読者
    レポート
    六本木アートナイト2023 「都市のいきもの図鑑」 その②
    東京都 | 東京都

    「東京ミッドタウン、国立新美術館、六本木のまちなか」編

    東京ミッドタウンのプラザB1 メトロアベニューでは「Street Museum 2023」が開催されています。インスタレーション作品に混じって、ジュエリー展やミネラルショーに出品されていそうな、きれいな緑色のジュエリーのルースが展示されています。

    ネックレスやペンダント、リングに加工されているわけでもなく、美術展の展示作品としては、ずいぶんと違和感があったので、お話をきいてみました。



    井村一登 《loose reflection》


    素材は天然石ではなく、様々な地域から採取された黒曜石を溶かして混ぜ合わせたもの。土地の記憶を内包する黒曜石を混ぜて石器や宝石を作ることが、作家のテーマである「映らない鏡」に結びついています。出品されている作品の中で一番小さなものですが、込められたコンセプトはとても大きく、見ただけではわからないので、お話を聞けて良かったです。

    インクルーシブ・アート・プログラムを見学するため、新国立美術館に向かいます。こちらでは、10名くらいのグループに分かれて、鴻池朋子の《狼ベンチ》と《武蔵野皮トンビ》を鑑賞しました。1作品につき30分くらい、ゆっくり時間をかけて参加者で意見を出し合いながら、鑑賞します。



    鴻池朋子 《武蔵野皮トンビ》


    アートナイトでは、以前から作品鑑賞の一助として、数種類のガイドツアーを実施しています。今年は、外国語ガイドツアーとインクルーシブ・アート・プログラムが実施されました。残念ながらガイド・ボランティアによる「まち歩きツアー」は実施されませんでした。とても楽しいので、来年は復活してくれることを期待します。

    新国立美術館の3階の中庭では、しばたみづきの制作パフォーマンスが公開されています。芝生の中に点在するつぼは、濡れていて、触るとひんやりとします。焼かない土器なので、雨が降ると溶けて崩れてしまいそうですが、作家としてはそれも面白いと考えているようです。



    しばたみづき 《つぼなんかをつくる》


    佐藤圭一の《nutty nutty》は、六本木駅近くの警察署跡地に展示されています。怪しげな表情を浮き彫りにした、おわん型の作品が、スポットライトに浮かび上がります。

    ゲートの近くで見ていると、隣のグループからこんな会話が聞こえてきました。 「誰かに似せて作ったんだろうか」、「いや。昔、ここは警察だったから、怨念のようなものが固まって、こんな顔になったのさ」、「みんな、そっぽ向いてる」、「写真、写真」など。 佐藤の奇妙な作品は、自然と感想を人に話したくなる作用を持っているらしいです。



    佐藤圭一 《nutty nutty》


    まちなか作品は、どこも込み合っていますが、東南アジアの民話を下敷きにした、ジャン・シュウ・ジャンの人形劇の映像作品も、よく混雑していました。大勢の歩行者が通路に立ち止まって作品を見ていくので、真夜中でも誘導と保安のスタッフの人々が忙しそうに働いていました。



    ジャン・シュウ・ジャン 《熱帯複眼-動物故事系列-》


    六本木交差点に設置された長谷川仁の《六本木のカタガタ》も、よく混雑していました。《六本木のカタガタ》は、台所のアルミホイルを使った、安っぽい人型の張りぼてなのですが、不思議と六本木交差点の風景になじんでいます。

    そこに、奇妙なコスプレの一行が来ました。アーティスト・ユニットの「このよのはる」と、友人たちです。その他にも、秋葉原で出会いそうな、ふわふわのドレスの観客などが、順番待ちして記念撮影をしていました。



    長谷川仁 《六本木のカタガタ》 (撮影 黒坂ひな)


    このよのはるは、来月、神保町でパフォーマンス「百鬼夜行 東京アタック大作戦7(仮)」を計画していて、現在、参加者募集中だそうです。

    週末のまる2日間、とても混沌とした、アートナイト特有の時間を過ごしました。ぜひ、来年もパワーアップして、継続してほしいと思います。

    [ 取材・撮影・文:ひろ.すぎやま / 2023年5月27日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館など
    会期
    2023年5月27日(土)〜5月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    5月27日(土)10:00~5月28日(日)18:00
    住所
    東京都
    公式サイト https://www.roppongiartnight.com/2023/
    料金
    無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
    展覧会詳細 六本木アートナイト2023 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    熊本県 学芸員(考古学・3名程度)募集! [熊本県教育庁等]
    熊本県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと109日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと40日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと68日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催まであと4日
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)