ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode

    三菱一号館美術館 | 東京都

    ガブリエル・シャネル(1883~1971)は、「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれます。シャネルのシンプルかつ洗練された服は着る人に実用性と快適さを与えながら、1920年代の活動的な新しい女性像の流行を先導しました。 戦後に流行したシャネルのスーツを着こなすことで、彼女自身がファッション・アイコンとして、そのスタイルを象徴しています。 本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催されたGabrielle Chanel. Manifeste de mode展を日本向けに再構成する国際巡回展です。 ガブリエル・シャネルの仕事に焦点を当てる回顧展を日本で開催するのは32年ぶりのことです。シャネルのスーツ、リトル・ブラック・ドレスを代表に、どれも特徴的な服はシャネルのファッションに対する哲学を体現し、さらにコスチューム・ジュエリーやNo.5の香水といった展示に当時の記録映像が加わることで引き立てられ、鑑賞者をシャネルのクリエーションの魅力へと誘います。
    会期
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    開催中[あと42日]
    開館時間
    10:00~18:00(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般 2,300円
    大学生・高校生 1,200円
    中学生以下 無料
    休館日 月曜休館(但し、祝日の場合、6/27*・7/25*・8/ 15・8/29*は開館。*トークフリーデー)
    公式サイト https://mimt.jp/gc2022/
    会場
    三菱一号館美術館
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
    050-5541-8600
    評価
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de modeのレポート
    8
    パリで開催されたガブリエル・シャネルの展覧会が再構成されて日本に上陸
    常にシンプルな美しさを追求したシャネル。控え目な上品さと実用性が共存
    ドレスが浮かび上がる会場の空間にも注目。女性はもちろん男性もオススメ
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de modeに関連する特集
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」は人気になりそう。コロナ禍で開催延期になった「ボストン美術館展 芸術×力」は東京のみで開催へ。東京国立近代美術館で開催される「ゲルハルト・リヒター展」も大注目。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと42日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと21日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと21日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと28日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)