IM
    レポート
    没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画
    太田記念美術館 | 東京都
    川瀬巴水、小原古邨、吉田博…。近年注目を集める伝統的分業制の新版画
    新版画の初期から戦後まで精力的に活躍した「最後の新版画家」創作の歩み
    ほとんど注目されなかった知られざる新版画家、その魅力をクローズアップ

    あまり有名とはいえない画家にスポットをあてた展覧会を、時折り開催する太田記念美術館。

    笠松紫浪(かさまつしろう 1898~1991)も、一般的な知名度はあまり高くないと思いますが、その作品世界は独特の魅力にあふれています。

    没後30年を記念した本展、紫浪が手がけた新版画の全貌を紹介していきます。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」(左手間から)《奥多摩の家》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂 / 《初夏の竹》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂
    (左手間から)《奥多摩の家》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂 / 《初夏の竹》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂


    大正から昭和にかけて活躍した笠松紫浪。師は鏑木清方なので、紫浪と同様に新版画で活躍した川瀬巴水とは同門になります。

    清方の勧めと、版元である渡邊庄三郎の依頼もあり、大正8~9年(1919~20)、21~22歳の時に新版画を制作。ただこの時は僅か5点のみで、作風にも模索の色が感じられます。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」《青嵐》大正8年(1919) 渡邊木版美術画舗
    《青嵐》大正8年(1919) 渡邊木版美術画舗


    再び新版画を手がけるようになったのは、10年以上経た昭和7年(1932)、34歳の頃。同じく渡邊庄三郎の元から新版画を制作。最初は美人画と風景画が刊行されましたが、その後はほとんど風景画一本になります。以降10年間で50点以上の大判の新版画を刊行しました。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」(左から)《浅春 ─ 茶の湯 ─》昭和7年(1932)春 渡邊木版美術画舗 / 《雨に暮るゝ塔(東京谷中)》昭和7年(1932)晩春 渡邊木版美術画舗
    (左から)《浅春 ─ 茶の湯 ─》昭和7年(1932)春 渡邊木版美術画舗 / 《雨に暮るゝ塔(東京谷中)》昭和7年(1932)晩春 渡邊木版美術画舗


    《春の夜 ─ 銀座》は、紫浪を代表する新版画のひとつ。行灯型の看板には、当時の新橋演舞場で上演されていた演目の名前が見えます。

    寿司屋台の暖簾の間からこぼれる光と、奥には洋装の人々も。紫浪の新版画は、落ち着いた景色の中にも、しばしば人々の営みが描かれるのは特徴といえます。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」《春の夜 ─ 銀座》昭和9年(1934)4月 渡邊木版美術画舗
    《春の夜 ─ 銀座》昭和9年(1934)4月 渡邊木版美術画舗


    明治末から昭和にかけて刊行された新版画。近代を感じさせる画題も魅力です。

    《満州国皇帝陛下奉迎門》は、まさに時代を感じさせる作品。昭和10年(1935)、愛新覚羅溥儀が訪日した際に、東京駅に設けられた奉迎門です。夜になるとこの絵のように、ライトアップされました。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」《満洲国皇帝陛下奉迎門》昭和10年(1935)4月 渡邊木版美術画舗
    《満洲国皇帝陛下奉迎門》昭和10年(1935)4月 渡邊木版美術画舗


    太平洋戦争末期の昭和20年(1945)4月、紫浪は長野県高丘村(現中野市)に疎開。戦後もしばらく長野で暮らしていました。

    昭和23年(1948)からは、渡邊庄三郎の甥である渡邊金次郎の元から8点の作品を刊行。長野の温泉地を取材した作品が多いのは、この時期の経験からです。

    ただ、金次郎版の制作にあたり、渡邊庄三郎の許可を得ていなかった事からトラブルになり、販売は差し止めに。以後、庄三郎との関係も絶たれてしまいました。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」(左から)《秋立つ町 糸魚川》昭和23年(1948)8月 渡邊木版美術画舗 / 《雪の塔 上野東照宮》昭和25年(1950)1月
    (左から)《秋立つ町 糸魚川》昭和23年(1948)8月 渡邊木版美術画舗 / 《雪の塔 上野東照宮》昭和25年(1950)1月


    渡邊木版画舗と疎遠になってしまった紫浪ですが、昭和27年(1952)、京都の版元である芸艸堂(うんそうどう)から声がかかり、新版画の制作を再開。8年間で100点以上の作品を手がけています。

    風景画が多いのは以前と同様ですが、輪郭線を描く主版が太くなった事で、モティーフの存在感が増した他、色使いも華やかになりました。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」《陽明門の雪》見本摺 昭和27年(1952) 芸艸堂
    《陽明門の雪》見本摺 昭和27年(1952) 芸艸堂


    今回の展示では、芸艸堂版の作品は見本摺が数多く出展されています。

    出版直前の最終版にあたるものですが、実際に出版された初摺と比較すると、大きく変化しているものも。《東京八景の内 増上寺三門》では、左の女性の大きさが全く異なります。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」(左から)《東京八景の内 増上寺三門》見本摺 昭和28年(1953) 芸艸堂 / 《東京八景の内 増上寺三門》初摺 昭和28年(1953) 芸艸堂
    (左から)《東京八景の内 増上寺三門》見本摺 昭和28年(1953) 芸艸堂 / 《東京八景の内 増上寺三門》初摺 昭和28年(1953) 芸艸堂


    また《箱根湯本の春宵》は、原画も展示。この原画をもとに版下絵をつくり、彫り、摺りへと進みます。

    原画と見本摺を比べると、構図や色合いこそ一致しますが、細部はかなり異なっており、伝統木版画における分業の意味合いを強く実感できます。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」(上)《箱根湯本の春宵》見本摺 昭和28年(1953) 芸艸堂 / (下)《箱根湯本春宵》原画 昭和28年(1953) 芸艸堂
    (上)《箱根湯本の春宵》見本摺 昭和28年(1953) 芸艸堂 / (下)《箱根湯本春宵》原画 昭和28年(1953) 芸艸堂


    紫浪を「最後の新版画家」と位置付けるに相応しい作品が、こちら。昭和33年(1958)12月に竣工したばかりの東京タワーを画題にした、意欲的な作品です。

    この後の紫浪の木版画は自刻自摺版画に移行していくので、新版画としての紫浪の作品はこの年が最後になります。


    太田記念美術館「没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画」《東京タワー》初摺 昭和34年(1959) 芸艸堂
    《東京タワー》初摺 昭和34年(1959) 芸艸堂


    伝統的な浮世絵の技法である絵師、彫師、摺師の協同作業によって制作される新版画。川瀬巴水、吉田博など、近年は注目度が高まっていますが、紫浪は巴水の影に隠れたような存在でした。

    知られざる実力者の作品を、まとまった形で東京で見られる、とても貴重な機会です。前後期で全作品が展示替えされますので、ご注意ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年1月31日 ]

    (左奥から)《お会式 雑司ヶ谷》昭和9年(1934)4月 渡邊木版美術画舗 / 《花見 東京大宮八幡》昭和10年(1935)4月 渡邊木版美術画舗
    《塩釜神社の桜》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂
    《鳴子の湯》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂
    (左から)《渋温泉》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂 / 《御岳昇仙峡》見本摺 昭和29年(1954) 芸艸堂
    会場
    太田記念美術館
    会期
    前期:2月2日(火)~25日(木)  後期:3月2日(火)~28日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:30~17:00(入館16:30まで)(当面の間、開館時間を短縮します)
    休館日
    月曜日(祝日の場合開館し翌日休館)、年末年始、展示替え期間
    住所
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10
    電話 050-5541-8600
    公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
    料金
    一般 1000円 / 大高生 700円 / 中学生以下無料
    展覧会詳細 没後30年記念 笠松紫浪 ― 最後の新版画 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと18日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと181日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと17日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと76日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと146日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県
    島根県立八雲立つ風土記の丘(公益財団法人しまね文化振興財団)学芸員募集 [島根県立八雲立つ風土記の丘]
    島根県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード