IM
    レポート
    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    20年ぶりの大規模展
    フィンランドのモダニズムの父、アルヴァ・アアルト(1898-1976)。建築家として個人邸宅から公共建築まで手掛ける一方、家具や照明、ガラス器などのプロダクトデザインの分野でも活躍しました。日本では20年ぶりとなる大規模なアアルト展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
    4章「より良いものを毎日の生活に」
    《ヤムサの教会》1925年頃(実現せず) アルヴァ・アアルト美術館
    《パイミオのサナトリウム》1928-33年 ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
    3章「芸術と生活」
    《リクライニング・チェア 39》1937年 ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
    《サヴォイ・ベースの型》1937年頃 ヴィトラ・デザイン・ミュージアム
    (下から時計回りで)《サラダ・ディッシュ 9770》1939年 / 《サヴォイ・ベース 9744》1937年 / 《ボウル 9746》1937年 すべてヴィトラ・デザイン・ミュージアム
    (下から時計回りで)《ペンダントランプ A337》1956年頃 / 《ペンダントランプ A330 ゴールデンベル》1953年 / 《ペンダントランプ A335》1955-56年 / 《ペンダントランプ A110》1952年 すべてヴィトラ・デザイン・ミュージアム
    《シラーズの美術館》1969年(実現せず) アルヴァ・アアルト美術館
    フィンランドを代表する建築家・デザイナーであるアルヴァ・アアルト。ユーロが導入されるまで使われてていた50フィンランド・マルッカ紙幣にも、その肖像が描かれていました。

    展覧会は、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画による国際巡回展。日本では実に20年ぶりとなる、アアルトの大回顧展です

    アルヴァ・アアルトは1898年、フィンランド中西部のクオルタネ生まれ。ヘルシンキ工科大で建築を学びました。1924年に4歳年上の建築家アイノ・マルシオと結婚。アイノは生涯を通じて協働パートナーとなります。

    活動の初期には、教会の設計競技の数多く応募。そのプランからは、新婚旅行で訪れたイタリアの影響が伺えます。

    1933年に竣工したパイミオのサナトリウムは、代表作のひとつ。会場ではサナトリウムで用いられたベッドやキャビネットも展示。こちらもアアルトによるデザインです。



    建築家として活動する一方、アアルトは家具や照明器具も手掛けています。家具においては、冷たいスチールの代わりに、温かみがある自然素材を多用。L字型の曲げ木の脚「L-レッグ」では特許を取得し、この技術で50を超える製品が生まれています。

    アアルトはイッタラ社(当時はカルフラ=イッタラ)のガラス器もデザイン。中でも、ヘルシンキのレストランのためにデザインされた有機的なフォルムの《サヴォイ・ベース》は特に有名で、フィンランドデザインのアイコンといえる存在になりました。

    会場後半には、数々の建築模型のほか、引き出し状の展示ケースで図面類も展示されています。実現しなかったプランもあり、パーレビ国王から依頼されたイラン・シラーズの美術館は、イスラム革命によって頓挫しています。

    会場内で紹介されているアルヴァ・アアルト建築の写真は、ドイツの写真家アルミン・リンケが国際巡回展のために撮り下ろしたもの。自然と共存する美しい建築の姿が伝わります。展覧会は葉山(神奈川)、名古屋を経て東京展で3会場目。この後に青森県立美術館に巡回します。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月15日 ]

    アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然

    和田菜穂子(編集)

    国書刊行会
    ¥ 4,104

     
    会場
    会期
    2019年2月16日(土)~4月14日(日)
    開館時間
    10:00~18:00
    ※金曜日は20:00まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日(4月8日は開館)
    住所
    東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
    電話 03-3212-2485
    公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
    料金
    一般 1,200(1,000)円 / 高校・大学生 1,000(800)円 / 中学生以下 無料

    ※( )内は前売料金
    ※20名以上の団体料金は一般 800円、高校・大学生 600円
    ※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
    展覧会詳細 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと26日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと69日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと27日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと27日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県