IM
    レポート
    鈴木敏夫とジブリ展
    横須賀美術館 | 神奈川県
    プロデューサー鈴木敏夫とジブリの魅力を紹介する展覧会が、神奈川で初開催
    約3mの巨大な湯婆婆の姿やトトロなど。ジブリ映画の世界を満喫できる空間
    鈴木敏夫の頭の中を覗ける、8,800冊もの書籍や約10,000作品の映画コーナー

    宮崎駿や高畑勲監督とともに、これまで数々のアニメーション作品を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫。鈴木敏夫とジブリの魅力を紹介する「鈴木敏夫とジブリ展」が横須賀美術館で開催中です。

    会場では新章を含む7つの章立てで、鈴木がこれまで出会った書籍や映画の展示のほか、ジブリの人気キャラクターも登場します。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」会場
    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」会場


    鈴木敏夫は、戦後間もない1948年に名古屋で生まれました。仲間とチャンバラや十字手裏剣で遊ぶヤンチャな小学生時代を送りながら、同時に夢中になったのが、漫画や小説、映画です。戦後の大衆文化のなかで、鈴木の想像力は育まれていきました。


    18歳で上京し慶応義塾大学文学部卒業後、1972年に徳間書店に入社した鈴木。漫画の知識を買われて配属された編集部では、手塚治虫や石ノ森章太郎、ジョージ秋山など名だたる漫画家と付き合うようになります。

    その後、日本初の本格的なアニメーション専門誌『アニメージュ』の創刊に参加。取材をしていく中で高畑勲や宮﨑駿らと出会い、関係を深めていきました。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」第3章「アニメージュへの道~雑誌記事・編集者として~」
    第3章「アニメージュへの道~雑誌記事・編集者として~」


    会場には、アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した『君たちはどう生きるか』をはじめ、これまでの映画ポスターも並んでいます。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」第4章「時代を読む眼~ジブリとメガヒットはこうして生まれた~」
    第4章「時代を読む眼~ジブリとメガヒットはこうして生まれた~」


    ポスターやチラシ、テレビやインターネットなど、宣伝媒体は時代とともに変わっていきましたが、ジブリでは、一貫して新聞広告にこだわってきたことも分かります。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」第4章「時代を読む眼~ジブリとメガヒットはこうして生まれた~」
    第4章「時代を読む眼~ジブリとメガヒットはこうして生まれた~」


    鈴木の毎朝の日課は、コーヒーを飲みながら1時間かけてテレビ番組表を確認すること。好きな映画、これから観たい映画をチェックして、監督や俳優ごとにまとめてリストにしています。

    今でも週に4、5本、多い時では1日に4本もの映画を観るという鈴木。福岡会場から新たに展示された映画コーナーでは、過去の名作から、隠れた一本まで約10,000作品を一挙に公開しています。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」新章「鈴木敏夫の映画コレクション 約10000作品を一挙公開」
    新章「鈴木敏夫の映画コレクション 約10000作品を一挙公開」


    本の小路を通ったその先には、8,800冊の書籍が並んだ空間が広がっています。隠れ家「れんが屋」をモチーフにした部屋で、静かに読書をしているカオナシと一緒に、一部の書籍は手に取って閲覧することもできます。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」第6章「鈴木敏夫の本棚~蔵書8800冊を一挙公開~」
    第6章「鈴木敏夫の本棚~蔵書8800冊を一挙公開~」


    会場内ではトトロや約3mもの巨大な湯婆婆も登場します。湯婆婆・銭婆の口に手を入れて札を引く「恋愛・開運おみくじ」も体験することができます。

    会場の最後は『千と千尋の神隠し』の「油屋別館」世界観を再現した華やかな特設ショップが開設されています。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」「恋愛・開運おみくじ」
    「恋愛・開運おみくじ」


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」特設ショップ
    特設ショップ


    サテライト会場として猿島航路「三笠ターミナル」では、カオナシになりきって撮影できるコーナーやお湯が沸いてくる「せんとうちひろAR」などの特別展示もあります。また、横須賀市内に8地点でのスタンプラリーも開催。横須賀を巡りながら、特製スタンプを集めるのもおすすめです。


    横須賀美術館「鈴木敏夫とジブリ展」せんとうちひろAR
    「せんとうちひろAR」


    ©2022 Hayao Miyazaki / Toshio Suzuki ©Toshio Suzuki ©Studio Ghibli

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2024年3月19日 ]

    第4章「時代を読む眼~ジブリとメガヒットはこうして生まれた~」
    第5章「プロデューサーからクリエイターへ~書家、作家としての活動~」
    第5章「プロデューサーからクリエイターへ~書家、作家としての活動~」
    カオナシなりきりAR
    会場
    横須賀美術館
    会期
    2024年3月20日(水)〜6月18日(火)
    開催中[あと31日]
    開館時間
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
    ※ただし、4月27日(土)~5月6日(月休)は10:00~20:00(入館は19:30まで)
    休館日
    4月1日(月)、5月13日(月)、6月3日(月)
    住所
    〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
    電話 横須賀市コールセンター 046-822-4000 (月~金曜日:8:00~18:00、土日祝休日:~16:00)
    公式サイト https://www.yokosuka-moa.jp/
    料金
    観覧料(税込):一般 2,000円
    *中学生以下、高校生(市内在住または在学に限る)、身体障害者手帳、療育手帳、または精神障害者保健手帳をお持ちの方と付添の方(1名様)は無料です。
    無料の方も事前予約が必要です。
    展覧会詳細 鈴木敏夫とジブリ展 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    鈴木敏夫とジブリ展
    東京都
    2019年4月20日(土)〜5月12日(日) 神田明神文化交流館「EDOCCO」
    京都府
    2022年4月23日(土)〜6月19日(日) 京都文化博物館
    東京都
    2022年7月1日(金)〜9月7日(水) 寺田倉庫B&C HALL/E HALL
    神奈川県
    2024年3月20日(水)〜6月18日(火) 横須賀美術館
    開催中[あと31日]
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    刀剣博物館  受付・販売スタッフ募集 [刀剣博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと29日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと140日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと22日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと22日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    開催中[あと15日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)