IM
    レポート
    齋田記念館開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃
    齋田記念館 | 東京都
    西欧を唸らせた、花鳥画の第一人者
    明治から大正にかけて活躍した日本画家・渡邊省亭(わたなべせいてい)。洒脱な花鳥画を数多く描いた省亭が没してから、今年はちょうど100年にあたります。東京・世田谷の齋田記念館では、省亭の絵画とその息子・水巴の俳句をテーマにした特別展が開催中。6月4日から後期展が始まりました。
    (左から)渡邊省亭《秋の夕ぐれ》大正時代 / 渡邊省亭《牽牛花鶏之図》明治時代 / 渡邊省亭《青楓白鷺・雪中鵯図》明治~大正時代
    (左から)渡邊省亭《渡し舟》明治~大正時代 / 渡邊省亭《橿鳥にからすうり》明治時代
    (左から)渡邊省亭《雙鶴》明治33(1900)年 / 渡邊省亭《秋草花・雪中菊に雀図》明治28(1895)年
    渡邊省亭《四季花鳥図》より、左から「藤に鯉」「桜に雀」 大正時代
    渡邊省亭《猛乕之図》大正3(1914)年
    渡邊省亭「省亭花鳥画譜」大倉書店 明治22~23年刊行
    (左から)渡邊水巴《俳句軸 西瓜》明治~昭和時代 / 渡邊水巴《俳句軸 夜蝉なくや》明治~昭和時代
    (左から)渡邊水巴《俳句短冊 灯の下に》大正~昭和時代 / 渡邊水巴《俳句色紙 秋の日や》大正~昭和時代
    渡邊水巴「自薦句集」

    100回忌だった昨年は、加島ギャラリーでの展覧会をはじめ、いくつかの美術館で作品が公開されるなど、注目度が増している渡邊省亭。齋田記念館も国内ではトップクラスといえる、数多くの省亭作品を所有しています。


    今回の企画展は、省亭と水巴のコラボレーション展。この親子の作品をあわせて紹介するのは、齋田記念館が以前から温めていた企画で、今回、開館20周年の節目として実現しました。


    展示室に入ると、省亭の作品の前には水巴の句が添えられています。水巴は、直接的に父の絵画を句に詠んだわけではありませんが、その句には、省亭の世界感を反映したようなものも数多く見られます。


    省亭の作品は、後期展では13点展示。歴史人物画で知られる菊池容斎に師事した省亭ですが、自らの十八番は花鳥画(なので、4月2日の省亭の命日は「花鳥忌」です)。明治11(1878)年に日本画家として初めて渡欧した際に、印象派の画家たちの前で画を描き、その力量が当地の画家から称賛された事は有名です。


    好きな作品は会場で選んでいただければと思いますが、あえて1点ご紹介するなら《秋の夕ぐれ》。蚊遣香から上る煙の先に、弱々しい蚊が2匹。巧みな構成力で、盛りを過ぎた寂寥感が引き立ちます。


    このコーナー初登場となる齋田記念館についてもご紹介しましょう。交通量が多い環七通りに面していますが、緑豊かな敷地の一角にあるので、街の喧騒が嘘のようです。


    館が位置する世田谷区代田は、かつては農村地帯。齋田家は代田村開発の中心となった旧家「代田七人衆」のひとつで、江戸中期からは代田村の名主。幕末から明治にかけて茶の栽培・製造で繁栄しました。


    齋田記念館は書画・典籍、近代日本画、明治期の齋田家茶業に関わる古文書、茶道具・民具、茶書(茶の湯に関わる文献資料)などを展示する施設として、平成9(1997)年に開館。決して大きくはないミュージアムですが、年に約二回の企画展を開催しています。これまで知る人ぞ知る記念館でしたが、本展がテレビで取り上げられた事もあって、その名は美術ファンの間に広まりつつあります。


    土・日・祝日は残念ながら閉館ですが、平日と第4土曜日は開館しています。お勤めの方は6/23(土)か7/28(土)に、ぜひ。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月31日 ]


    評伝 渡邊省亭―晴柳の影に評伝 渡邊省亭―晴柳の影に

    古田 あき子(著)

    ブリュッケ
    ¥ 3,024

    会場
    会期
    2018年4月2日(月)~7月28日(土)
    会期終了
    開館時間
    10:00~13:00・14:00~16:30(入館は16:00まで)
    休館日
    土曜[但し第4土曜日4/28、5/26、6/23、7/28は開館]、日曜、祝日、展示替え期間[5/27(日)~6/3(日)]
    住所
    東京都世田谷区代田3-23-35
    電話 03-3414-1006
    公式サイト http://saita-museum.jp/exhibition-new/
    料金
    500円 *会期中再度の来館は、半券のご提示で100円引きとなります。
    展覧会詳細 齋田記念館開館20周年記念特別展 渡邊省亭没後100年 花鳥礼讃 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード