IM
    レポート
    篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    時代と空気で反応した「写真力」
    印刷メディアが主戦場だった篠山紀信さんが初めて挑む、美術館の大空間。「写真力」と「空間力」がガチンコで対決する注目の展覧会が、東京オペラシティ アートギャラリーではじまりました。
    70年代の象徴、山口百恵。雑誌「GORO」のグラビアとして撮影された写真
    「GOD」のセクション。左から大原麗子、勝新太郎、きんさんぎんさん
    「STAR」のセクション。左から吉永小百合、AKB48、市川新之助(現 海老蔵)
    「STAR」のセクション。左上から時計回りに岸恵子、大江健三郎、小沢一郎、舟木一夫、松田聖子、森光子
    「BODY」のセクション。左上の「20XX TOKYO」は話題になった
    「BODY」のセクション。左から時計回りに宮沢りえ、カルメン・マキ、樋口可南子、高岡早紀、黒柳徹子
    「ACCIDENTS」のセクション
    ジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真の前で。ジョン・レノンは撮影の2ヵ月後に射殺された
    篠山紀信さん
    半世紀に渡って時代の先頭で活躍している篠山紀信さん。美術館での個展は初めてというのは、少し意外にも思えます。

    展覧会は「写真の神様が降りてきた時しか撮れない」(篠山さん)という「写真力」を持つ写真がテーマ。GOD/STAR/SPECTACLE/BODY/ACCIDENTSの5セクションによる構成です。

    最初のセクションは、照明を落とした黒い壁面の「GOD」です。物故者の巨大プリントは「拝みたくなる」(篠山さん)ほどの迫力。本人もお気に入りだったという大原麗子さんの写真は、実際の遺影にも使われました。


    「GOD」

    有名人のポートレートが並ぶ「STAR」は、篠山さんの真骨頂。時代を彩ったスターを、その匂いと一緒に切り取ったような写真が並びます。

    展覧会ビジュアルで多く使われている山口百恵は、元は雑誌「GORO」のグラビアとして撮影されたものです。70年代の象徴だった彼女は3.4×5.1メートルになって、壁一面で展示。その存在感は圧倒的です。


    「STAR」

    赤い壁面にヌードが並ぶセクションは「BODY」。篠山さんは活動の初期から造形的なヌード写真を手がけるなど、常にヌードと向き合って歩んできました。

    日本のヌード表現を変えた「Water Fruit」の樋口可南子、芸能人写真集の最高部数を叩き出した「Santa Fe」の宮沢りえ…。時代の欲求を「写真力」で返した作品といえるかもしれません。


    「BODY」

    展覧会の最後は「ACCIDENTS」、東日本大震災の被災者を写した作品群です。

    崩れた家の前で、散乱した墓地で、積み上げられた瓦礫が残る路上で。悲劇を強調するような動きは無く淡々とした流れですが、無名の人々の深い意志が滲んできます。


    「ACCIDENTS」

    「写真力」は写真単体だけでなく、時代や空気に反応して生まれてくるものといえます。そして、常に新しいことを面白がり、時代とともに写真を捉えてきた篠山さんだからこそ、見つけ出せる力なのかもしれません。

    熊本市現代美術館から巡回してきた本展は、東京での会期は12月24日(月・休)まで。その後に広島・三次市の奥田元宋・小由女美術館(2013年3月1日~4月14日)、新潟県立万代島美術館(2013年12月14日~2014年3月2日)と巡回します。(取材:2012年10月2日)


    記者発表での篠山紀信さん

    THE PEOPLE by KISHIN

    篠山紀信 (著)

    パイインターナショナル
    ¥ 2,625

     
    会場
    会期
    2012年10月3日(水)~12月24日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    11:00~19:00、金曜・土曜日は~20:00まで(入館は閉館30分前まで)

    ※ただし、展示により変更の可能性があります
    休館日
    月曜日( 祝日の場合は翌火曜日)
    住所
    東京都新宿区西新宿3-20-2
    電話 03-5353-0756
    公式サイト http://www.operacity.jp/ag/exh145/
    料金
    入場料:一般 1,000円(800円)、大学・高校生 800円(600円)、
    中学・小学生 600円(400円)
    同時開催「収蔵品展042 やさしさの気配」「project N 50 榎木陽子」の入場料を含みます。
    ※( )内は15名以上の団体料金
    ※その他割引(半額):閉館1時間前以降の入場、65歳以上
    ※土・日および祝日は中学・小学生無料。
    ※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
    ※Arts友の会会員は無料。(会員証をご呈示ください)
    ※割引の併用および払い戻しはできません。
    ※詳細はホームページをご覧ください。
    展覧会詳細 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)