読者
    レポート
    植松永次展-土と火
    兵庫陶芸美術館 | 兵庫県

    展示風景


    陶芸、焼き物という言葉からイメージするものとはかけ離れた、言葉で説明するのが難しいものたちが並んでいます。何だろう?そう思いながらも、観ている私の顔は自然とほころんでいくのでした。


    《痕跡の入れ物》1975年


    兵庫陶芸美術館では、若手作家への刺激を与えるとともに、現代陶芸の今を紹介することを目的とした「著名作家招聘事業」を実施しています。15回目となる今年は造形作家・植松永次を迎え、「植松永次展 土と火」が開催されています。

    植松は当初版画やドローイングなど学びますが、作品を通して自己を表現することよりも、もっと大切なもの、根源的なものは何かを探り、土という素材にたどり着きます。

    そして土そのものの表情を引き出すことをテーマに制作を始めていきました。



    《祭》1982年



    《芽の出る所》2008年


    《芽の出る所》は特に印象に残った作品の一つです。「色違いのソーセージがニョキニョキと生えてる!」と感想を言った子どもがいたとか。

    これは、焼成済の円柱状のパーツを磁土に埋め、粉末状の土をふるい掛けて焼き上げています。土台の磁土と一度焼かれている円柱の収縮率の違いを利用した作品で、まさに土の中から芽を出しているかのような仕上がりです。見ただけではその過程を想像することは全くできませんでした。

    これに限らず、子どもの土遊びに見えてもおかしくないような作品たちは、深い知識と技術があるからこそ成り立っていることを知り、心の動きが加速します。

    素朴にみえて、前衛的。飄々とみえて、芯が太い。これが植松作品の魅力であり、彼自身がそういう人なのではないかとも思えてきます。陶芸、彫刻という枠でくくりきれない自由さと強さが、作品それぞれに備わっています。



    《下駄箱の中の宝物》2020年



    《森の四季》(一部)2020年


    壁に広がる《森の四季》、床に点在する《森のダンス》を前にして不思議と気持ちが落ち着いていきます。「土という自然と対話し、作品を生み出していく」初期から一貫している植松の姿勢や、土という自然を受け入れ続けてきた彼の包容力のようなものが大きな森となり、私の心身はどうやらすっぽりとハマってしまったようです。

    床にいる彼ら(作品)の横にしゃがみ込み、無心になる自分がいるのでした。



    兵庫陶芸美術館 外観一部


    [ 取材・撮影・文:カワタユカリ / 2020年12月17日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    兵庫陶芸美術館
    会期
    2020年12月12日(土)〜2021年2月21日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00  ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日、12月31日(木)、1月1日(金・祝) ※ただし、1月11日(月・祝)は開館し、1月12日(火)は休館
    住所
    〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭4
    電話 079-597-3961
    公式サイト https://www.mcart.jp/
    料金
    一般 600円 / 大学生 500円
    展覧会詳細 植松永次展-土と火 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと24日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと187日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと23日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと82日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと152日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード