IM
    レポート
    トーマス・ルフ展
    東京国立近代美術館 | 東京都
    「写真家」に留まらない、ベッヒャー派の中心人物
    1990年代から現代の写真表現をリードしてきたトーマス・ルフ(1958-)。その作品は日本の美術館やギャラリーでもたびたび紹介されてきましたが、本格的な回顧展が日本の美術館で開催された事はありませんでした。ファン待望の展覧会が、東京国立近代美術館から始まりました。
    「Porträts」(ポートレート)シリーズ
    「Zeitungsfotos」(ニュースペーパー・フォト)シリーズ
    「andere Porträts」(アザー・ポートレート)シリーズ
    「l.m.v.d.r.」シリーズ
    「nudes」(ヌード)シリーズ
    「Sterne」(星)シリーズ
    「Substrate」(基層)シリーズ
    「jpeg」シリーズ
    「press++」シリーズ
    トーマス・ルフは、デュッセルドルフ芸術アカデミーで、ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」。ベッヒャー夫妻は、給水塔や溶鉱炉などを客観的な視線で撮影し、機能種別に組み合せたタイポロジー(類型学)の作品で知られ、写真史に大きな変革をもたらすとともに、優れた後進を数多く育成しました。

    ルフは、代表的なベッヒャー門下生のひとり。ちなみに2013年に大規模な展覧会が開催されたアンドレアス・グルスキーもベッヒャー派です。

    展覧会は、デュッセルドルフ芸術アカデミー在学中の「Interieurs」(室内)、評価を高めた「Porträts」(ポートレート)をはじめ、最新作まで含む全18シリーズで構成。作品の選択はもちろん、展示構成もルフ自身が参加しています。


    会場

    「nudes」シリーズは1999年に誕生。ヌードの撮影はカメラの黎明期から始まっているため、「ヌード写真」は古典的といえるジャンルです。ただ、ネットの普及によって、その流通は大きく変化しました。

    ルフの「nudes」シリーズは、ネット上に氾濫しているヌード画像を用いた作品です。元画像の色調を変えたり、ぼかしたり、細部を削除するなどさまざまな加工を施した結果、ヌードの痕跡はわずかです。


    「nudes」シリーズ

    ルフの最新作が、2015年から発表されている「press++」シリーズです。報道機関から入手した写真原稿の画像面と裏面をスキャンし、画像処理ソフトで1つの画面にしたものです。

    中には読売新聞社から提供されたプレス写真を素材とした作品も。こちらは世界初公開となります。


    「press++」シリーズ

    近年はデジタルテクノロジーを積極的に活用しているルフ。写真も自身が撮影していない素材を用いたり(「nudes」「press++」など)、写真を用いない3Dプログラム使ったシリーズ(「zycles」)も進めており、その活動は「写真家」とは言い難いほどです。展覧会にあわせて来日した58歳のルフは精気にあふれており、この先がどこに向かうのかも楽しみです。

    東京国立近代美術館での展示は、11月13日まで。東京展の後は、金沢21世紀美術館に巡回します(2016年12月10日~2017年3月12日)。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年8月29日 ]



    ■トーマス・ルフ展 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年8月30日(火)~11月13日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※金曜・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)
    休館日
    月曜休館。ただし9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
    住所
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://thomasruff.jp/
    料金
    一般 1,600(1,400/1,300)円/大学生 1,200(1,000/900)円/高校生 800(600/500)円
    ※()内は前売/20名以上の団体料金です
    ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
    それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
    ※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
    展覧会詳細 トーマス・ルフ展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    愛知県埋蔵文化財センター任期付職員の募集 [愛知県埋蔵文化財センター ※注 発掘調査現場での詰所が勤務場所となる場合があります。]
    愛知県
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 運営マネージャー 募集! [呉市宝町5-32(海上自衛隊呉史料館)]
    広島県
    大阪府立博物館(近つ飛鳥博物館・弥生文化博物館)の 学芸員募集 [大阪府立近つ飛鳥博物館 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと34日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと34日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと6日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)