IM
    レポート
    ガブリエル・シャネル展
    三菱一号館美術館 | 東京都
    パリで開催されたガブリエル・シャネルの展覧会が再構成されて日本に上陸
    常にシンプルな美しさを追求したシャネル。控え目な上品さと実用性が共存
    ドレスが浮かび上がる会場の空間にも注目。女性はもちろん男性もオススメ

    世界有数のファッションブランド、シャネルを創業したガブリエル・シャネル(1883-1971)。「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれ、その創作はモードを一新させるほど世界中に大きな影響を与えました。

    2020年にガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催され、大きな反響を呼んだ「Gabrielle Chanel. Manifeste de mode」展が日本向けに再構成され、三菱一号館美術館で開催中です。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」会場入口


    会場に入ると、黒一色にドレスが浮かび上がるドラマチックな空間。展示室をつなぐ入口には光のラインが走り、まるでSFのようです。三菱一号館美術館に何度も来た事がある人でも、きっと驚くと思います。

    展覧会の冒頭は、イントロダクション「新しいエレガンスに向けて」。シャネルはキャリアをスタートさせた1910年代から、型にはまった女性らしさとは正反対のスタイルをとっていました。

    続いて「スタイルの誕生」。シャネルは常にシンプルな美しさを意識しており、その製品はすっきりとして控え目です。また、実用的ながら上品でもあるシャネルの服は、スポーツウェアから影響を受けており、日常性とラグジュアリーが共存しています。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    スタイルの誕生


    次は「N°5:現代女性の目に見えないアクセサリー」。シャネル N°5はネーミング、デザイン、調香と、あらゆる面で20世紀初期における最も革新的な香水でした。

    調合には80種類以上の成分が含まれ、シンプルな四角いガラスボトルというミニマルなデザインは画期的なこころみでした。「寝る時はシャネルN°5だけ」というマリリン・モンローの有名なひと言も、この香水の伝説に拍車をかけています。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    N°5:現代女性の目に見えないアクセサリー 香水「シャネル N°5」1921年 パリ、パトリモアンヌ・シャネル


    大きな展示室は「抑制されたラグジュアリーの表現」。1920年代から30年代のドレスを通じて、素材と形態との一貫した関係性について見ていきます。

    1930年代は、シルエットへの意識が最も強く表現された時代でした。シャネルは驚くほどシンプルなモリスンのドレスや、形態を際立たせるためカッティングに装飾を組み込んだゆったりとしたドレスなどを製作しました。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    抑制されたラグジュアリーの表現


    下のフロアに進んで「スーツ、あるいは自由の形」。1939年、第二次世界大戦が始まると、シャネルはアトリエを閉鎖。再開したのは15年間後の1954年で、すでにシャネルは70歳を超えていました。

    シャネルは芯地、ショルダーパッドやダーツ、襟がなく、代わりに、ポケットが付いたストレートなラインの柔らかなテーラーメイドのスーツを発表。控えめな上品さと実用性を兼ね備えた装いというシャネルの主張は、ここでも貫かれています。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    スーツ、あるいは自由の形


    続いて「シャネルの規範」。1955年、シャネルはキルティングのフラップバッグ「2.55」バッグを発表。回転式の留め具、長さを調整できるメタルチェーンストラップ、小さな内ポケットを備えるなど、ここでも実用性が重視されています。

    1957年に発表されたバイカラー・シューズも機能性と美しさを兼ね備えています。つま先のブラックのレザーは摩耗しにくく、足を小さく見せ、ベージュのレザーは脚を長く見せることを意識しています。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    シャネルの規範(コード)


    続く「ジュエリーセット礼賛」には、豪華な宝石がずらり。1920年代以降、ジュエリーはシャネルの創作において、欠かせないものになっていました。服のシンプルさとは対をなすように、シャネルのスタイルの目印にもなっています。

    シャネルは著名な宝飾工房や金細工師と協力し、歴史的なもの、エキゾチックなもの、象徴的なものなど、あらゆるものをデザインのモチーフにしながら、作品の幅を広げていきました。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    ジュエリーセット礼賛


    展覧会の最後は「蘇った気品」。シャネルの象徴的な色であるホワイトとゴールド、レッドとブラックを使った一連のドレス、イヴニングドレス、カクテルドレスが並びます。

    シャネルにとって最後となった1971年春夏コレクションまで、シャネルは自らに課した規則を再解釈し、現代化し、完成させることにこだわり続けました。


    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」
    蘇った気品


    ガブリエル・シャネルの仕事に焦点を当てた回顧展が日本で開催されるのは、1990年にBunkamura ザ・ミュージアムで開催された「マドモアゼル シャネル」展以来、実に32年ぶり。シャネルの展覧会なのでファッション好きな女性はもちろんですが、男性もその造形的な美しさに魅了されると思います。国内では巡回はせず、三菱一号館美術館だけでの開催です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月20日 ]

    「スタイルの誕生」
    「スタイルの誕生」
    「N°5:現代女性の目に見えないアクセサリー」
    「抑制されたラグジュアリーの表現」 イヴニング・ドレス 1933-1934年頃 パリ、パトリモアンヌ・シャネル
    「スーツ、あるいは自由の形」 テーラードのジャケットとスカート 1958-59年秋冬 パリ、パトリモアンヌ・シャネル
    「ジュエリーセット礼賛」 (右)イアリング(ガブリエル・シャネル旧蔵)1954-55年 パリ、パトリモアンヌ・シャネル
    「ジュエリーセット礼賛」 ブローチ 1960年代 パリ、パトリモアンヌ・シャネル
    「蘇った気品」 イヴニング・ドレス 1967年春夏 パリ、パトリモアンヌ・シャネル
    会場
    三菱一号館美術館
    会期
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜休館(但し、祝日の場合、6/27*・7/25*・8/ 15・8/29*は開館。*トークフリーデー)
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
    電話 050-5541-8600
    公式サイト https://mimt.jp/gc2022/
    料金
    一般 2,300円
    大学生・高校生 1,200円
    中学生以下 無料
    展覧会詳細 ガブリエル・シャネル展 詳細情報
    このレポートに関連する特集
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」は人気になりそう。コロナ禍で開催延期になった「ボストン美術館展 芸術×力」は東京のみで開催へ。東京国立近代美術館で開催される「ゲルハルト・リヒター展」も大注目。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    石神井公園ふるさと文化館 契約職員《事務(学芸員)》募集 [石神井公園ふるさと文化館]
    東京都
    愛知・名古屋 戦争に関する資料館 学芸員募集中! [愛知・名古屋 戦争に関する資料館]
    愛知県
    【アルバイト募集|展覧会会場運営】 [グランフロント大阪、大阪府立中之島図書館、THE BOLY OSAKA、船場エクセルビル など 大阪市内の指定された会場]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと78日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと15日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと64日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと50日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)