特集
    2022年 夏のおすすめ展覧会 ベスト10 ― 首都圏版 ― [6月・7月・8月]

    2022年の夏も国外の美術コレクションや現代アート、ファッションを楽しめる展覧会が多く開催されます。東京を中心に首都圏で開催される、この夏おすすめの展覧会ベスト10をご紹介。全国版はこちら。

    まずは、国立西洋美術館のリニューアルオープン記念展「自然と人のダイアローグ」を紹介。ドイツのフォルクヴァング美術館の協力をもと、2館のコレクションから印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画の100点を超える作品が展示されます。

    東京国立近代美術館では、現代アートの巨匠、ゲルハルト・リヒターの待望の大規模個展が開催されます。具象絵画、抽象絵画、写真、映像など多岐にわたる制作活動を行ってきたリヒター。90歳を迎える2022年、「ゲルハルト・リヒター展」で60年にわたる画業を紹介します。

    21_21 DESIGN SIGHTでは「クリストとジャンヌ=クロード展」もはじまります。2人は美術館や国会議事堂、海岸や山を布で覆うインパクトのある環境アート作品を生み出してきた活動の根源に焦点をあてます。展覧会は、2人の誕生日でもある6月13日からの開催です。

    国立新美術館では「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡」を開催。ドイツ第4の都市、ケルン市が運営するルートヴィヒ美術館は、20世紀から現代までに特化した世界有数の美術館です。ドイツ表現主義やピカソ、ロシア・アヴァンギャルド、ポップ・アートが並びます。

    7月にはボストン美術館から60点を展示する「ボストン美術館展 芸術×力」が開催。日本美術コレクションんの中でも傑出した二大絵巻が里帰りほか、エジプトのファラオやヨーロッパの王侯貴族や皇帝の彫刻や肖像画、宮廷を彩った装飾美術を楽しむことができます。2020年に新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となりましたが、東京会場のみ開催が実現しました。

    明治時代に京都で多くの図案集を出版し、大正時代には夏目漱石らの本の装幀も手がけた津田青楓の図案をしょうかいする展覧会も開催されます。それまでの形にとらわれず自己の表現としても制作された、美術作品としての“図案”の世界を楽しめる「津田青楓 図案と、時代と、」は渋谷区松濤美術館で6月18日から。

    ファッションが好きな方におすすめなのは、三菱一号館美術館での「ガブリエル・シャネル展」。ココシャネルの愛称で“20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー”と言われています。日本で32年ぶり回顧展として、ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催された「Gabrielle Chanel. Manifeste de mode展」を再構成したものです。

    森アーツセンターギャラリーでは「特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー」を開催。アート、映画、音楽、ファッション、演劇、写真など様々なジャンルで表現されてきた『不思議の国のアリス』の世界とその広がりを紹介します。アリスに影響を受けたサルバトール・ダリや草間彌生らの作品も登場します。

    日本の「もの派」を代表する作家、李禹煥(リ・ウファン)の大規模な回顧展も開催。李禹煥は、自然や人工の素材を節制の姿勢で組み合わせ提示する「もの派」を牽引した作家の1人です。国立新美術館「李禹煥展」では、これまでの作品から彼の想像の軌跡をたどるとともに、新作も出品される予定です。

    開館15周年となる神奈川県・横須賀美術館では、12世紀末から13世紀初頭にかけて活躍した仏師・運慶を紹介。横須賀市内に残る運慶および運慶工房作と見られる仏像を中心に文化財を展示します。「運慶 鎌倉幕府と三浦一族」は7月6日から。

    この特集に関連するレポート
    11
    絵画・彫刻・ジュエリーなど、古今東西の権力者たちに関わる作品が来日
    日本にあれば国宝といわれるふたつの絵巻や、文人大名・増山雪斎の作品も
    コロナ禍で2年余の延期を経てついに開幕。巡回はなく東京だけでの開催に
    8
    アートや映画、ファッション、演劇など…魅力あふれる「アリス」の世界
    V&A博物館を皮切りにした世界巡回展が来日!日本オリジナルの展示も追加
    サルバドール・ダリや草間彌生、酒井駒子、ヒグチユウコらによるアリス
    1
    クリストとジャンヌ=クロードによる最新のプロジェクト、構想~実現まで
    同じ年の同じ日に生まれたふたり。構想から60年を経て、2021年9月に実現
    コロナ禍で延期に。完成を見る事なく他界したクリストの生前の元気な姿も
    7
    現代のアートシーンで、最も重要な美術家のひとり、ゲルハルト・リヒター
    油彩、写真、ガラス、鏡など多彩な素材で具象表現と抽象表現を行き来する
    今年で90歳、初期の作品から最新作のドローイングまで60年の画業をたどる
    この特集に関連する展覧会
    56
    国立新美術館 | 東京都
    2022年8月10日(水)〜11月7日(月)
    開催中[あと38日]
    215
    東京都美術館 | 東京都
    2022年7月23日(土)〜10月2日(日)
    もうすぐ終了[あと2日]
    102
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    もうすぐ終了[あと10日]
    52
    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都
    2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
    開催中[あと135日]
    118
    東京国立近代美術館 | 東京都
    2022年6月7日(火)〜10月2日(日)
    もうすぐ終了[あと2日]
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    大東市立歴史民俗資料館 スタッフ募集! [大東市立歴史民俗資料館(大阪府大東市野崎3-6-1)]
    大阪府
    独立行政法人国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    【博物館の受付スタッフ】 <オープニングスタッフ>安定して長く働ける★シフト融通/残業ほぼなし 長野県立美術館 学芸員募集中! [採用時は長野県立美術館]
    長野県
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催まであと1日
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ボストン美術館展 芸術×力
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月23日(土)〜10月2日(日)
    4
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと51日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    企画展示「クマのプーさん」展
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月2日(日)