死体まで
会場
太田記念美術館
会期
2021年10月29日(金)〜12月19日(日)
会期終了
7
文明開化後の歴史を紐解きながら千代田区の風景や名所の移り変わりを紹介
江戸城の大火、関東大震災、東京空襲。幾度となく立ち上がった東京の底力
まちの記憶を伝える歴史が消失するなか、それらを伝える取り組みにも言及
会場
千代田区立日比谷図書文化館
会期
2021年10月22日(金)〜12月19日(日)
会期終了
1
国内外で活躍し独自の作風を開拓、絵画の新たな可能性に挑戦する人気画家
千葉市美術館の日本美術コレクションから着想した、福田ならではの世界
五輪やコロナなど時代を反映した新作の数々、最後は「にらみ」で疫病退散
会場
千葉市美術館
会期
2021年10月2日(土)〜12月19日(日)
会期終了
1
すみだ北斎美術館のふたつのコレクションから、貴重な作品約140点を展観
ピーター・モースは、研究者の眼で収集した希少価値の高い作品がずらり
美術史のなかで、浮世絵を学問的に位置づけることに尽力したのが楢﨑宗重
会場
すみだ北斎美術館
会期
2021年10月12日(火)〜12月5日(日)
会期終了
3
大正から昭和にかけて、新しい時代の版画《新版画》で活躍した川瀬巴水
伝統的な浮世絵版画の技術で、庶民の生活が息づく四季折々の風景を表現
まとめて見る機会の少ない連作を中心に構成、詩情豊かな作品世界を通覧
会場
SOMPO美術館
会期
2021年10月2日(土)〜12月26日(日)
会期終了
2
京都や近畿を中心に、神社や寺院に奉納されて伝来した貴重な刀剣が一堂に
武家の人生や暮らしにおいて根幹を成すものだったといえる刀剣や甲冑武具
武家風俗を描く絵画や史料もあわせて展示、刀剣にまつわる伝説にも着目
会場
サントリー美術館
会期
2021年9月15日(水)〜10月31日(日)
会期終了
1
女性を描く「美人画」は多いのに、男性を描く「美男画」が無いのはなぜ?
絵画など日本の視覚文化に表された美少年、美青年のイメージを探る展覧会
聖なる存在、憧れのヒーロー、性愛の対象…。いざ、増殖する美男の園へ。
会場
埼玉県立近代美術館
会期
2021年9月23日(木)〜11月3日(水)
会期終了
4
武者絵をはじめ多彩なジャンルで活躍した国芳、メモリアルイヤーの記念展
もうひとつのテーマは、規制下における活動。取り調べを受けても意欲満々
二期に分けて全160点、全作品が展示替え。画業の全貌はリピーター割引で!
会場
太田記念美術館
会期
2021年9月4日(土)〜10月24日(日)
会期終了
5
北斎の代表作『北斎漫画』「冨嶽三十六景」『富嶽百景』全図を一堂に公開
建築家の田根剛とアートディレクターの祖父江慎による会場は、鮮烈な印象
展覧会のオリジナルグッズも充実、図録はなんと新聞サイズという巨大版
会場
東京ミッドタウン・ホール
会期
2021年7月22日(木)〜9月17日(金)
会期終了

おすすめレポート
学芸員募集
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 企画・広報担当スタッフ 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
広島県
枚方市立生涯学習市民センターサポートスタッフ募集(学芸員) [南部生涯学習市民センターまたは文化生涯学習課]
大阪府
府中市郷土の森博物館プラネタリウムアルバイト募集 [府中市郷土の森博物館]
東京都
【学校法人武蔵野美術大学】嘱託職員募集(美術館業務) [武蔵野美術大学 美術館・図書館]
東京都
展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと81日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
2
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催まであと9日
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
3
ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
バンクシーって誰?展 ― WHO IS BANKSY?
開催中[あと49日]
2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
4
大阪中之島美術館 | 大阪府
モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
もうすぐ終了[あと12日]
2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
5
PLAY! MUSEUM | 東京都
コジコジ万博
もうすぐ終了[あと4日]
2022年4月23日(土)〜7月10日(日)

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード