IM
    レポート
    三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展
    弥生美術館 | 東京都
    家畜人ヤプーを決定づけた、幻想耽美の世界
    倒錯的な性向をテーマにした長編小説「家畜人ヤプー」。「戦後最大の奇書」といわれるこの作品のビジュアルイメージを決定づけたのが、村上芳正さんによる幻想耽美の挿画装幀でした。
    《家畜人ヤプー 改訂増補限定版》(都市出版社)函原画 1970年
    《家畜人ヤプー 改訂増補限定版》(都市出版社)挿画原画 1970年
    《家畜人ヤプー 限定愛蔵版》(角川書店)挿画原画 1984年
    《家畜人ヤプー 限定愛蔵版》(角川書店)挿画原画 1984年
    三島由紀夫作品の装幀原画と、その習作なども
    多田智満子『四面道』の挿画は多田本人から「お好きに」と言われ、自由に描いた快心の作です
    中間小説黄金期の仕事
    レコードジャケットや楽譜表紙なども
    二科展の出展作。1958年から5年連続入選しました
    大正11(1922)年生まれの村上芳正さんは、今年で91歳。三島由紀夫の遺作となった「豊饒の海」の装幀や、死後に出版された「新潮 三島由紀夫読本」の表紙などの他、澁澤龍彦、多田智満子、ジャン・ジュネ全集などさまざまな作家の装幀・装画を手がけていますが、一部の熱狂的な愛好家を除くと著名とは言い難い挿絵画家でした。

    ギャラリーでの原画の展示をきっかけに近年になって注目が高まり、ついに実現した本展。美術館での本格的な回顧展は今回がはじめてとなります。


    会場

    展覧会は、「家畜人ヤプー」の原画が中心です。都市出版社から「家畜人ヤプー」の単行本が発売されたのは1970年。初版単行本こそ挿画装幀を別の人が手がけましたが、同じ年に発売された「改訂増補限定版」と、その2年後に刊行の角川文庫版、そして1984年に角川書店が新たに刊行した「限定愛蔵版」は村上芳正さんが担当しました。

    村上さんは冷徹な女性と苦悩に満ちた男性を、細い線と点で丹念に描写。衝撃的な「家畜人ヤプー」を自からの解釈でまとめ、その世界観を確立したのです。


    「家畜人ヤプー」都市出版社版

    本展では、都市出版社版と角川書店版の装幀・挿画原画がともに展示されています。都市出版社版は、白地バックに登場人物を小説の内容に即して描いたシンプルなデザイン。角川書店版は画面全体を使った作品が多く、より様式美をうち出した、洗練された絵という印象です。

    「家畜人ヤプー」の世界について、「そういう方面への興味はまったくない」と言う村上さん。逆に、作品の内容に思い入れがなかったからこそ、美的な幻想世界を冷静に絵として対象化できたと語っています。


    「家畜人ヤプー」角川書店版

    ヤプー以外の作品として連城三紀彦、曽野綾子、瀬戸内晴美(寂聴)、吉行淳之介、渡辺淳一らの装幀装画も紹介。映画ポスター、レコードジャケット、デッサンなどのほか、二科展に出展した油彩なども展示されています。


    瀬戸内晴美(寂聴)の装幀装画

    村上さんは美大などで学んだ事はなく、絵は完全に独学です。「僕は喰うためにやってきた」と謙遜しますが、その個性あふれる世界観は、本展を機に改めて評価が高まることでしょう。

    万人に支持されるとはいい難いこういった作品も臆せずに取り上げるのは、さすがに弥生美術館。ここでなければ実現が難しかった展覧会といえます。

    会場にはヤプーを知る人だけでなく、チラシのメインビジュアルのイメージに魅せられたのか、意外にも若い女性の姿も多いそうです。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年7月18日 ]

    薔薇の鉄索: 村上芳正画集

    田中幸一 (監修), 本多正一 (編集), 堀江あき子 (編集), 竹上晶 (編集)

    国書刊行会
    ¥ 5,040

     
    会場
    会期
    2013年7月5日(金)~9月29日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分までにお願いします)
    休館日
    月曜日休館(ただし、月曜が祝日の場合は、翌火曜日を振替休館。なお8月12日は臨時開館)
    住所
    東京都文京区弥生2-4-3
    電話 03-3812-0012
    公式サイト http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
    料金
    一般 900円/大・高生 800円/中・小生 400円
    ※竹久夢二美術館もご覧いただけます)
    展覧会詳細 三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    山口県美術館専門職員の募集 [山口県立美術館又は山口県立萩美術館・浦上記念館]
    山口県
    星と森の詩美術館 学芸員(補)募集中です [星と森の詩美術館]
    新潟県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと72日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと60日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと60日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと3日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    麻布台ヒルズ ギャラリー | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと99日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)