瀬戸内国際芸術祭2022

    岡山県 | 岡山県

    瀬戸内国際芸術祭は、「海の復権」をテーマに掲げ、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指す芸術祭。 5回目の芸術祭となる瀬戸内国際芸術祭2022においても、これまで同様、海に囲まれどこからでもアプローチでき、農・工・商が混在した原初の人びとの存在を教えてくれる瀬戸内の島巡りを通し、この先地球上に人が生きること、展望を持つことを考えながら、作品を展開していきます。 【春】2022年4月14日[木]—5月18日[水]35日間 【夏】2022年8月5日[金]—9月4日[日]31日間 【秋】2022年9月29日[木]—11月6日[日]39日間
    会期
    2022年8月5日(金)〜11月6日(日)
    会期終了
    公式サイト https://setouchi-artfest.jp/
    会場
    直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 / 沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] /
    高松港・宇野港周辺 / 広域・回遊
    住所
    岡山県
    瀬戸内国際芸術祭2022のレポート
    2
    瀬戸芸2022(春会期)取材レポート第4弾は、高松港周辺と沙弥島。
    高松港周辺にもいくつか作品があるのでお見逃しなく。
    春会期のみの沙弥島は、レオニート・チシコフの作品。ふたつの美術館も満喫しました。
    1
    瀬戸芸2022(春会期)取材レポート第3弾は、犬島と小豆島。
    犬島では作品鑑賞の後にランチ。小豆島では絶景の寒霞渓に青木野枝の新作が
    「醤の郷」エリアの《ジョルジュ・ギャラリー》と《醤の郷現代美術館》もおすすめです。
    1
    瀬戸芸2022(春会期)取材レポート第2弾は、直島と宇野。
    天気さえよければ、直島での移動はレンタサイクルがおすすめ。「杉本博司ギャラリー 時の回廊」と「ヴァレーギャラリー」が新設されました。
    宇野の作品は港周辺に集中しているので徒歩で回れます。
    1
    数ある芸術祭の中でも高い知名度をほこる瀬戸内国際芸術祭2022。
    春会期は終了していますが、夏と秋にも開催されますので、見どころをご紹介したいと思います。
    今回は高松に宿泊して4日間で各所をまわる行程、まずは男木島と女木島です。
    瀬戸内国際芸術祭2022に関連する特集
    「兵馬俑と古代中国」は京都からスタート。大阪の藤田美術館はリニューアルオープン。大分県立美術館では「コシノジュンコ 原点から現点」展。「瀬戸内国際芸術祭2022」「越後妻有 大地の芸術祭 2022」も始まります。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
    山形県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと120日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと15日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと71日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと22日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)