IM
    レポート
    BODY/PLAY/POLITICS
    横浜美術館 | 神奈川県
    「身体」をめぐる、6者の競演
    ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、日本と、地域が異なる6人の現代美術作家。人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々をモチーフにした作品を紹介している展覧会が、横浜美術館で開催中です。
    田村友一郎《裏切りの海》2016 (会場風景)※ボディビルダーは会期中は不在です
    田村友一郎《裏切りの海》2016 (会場風景)
    インカ・ショニバレ MBE《ハイビスカスの下に座る少年》2015 (会場風景)
    インカ・ショニバレ MBE《さようなら、過ぎ去った日々よ》2011 Courtesy the artist and James Cohan Gallery\
    New York
    イー・イラン《ポンティアナックを思いながら:曇り空でも私の心は晴れ模様》2016 (会場風景) ©Yee I-Lann
    アピチャッポン・ウィーラセタクン《炎(扇風機)》2016 (会場風景) Courtesy of Apichatpong Weerasethakul
    ウダム・チャン・グエン《ヘビの尻尾》2015/2016 (会場風景) ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.
    石川竜一《portraits 2013-2016》2013-2016 (会場風景) ©Ryuichi Ishikawa
    展覧会のキャッチコピーは「カラダが語りだす、世界の隠された物語」。1人ずつ作品をご紹介いたします。

    アフリカ系英国人のインカ・ショニバレ MBE(1962-)は、アフリカ更紗を用いた立体作品を出品。民族的なルーツであるアフリカと、現在の拠点である欧州の関係を示します。

    映像作品ではアフリカ更紗のドレスを来た黒人女性が、オペラ「椿姫」の一節を繰り返し熱唱。英国の英雄・ネルソン提督の死をめぐる逸話も作中で表現されます。


    インカ・ショニバレ MBE、左:《蝶を駆るイベジ(双子の神)》2015、右:《さようなら、過ぎ去った日々よ》2011 (会場風景) Courtesy the artist and James Cohan Gallery, New York

    展覧会のビジュアルイメージの中でもインパクトが強い、長い黒髪で顔を覆い隠した女性たち。日本なら“貞子”ですが、東南アジアでも“ポンティアナック”は良く知られた女性の幽霊です。しばしば小説や映画で表現され、現世に憎しみを残した女性の象徴といえます。

    作家はマレーシアのイー・イラン(1971-)。現代のポンティアナックたちは、台本無しの自由な会話で、女性の役割や意味について赤裸々に語ります。


    イー・イラン《ポンティアナックを思いながら:曇り空でも私の心は晴れ模様》2016 (会場風景) ©Yee I-Lann

    タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン(1970-)は、注目のクリエイター。監督・脚本を手掛けた映画『ブンミおじさんの森』が、2010年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を受賞。今年は日本国内のさまざまな美術館やアートフェスティバルに招待されています。

    炎を吐き出しながら回りつづける扇風機の映像作品《炎(扇風機)》は、日本初公開。エントランスで紹介される《ナブアの亡霊》にも火が登場します。どこか詩的で象徴性に満ちた表現は、作家が得意とするところです。


    アピチャッポン・ウィーラセタクン《炎(扇風機)》2016 / 《ナブアの亡霊》2009 (会場風景) Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

    ベトナムで生まれ、米国で学んだウダム・チャン・グエン(1971-)。エントランスから見えるビニールチューブは、作品《ヘビの尻尾》の一部です(映像も含めたインスタレーション)。映像ではホーチミン市内のビルから延びるチューブは大蛇のようで、歴史上の神と人間をめぐる複数の神話のイメージが重なり合います。

    もうひとつは映像作品の《機械騎兵隊のワルツ》。ベトナムの伝説で、国を守る英雄“ゾン将軍”のイメージを、現代の戦士の隊列として表現しています。


    ウダム・チャン・グエン《ヘビの尻尾》2015/2016 / 《機械騎兵隊のワルツ》2012 (会場風景) ©UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist.

    写真に出会う前は、自殺する事ばかり考えていたという石川竜一(1984-)さん。石川さんが日本各地で出会った人々のポートレートからは、それぞれの人生が透けて見えます。

    後半には、石川さんがかつて道端で声をかけて、その後もつきあいが続いた二人をテーマにした作品。こちらは写真と手書きのテキストによる構成です。


    石川竜一《portraits 2013-2016》2013-2016 / 《小さいおじさん》2012-2014 / 《グッピー》2011-2016 (会場風景) ©Ryuichi Ishikawa

    日本の田村友一郎(1977-)さんは、日本の戦後史と身体をめぐるインスタレーション作品。グランドギャラリー(エントランスロビー)と最後の展示室で紹介されています。

    肉体を筋肉ごとに断片で捉えるボディビルディングに興味があるという田村さん。肉体に関連する言葉のやりとり、断片化した彫像、時間が重なり合った横浜の地図などが展示されています。無言でビリヤードに興じる4人のボディビルダーも登場しましたが、こちらは内覧会のみの演出です。


    田村友一郎《裏切りの海》2016 (会場風景)

    会期中には出品作家が登場するイベントなど、関連企画も多数開催。また会場内は一部を除き、写真撮影も可能です。ツイッターやインスタグラムでハッシュタグ「#yokohamamuseumifart」をつけて、拡散お願いいたします。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年9月30日 ]

    TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

     

    エイ出版社
    ¥ 999


    ■BODY / PLAY / POLITICS に関するツイート


     
    会場
    横浜美術館
    会期
    2016年10月1日(土)~12月14日(水)
    開館時間
    10:00~18:00
    (入館は閉館の30分前まで)
    木曜日、年末年始
    ※木曜日に祝日開館した場合はその翌日。
    住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
    電話 045-221-0300
    公式サイト http://yokohama.art.museum/
    料金
    一般 1,500(1300/1400)円/大学・高校生 1,000(800/900)円/中学生 600(400/500)円
    ※小学生以下無料
    ※()内は前売/20名以上の団体
    展示会詳細 BODY/PLAY/POLITICS 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと14日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと65日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと133日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと160日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと92日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県
    独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー [独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー秩父宮記念スポーツ博物館・図書館]
    東京都
    令和2年度かほく市職員(石川県西田幾多郎記念哲学館学芸員)採用候補者試験案内 [石川県西田幾多郎記念哲学館]
    石川県