IM
    レポート
    河鍋暁斎 その手に描けぬものなし
    サントリー美術館 | 東京都
    基礎トレーニングは、狩野派で
    幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎(1831~89)。まさに「描けぬものは無い」ほど、多彩なジャンルの作品を残しましたが、そのベースは狩野派で学び、古画と向き合ったからこそ。改めて暁斎の歩みを検証する展覧会が、サントリー美術館で開催中です。
    (左から)河鍋暁斎《観世音菩薩像》日本浮世絵博物館(展示期間:2/6~3/4) / 河鍋暁斎《花鳥図》東京国立博物館(展示期間:2/6~2/18) / 河鍋暁斎《枯木寒鴉図》榮太樓總本鋪(展示期間:2/6~3/4)
    (左から)河鍋暁斎《豊干禅師と寒山拾得図》東京国立博物館(展示期間:2/6~2/18) / 河鍋暁斎《枇杷猿、瀧白猿》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示)
    (左から)《九相図》個人蔵(全期間展示、場面替え有り) / 河鍋暁斎《九相図》河鍋暁斎記念美術館(展示期間:2/6~3/4)
    (左から)河鍋暁斎《蛙の学校》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(テオドア・シャイーウェ旧蔵)(全期間展示) / 河鍋暁斎《鳥獣戯画 動物行列》河鍋暁斎記念美術館(展示期間:2/6~3/4)
    (左から)河鍋暁斎《大仏と助六》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示) / 河鍋暁斎画、橘機郎賛《五聖奏楽図》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示) / 河鍋暁斎《貧乏神図》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示)
    (左から)河鍋暁斎《暁斎楽画 第三号 化々学校》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示) / 河鍋暁斎《暁斎楽画 第九号 がいこつの遊戯ヲゆめに見る図》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示)
    (左から)河鍋暁斎《閻魔大王浄玻璃鏡図》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示) / 河鍋暁斎《地獄太夫と一休》イスラエル・ゴールドマン・コレクション(全期間展示)
    (手前)河鍋暁斎《処刑場跡描絵羽織》京都府(京都文化博物館管理)(展示期間:2/6~3/4、場面替え有り) / (奥左から)河鍋暁斎画・黒田清綱賛《鍾馗の戒め》河鍋暁斎記念美術館(展示期間:2/6~3/4) / 河鍋暁斎《閻魔と地獄太夫》河鍋暁斎記念美術館(展示期間:2/6~3/4)
    (左から)河鍋暁斎《河竹黙阿弥作『漂流奇譚西洋劇』 パリス劇場表掛りの場》GAS MUSEUM がす資料館(展示期間:2/6~3/4) / 河鍋暁斎《野見宿禰と当麻蹶速図》東京・湯島天満宮(全期間展示)
    高い人気を誇り、何度も開かれている暁斎展。この項でも2015年「画鬼・暁斎 ─ KYOSAI」(三菱一号館美術館)、2017年「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!」(Bunkamura ザ・ミュージアム)、2018年「暁斎・暁翠伝」(東京富士美術館)と、ほぼ毎年ご紹介しています。

    今回は7章で、暁斎の画業を網羅的に展示。中でも狩野派絵師としての暁斎の位置づけと、古画からの学習を中心的に取り上げます。

    第1章「暁斎、ここにあり!」は、暁斎を代表する名品から。暁斎は明治14年(1881)に第二回内国勧業博覧会で妙技二等賞牌(事実上の最高賞)を受賞。受賞作の《枯木寒鴉図》はカラスの水墨画ですが、同時に出品した《花鳥図》は鮮やかな着色画と、会場冒頭から画域の広さが伺えます。

    第2章は「狩野派絵師として」。暁斎が狩野派の門弟になったのは10歳の時。異例の早さで修行を終えた後も、狩野家との関係は晩年まで続きました。狩野派での鍛錬は、暁斎を支える土台といえます。



    第3章は「古画に学ぶ」。古画を自らの作品に昇華させていった暁斎。暁斎自身が挿絵を描いた伝記『暁斎画談』には雪舟、狩野派、土佐派、円山派、そして春信や歌麿などの浮世絵まで、多くの模写が掲載されています。

    第4章は「戯れを描く、戯れに描く」。最初の師である歌川国芳も戯画を得意にしていた事から、暁斎の戯画は「師匠譲りの…」という文脈で紹介されがちでしたが、本展では戯画も狩野派に着目。暁斎は狩野探幽が描いた戯画も所持していました。

    第5章は「聖俗/美醜の境界線」。修行時代に生首を写生した一件もあり、死者や幽霊は暁斎を代表する画題のひとつです。ただ、暁斎が描く‘死’は、‘生’の隣にあるもの。美と醜、聖と俗も同様で、ひとつの画面で双方を意識させます。

    第6章「珠玉の名品」は画帖を特集。画面が小さいため、大作に比べるとどうしてもパンチ不足ですが、特定の注文主のために作られた画帖は、細部まで入念に描かれており、とても高品質です。本来は手元で見るものなので、近寄ってお楽しみください。

    最後の第7章は「暁斎をめぐるネットワーク」。暁斎の周辺には多くの人が集いました。お雇い外国人の建築家、ジョサイア・コンドルは暁斎の弟子になり、暁英を名乗るほど。暁斎没後には研究書を出版し、暁斎の名は世界に広がりました。

    天性の技を支えているのは、絶え間ない修練。どのジャンルでも同じですね。会期中に細かな展示替えが何度かありますので、ご注意ください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月5日 ]

    「画鬼」河鍋暁斎「画鬼」河鍋暁斎

    河鍋 楠美 (監修)

    宝島社
    ¥ 2,290

    料金一般当日:1,300円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    サントリー美術館
    会期
    2019年2月6日(水)~3月31日(日)
    開館時間
    10:00~18:00
    (金・土 10:00~20:00)
    毎週火曜日、年末年始、展示替期間
    住所 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
    電話 03-3479-8600
    公式サイト http://suntory.jp/SMA/
    料金
    一般 1,300(1,100)円 / 大学・高校生 1,000(800)円

    ※ ( )内は前売り料金
    ※ 20名様以上の団体は100円引き
    展示会詳細 河鍋暁斎 その手に描けぬものなし 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと11日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと62日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと130日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと157日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと89日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    人と防災未来センター 震災資料専門員(任期付職員)の募集 [人と防災未来センター 資料室]
    兵庫県
    飯能市職員採用試験(学芸員(民俗))のお知らせ [飯能市立博物館]
    埼玉県
    任期付き学芸員募集 [秋田県立美術館]
    秋田県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県