IM
    レポート
    川瀬巴水 ― 生誕130年記念 ―
    大田区立郷土博物館 | 東京都
    「新版画」の売れっ子、大田区でも記念展
    浮世絵の復興を目指して、大正時代初期から作られた「新版画」。その最前線で活躍した川瀬巴水(かわせはすい)の生誕130年を記念し、巴水が暮らしていた大田区で展覧会が開催中です。
    「昭和の広重」と称えられた川瀬巴水の木版風景画
    (左から)《駿河由比町》《彦根城の残雪》
    (左から)《今井橋之夕立》《芝公園の雪》
    (左から)《雪の夜(浦安)》《浦安之残雪》 同じ地点から別の版元用に描いた、姉妹作品
    (左から)《西伊豆 木負》《明けゆく冨士》《忍野の冨士》
    (左から)《華盛頓 記念塔》《両班》
    加藤潤二版「巴水人形畫集」
    会場では多くのスケッチも紹介
    川瀬巴水落款(雅号印)
    川瀬巴水は現在の新橋で生まれましたが、大田区には縁が深い画家です。大正15(1926)年には今の中央四丁目に、昭和5(1930)年からは南馬込三丁目に居住。戦時中に疎開しますが、昭和23(1948)年から昭和32(1957)年に亡くなるまで、上池台二丁目に住んでいました。

    その縁もあって、多数の巴水作品を所蔵している大田区。本展では「昭和の広重」と称された木版風景画の名品を、年代別に3期に分けて紹介しています。


    会場入口から

    取材時は中期の「昭和初期から10年代の作品」が開催中。関東大震災で自宅が被災した不幸を乗り越え、精力的に製作を続けていた時期です。

    巴水は日本中を旅行してスケッチをし、次々に版画を手掛けていきました。スケッチと作品が並べられた展示もあり、創作の過程を楽しむことができます。


    見事な風景画が並ぶ

    会場には、富士山の世界遺産入りを記念した一角も設けられました。歌川広重は美しい富士山の浮世絵を数多く描きましたが、「昭和の広重」も負けていません。

    町並みの向こうに、松林の間から、河口湖とあわせて…。見事な構図で四季折々の富士を切り取ります。


    富士山の特集コーナー

    巴水の作品は多くが渡邊木版画店から出版されましたが、専属絵師ではなかったため、他の版元からの出版作品もあります。

    確実に売れるために、次々に制作の依頼が入る売れっ子だった巴水。旅行先で何カ所か写生を行い、掛け持ちしていた複数の版元のための作品を制作したこともありました。

    会場には、同じ地点から左右を見たような作品も展示されています。効率を重視しながらも、どちらの作品も決して手を抜かず、高いクオリティを保った巴水。この律儀な性格も、多くの版元に愛された理由のひとつです。


    近隣地で描かれた、版元違いの作品

    大田区立郷土博物館「川瀬巴水 ― 生誕130年記念 ―」の中期「昭和初期から10年代の作品」は、2014年1月19日(日)まで。展示替え休館を挟んだ後、後期の「昭和20年代、及び晩年の作品」は2014年1月25日(土)から3月2日(日)までです。

    川瀬巴水展は千葉市美術館でも開催中。千葉市美術館では、併設展で巴水が影響を受けた周辺の画家の作品も紹介されています。あわせてお楽しみください。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年12月4日 ]

    川瀬巴水作品集

    川瀬 巴水 (著), 清水 久男 (著)

    東京美術
    ¥ 3,150

     
    会場
    会期
    2013年10月27日(日)~2014年3月2日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00
    休館日
    月曜日(ただし、祝日の場合は開館します)および年末年始(12月29日から1月3日まで)
    住所
    東京都大田区南馬込5-11-13
    電話 03-3777-1070
    公式サイト http://bit.ly/1ggCk4n
    料金
    無料
    展覧会詳細 川瀬巴水 ― 生誕130年記念 ― 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと206日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと42日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと241日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと53日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと77日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    週3の扶養内!【大阪歴史博物館で受付案内】交通費有♪★接客経験を活かして★ [大阪歴史博物館]
    大阪府
    京都府文化財保護課 文化財保護技師(3分野)の採用試験を実施! [京都府教育庁指導部文化財保護課・京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード