IM
    レポート
    ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    戦後フランスで一世を風靡したビュフェの作品を「時代」ごとに紹介
    人物だけでなく植物や昆虫、動物など、モチーフの多彩さも魅力
    近年、パリ市立近代美術館で本格的な回顧展が開かれたことで再評価

    20世紀後半のフランスを代表する具象画家のベルナール・ビュフェ。「時代」をキーワードに静岡県・ビュフェ美術館所蔵の約80作品を順を追って紹介していきます。



    「ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代」入口


    ナチス・ドイツの占領下のパリで育ったビュフェは、19歳の若さで初個展を開催。地味な色彩と細く鋭い線による肉付きで描かれた作品は、若手作家のなかでも傑出していました。2年後の1948年には若手作家の登竜門「批評家賞」を受賞し、一躍脚光を浴びます。



    「ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代」会場風景


    1950年になるとパリから南仏で生活をはじめ、風景画を数多く描きます。作品には、戦争後の不安や虚無感から解放され、穏やかな色調と明快な線が現れます。画廊と契約し、毎年開催した個展では多様な主題で大型作品も制作するようになりました。



    (左から)《サーカス:トロンボーンとピエロ》1955年 / 《サーカス:曲芸師》1955年


    1958年、30歳の時にパリで開催した個展では、10万人が押し寄せるほどの反響があり、多忙を極めていきます。

    また、同年にシャンソン歌手・アナベルと結婚。彼女をモデルに数多くの作品を手掛けます。その年を境に、鮮やかな色彩で絵具を厚塗りし、力強い輪郭線で人物を描くようになります。湧き上がる感情も描きだしていく傾向は、賛否両論の嵐も高まりましたが、ビュフェは一心に筆をとり作品を描き続けました。



    (左から)《カルメン》1962年 / 《ピエロの顔》1961年 / 《夜会服のアナベル》1959年


    作品のモチーフは、人物だけでなく植物や昆虫、動物にもなります。幼い頃、勉強も運動も苦手だったビュフェは、蝶やトンボをいくつも描き、それが作家への道にも繋がったといえます。1960年代になると、昆虫が標本されているかのように画面全体に生物を描くようにもなりました。



    「ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代」会場風景


    ビュフェの20年間の画業が特に公に認められたのが1970年代。1973年には、世界唯一のベルナール・ビュフェ美術館が静岡県に開館します。ビュフェは1980年に初めて来館して以来、度々来日し美術館を堪能しました。

    その一方、私生活では外界との接触を避け、アトリエに閉じこもり風景画を描くようになります。これまでの表現とは全く異なる写実的な田園風景を制作し始めます。



    《シストロンの岩山》1993年 / 《カランク(入り江)》1993年


    その後、パーキンソン病を発症。体力が衰え、心身が衰弱していく中で「死」シリーズを完成させます。「絵画は私の命です。これを取り上げられてしまったら生きていけないでしょう」という言葉を証明するかのように、1999年10月4日に自身で命を絶ちました。



    (左から) 《ドン・キホーテ 鳥と洞穴》1988年 / 《自画像》1981年


    戦後、社会の評価を様々に浴びながらも、最期までキャンパスに向かい続けたビュフェ。作品は様々に変化しますが、そのどの時代にもビュフェのストイックさが強く感じられる展覧会です。


    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子、古川 幹夫 / 2020年11月20日 ]

    (左から) 《コトドリのある静物》1952年 / 《籠のある静物》1951年
    挿絵本《人間の声》1957年
    (左から)《青い闘牛士》1960年 / 《ピカドール》1962年
    (左から)《ガレの花瓶にいけた花》1969年 / 《赤い花》1964年 / 《黒い帽子のピエロ》1966年
    (左から)《花》1974年 / 《メロンとヒヤシンス》1989年 / 《楽器》1988年
    会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム
    会期
    2020年11月21日(土)〜2021年1月24日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00迄) ※入館は各閉館の30分前まで
    休館日
    1/1(金・祝)のみ休館
    住所
    〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話 05055418600
    公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/
    展覧会詳細 ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと24日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと187日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと23日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと82日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと152日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード