#現代アート: レポート一覧

全 145件
1
今回で8回目のヨコトリ。メインテーマは「野草:いま、ここで生きてる」
横浜美術館をはじめ5カ所で開催。参加する93組のうち31組は日本初の紹介
ヨコトリにあわせてリニューアルした横浜美術館は陽光が差し込む大空間に
会場
横浜美術館など
会期
2024年3月15日(金)〜6月9日(日)
開催中[あと46日]
6
お台場から麻布台ヒルズへ。チームラボを代表する施設が移転してオープン
天井高が高くなり没入感が向上。超おすすめは光の彫刻「Light Sculpture」
50以上の作品が複雑に連携。ボーダレスな(境界がない)世界がさらに深化
会場
チームラボボーダレス
会期
2024年2月9日(金)オープン
9
ウォーホルやバスキアなどと並ぶ、1980年代のアメリカ美術を代表する存在
サブウェイ・ドローイングから世界的なアーティストへ。活動の軌跡を展観
6章構成で約150点がずらり。思いを馳せていた日本との縁を示すコーナーも
会場
森アーツセンターギャラリー
会期
2023年12月9日(土)〜2024年2月25日(日)
会期終了
7
蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑む作家史上最大展
総面積約1,500㎡、天井高さ最高15mというTOKYO NODEの立地を生かした構成
映画監督の感性を生かした作品や寝転んで鑑賞できるインスタレーションも
会場
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー TOKYO NODE 45F GALLERY A/B/C
会期
2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)
会期終了
0
工芸に特化した唯一のアートフェア。日常に伝統文化が息づく、金沢で開催
アートフェアでは異例。ホテル客室を使った展示で暮らしの中の工芸を実感
過去最多40ギャラリー出展。国立工芸館所有の茶道具を使用した茶会も実施
会場
ハイアット セントリック 金沢 2F, 5F, 6F(受付2F)
会期
2023年12月1日(金)〜12月3日(日)
会期終了
4
詩情豊かな版画や参加型インスタレーションなど、荒木珠奈の初の大規模展
へんてこなかわいらしさとゾクッとする感覚が混ざり合った、独特の世界観
開催地である「上野の記憶」から着想した大型インスタレーションは圧巻!
会場
東京都美術館 ギャラリーA・B・C
会期
2023年7月22日(土)〜10月9日(月)
会期終了
2
北陸3県を舞台に工芸の魅力を今日的視点で発信。今年は富山市のみで開催
市の中心部から富岩運河沿いの3エリアが会場に。アーティスト26名が参加
現代アートやアール・ブリュットも展示。遊覧船での移動もおすすめします
会場
富山県富山市 富岩運河沿い(環水公園エリア、中島閘門エリア、岩瀬エリア)
会期
2023年9月15日(金)〜10月29日(日)
会期終了
7
横尾忠則が寒山拾得を独自の解釈で再構築したシリーズ102点を一挙に公開
横尾が「自由に見てもらいたい」と語る作品は、さまざまなモチーフで展開
関連企画として東京国立博物館が誇る寒山拾得図を一堂に集めた特集展示も
会場
東京国立博物館 表慶館
会期
2023年9月12日(火)〜12月3日(日)
会期終了
0
画家・現代美術家の井田幸昌さんの初めての国内美術館での展覧会が京都市京セラ美術館で開催中。
国内未発表作品や、これまでの絵画・彫刻から最新作までが一堂に会します。
7つの部屋もそれぞれに見応えがあり、それぞれの部屋は呼応し合い、井田さんの世界をみせてくれるのです。
会場
京都市京セラ美術館
会期
2023年9月30日(土)〜12月3日(日)
会期終了
2
80年代ニューヨークのエネルギー。ストリートを席巻したキース・ヘリング
もうひとつの展覧会ではパトリシア・フィールドのアートコレクションを紹介
中村キース・へリング美術館はユニークな建築も見もの。館内は撮影も自由
会場
中村キース・ヘリング美術館
会期
2023年6月3日(土)〜2024年5月6日(月)
もうすぐ終了[あと12日]
3
青空の青色には濃淡があり理想の青は太陽の反対側に。自身の理想を求めて
現代美術ギャラリーでは、常識や慣習に抗って独自の地平を切り開いた作家
特別展示室・観海庵は貴重な東洋古美術。コレクションを2期にわたり公開
会場
原美術館ARC
会期
2023年3月24日(金)〜9月3日(日)
会期終了
5
20世紀の現代美術を代表する画家の一人、デイヴィッド・ホックニーの展覧会。
日本でホックニー展が開催されるのは、27年ぶり。
1年間戸外で描いた220点もの中から選んで切れ目なく全長90メートルという長さに構成した、大作《ノルマンディの12か月》は圧巻です。
会場
東京都現代美術館
会期
2023年7月15日(土)〜11月5日(日)
会期終了
16
テート美術館のコレクションから「光」をテーマに厳選した約120点が来日
18世紀末から現代まで。時代や地域、ジャンルを超えて「光の作品」を俯瞰
展覧会は世界巡回、日本展のみの限定出品12点。多様な光の表現に包まれて
会場
国立新美術館 企画展示室2E[東京・六本木]
会期
2023年7月12日(水)〜10月2日(月)
会期終了
7
バベルの塔や渋谷。キリコやエッシャーたちを彷彿とさせる不思議な建築物
まるで架空の光景のような風景ながらも、どこか懐かしさも感じさせる作品
初期から最新作まで約60点を展示し、美術家・野又穫の全貌を明らかにする
会場
東京オペラシティ アートギャラリー
会期
2023年7月6日(木)〜9月24日(日)
会期終了
3
革新的なANIMALS(アニマルズ)シリーズ。日本を代表する彫刻家の展覧会
千葉市美術館全体が会場に。90年代の初期未発表作から最新作まで200点超
近年は複数の動物のイメージを組み合わせて。立ち上がったキメラの最新作
会場
千葉市美術館
会期
2023年6月10日(土)〜9月10日(日)
会期終了
0
新国立美術館では、鴻池朋子の《狼ベンチ》や《武蔵野皮トンビ》を展示するほか、約70の多彩なプログラムが六本木の各所で繰り広げられた。
会場
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館など
会期
2023年5月27日(土)〜5月28日(日)
会期終了
2
現代美術家の福田美蘭の中部地方では初となる大規模個展。
自画像やインド・ビエンナーレで金賞を受賞した《緑の巨人》、林義雄が描いた生き物を涅槃図に構成した《涅槃図》など、彼女のバックグランドも知ることができます。
会場
名古屋市美術館
会期
2023年9月23日(土)〜11月19日(日)
会期終了
1
ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館の帰国展、2回目はダムタイプ
レーザー光線で描かれたテキストと、回転式超指向性スピーカーからの問い
プロジェクトには坂本龍一も参加し、作品のために1時間のサウンドを作成
会場
アーティゾン美術館
会期
2023年2月25日(土)〜5月14日(日)
会期終了
0
新たな視点を示す気鋭の20作家(個人・チーム)。企画・監修は川上典李子
透明ブロックに封入された美しいチューリップ、バブル原因から駆除対象へ
ゆっくりと柱を上る黒い液体。重力を無視した驚愕のアート作品は大注目!
会場
京都市京セラ美術館
会期
2023年3月9日(木)〜6月4日(日)
会期終了
3
人間国宝から注目の若手まで。アーティスト20名が挑む「ポケモン✕工芸」
陶芸でフシギバナ、自在のギャラドス、彫金でサンダース。作品は全て新作
会場内は撮影も可能。オフィシャルショップは展覧会限定グッズも多数用意
会場
国立工芸館
会期
2023年3月21日(火)〜6月11日(日)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
東京都
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
もうすぐ終了[あと12日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
2
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと53日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
3
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと18日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと46日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと46日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)