#西洋美術: レポート一覧

全 52件
2
16歳でウィーン美術アカデミーに入学した天才、エゴン・シーレの大規模展
わいせつ画頒布とモデルの少女誘拐容疑で収監も。常識にとらわれない創作
スペイン風邪でわずか28歳で死去。30年ぶりの展覧会は東京会場のみで開催
会場
東京都美術館
会期
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
開催中[あと71日]
1
食用になる草花を正確・緻密に描いた植物画「ボタニカル・アート」を紹介
大航海時代に発達したボタニカル・アート。身近なものから珍しいものまで
英国キュー王立植物園が協力。19世紀テーブル・セッティングの再現も登場
会場
SOMPO美術館
会期
2022年11月5日(土)〜2023年1月15日(日)
会期終了
3
フランスを代表する歌劇場パリ・オペラ座を「総合芸術」的な観点から紹介
フランス国立図書館が所蔵するオペラ・バレエ関係の資料、約200点を展示
ドガ《バレエの授業》、マネ《オペラ座の仮面舞踏会》、絵画の名品も展示
会場
アーティゾン美術館
会期
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
もうすぐ終了[あと8日]
3
ピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティら97点のうち76点が日本初公開
日本初公開となる35点をはじめ、ピカソの画業の各時代を代表する名品たち
作品の購入時にベルクグリューンがこだわった、アンティークの額にも注目
会場
国立西洋美術館
会期
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)
会期終了
2
2022年9月2日、大阪・京橋OBPに移転オープンした山王美術館。
600点を超えるコレクションから新コレクションや初公開の作品も展示。
東山魁夷、杉山寧らの近代日本画、ルノワールや藤田嗣治らによる近代フランス絵画、127年ぶりの公開となる黒田清輝《夏(野遊び)》を紹介します。
次回展、2023年の春には藤田嗣治にスポットをあてた展覧会が予定されています。
会場
山王美術館
会期
2022年9月2日(金)〜2023年1月30日(月)
もうすぐ終了[あと2日]
2
日本における「マネ受容」に焦点を当てて、近代洋画から現代美術まで紹介
感化された石井柏亭、山脇信徳、安井曾太郎、山本鼎、村山槐多、小磯良平
現代美術では森村泰昌や福田美蘭。福田は新作多数、あの大統領の肖像画も
会場
練馬区立美術館
会期
2022年9月4日(日)〜11月3日(木)
会期終了
12
絵画・彫刻・ジュエリーなど、古今東西の権力者たちに関わる作品が来日
日本にあれば国宝といわれるふたつの絵巻や、文人大名・増山雪斎の作品も
コロナ禍で2年余の延期を経てついに開幕。巡回はなく東京だけでの開催に
会場
東京都美術館
会期
2022年7月23日(土)〜10月2日(日)
会期終了
8
プチ・パレ美術館から珠玉の油彩画が来日、フランス近代絵画の流れを総覧
印象派からエコール・ド・パリまで、6章構成でそれぞれの絵画動向を解説
同館は1998年から休館中。日本では約30年ぶりに傑作を鑑賞できる機会です
会場
SOMPO美術館
会期
2022年7月13日(水)〜10月10日(月)
会期終了
7
世界で3本の指に入るピカソのコレクションで有名なルートヴィヒ美術館
2つの世界大戦から東西分裂から統一など美術を通じて歴史が分かる展覧会
会場に現れた不老不死の巨大なハシビロコウ!撮影して感想と一緒にシェア
会場
国立新美術館 企画展示室2E
会期
2022年6月29日(水)〜9月26日(月)
会期終了
21
ファン・ゴッホの作品や彼が見た世界を追体験する体感型のデジタルアート展
《ひまわり》や《糸杉》などの名作を会場360度に投影された映像と音楽で体感
年表と手紙をもとに「知っているようで知らないゴッホの生涯」を辿る展示も
会場
角川武蔵野ミュージアム
会期
2022年6月18日(土)〜2023年1月9日(月)
会期終了
9
国立西洋美術館とドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館によるコラボ
松方幸次郎とカール・エルンスト・オストハウス、個人コレクションが原点
ファン・ゴッホが晩年に取り組んだ風景画の代表作《刈り入れ》が初来日!
会場
国立西洋美術館
会期
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)
会期終了
11
ラファエロ、レンブラント、ルノワールなど、西洋絵画の巨匠の名がずらり
日本初公開となるベラスケス初期の傑作《卵を料理する老婆》など、約90点
レイバーン、ラムジー、グラントなどスコットランド出身画家たちの名品も
会場
東京都美術館
会期
2022年4月22日(金)〜7月3日(日)
会期終了
3
自然への愛情を込め、牧歌的で楽園のような風景を描いた二人の画家を紹介
苗木職人だったアンドレ・ボーシャンは精神を病んだ妻を世話しながら制作
脳血栓で半身不随になった藤田龍児、左手に絵筆を持ち替えて53歳で初個展
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2022年4月16日(土)〜7月10日(日)
会期終了
2
国内では、14年ぶりとなるモディリアーニ回顧展。
モディリアーニは、大阪中之島美術館のコレクションの最初期の重要な作品でもあります。日本初公開作品もあり、モディリアーニファンならずともとっても楽しみな展覧会になっています。
会場
大阪中之島美術館
会期
2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
会期終了
7
日本で初めてイスラエル博物館所有のピカソ・コレクションをまとめて紹介
初めてパリを訪れた1900年頃から死去の3年前の作品まで創作の軌跡を辿る
各時代を代表する版画作品を展示し、ピカソの版画への造詣や探求心を実感
会場
【4月7日まで休館中】パナソニック汐留美術館
会期
2022年4月9日(土)〜6月19日(日)
会期終了
0
2020年10月から約1年半に及ぶ休館、上野の国立西洋美術館が待望の再始動
ル・コルビュジエが設計した前庭を改修。再整備で当初の設計意図が明確に
常設展の起点「19世紀ホール」は無料に。リニューアル記念展は6月に開催
会場
国立西洋美術館
会期
2022年4月9日(土)〜9月19日(月)
会期終了
2
19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した2人の画家。
互いに影響を受け合い、生涯深い友情を築いたシダネルとマルタン。穏やかで神秘的な光の表現に魅了されながら、二人の足跡を辿ることができる展覧会です。
会場
SOMPO美術館
会期
2022年3月26日(土)〜6月26日(日)
会期終了
4
初期から代表作まで約130点を紹介する、国内で20年ぶりの大規模回顧展
日本好きだったミロが収集した日本の民芸品や瀧口修造ら日本人との交流
マドリードの傑作《絵画(カタツムリ、女、花、星)》が56年ぶりに来日
会場
Bunkamura ザ・ミュージアム
会期
2022年2月11日(金)〜4月17日(日)
会期終了
8
当初の姿を取り戻したフェルメールの傑作、修復後所蔵館に次いでお披露目
隠されていたキューピッドの画中画、修復プロジェクトの過程も映像で紹介
レンブラント、メツーなど17世紀オランダ絵画コレクションもあわせて展示
会場
東京都美術館 企画展示室
会期
2022年2月10日(木)〜4月3日(日)
会期終了
6
世界最大級の美術館、メトロポリタン美術館から珠玉の名画65点が一挙来日
ルネサンスから19世紀まで、西洋絵画史500年を彩った巨匠の名画がずらり
エル・グレコ、カラヴァッジョ、フェルメール、モネなど46点は日本初公開
会場
国立新美術館
会期
2022年2月9日(水)〜5月30日(月)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)