#版画: レポート一覧

全 7件
1
メキシコの歴史・風土・人・芸術に衝撃を受けた8人のアーティストを紹介
アーティストたちが共振した<メヒコ>を、それぞれの感覚で表現した作品
会場の千葉県は江戸時代の救出劇で日本とメキシコの交流が始まった地です
会場
市原湖畔美術館
会期
2021年7月10日(土)〜9月26日(日)
もうすぐ終了[あと3日]
1
今もなお人気を誇るアール・ヌーヴォーの雄、バラエティ豊かな作品を紹介
ポスターをはじめ、本、雑誌、ポストカード、切手、紙幣、商品パッケージ
『装飾資料集』『装飾人物集』全ページ公開、壁面を埋め尽くす圧巻の展示
会場
うらわ美術館
会期
2021年4月17日(土)〜6月20日(日)
会期終了
0
大正から昭和にかけて詩情あふれる風景版画で人気を博した「昭和の広重」
代表的な版画作品をはじめ、あまり紹介されなかった本や雑誌の仕事も紹介
展覧会は新型コロナのため約1年延期、ようやく開催される待望の大規模展
会場
平塚市美術館
会期
2021年4月24日(土)〜6月13日(日)
会期終了
1
接点が無さそうな「美」と「電線」のコラボ、電線を描いた絵画がずらり
日本最古の電線絵画から“ミスター電線風景”朝井閑右衛門、山口晃など
「富士山の脇に電柱」が流行の画題に、近代化の象徴としての電線・電柱
会場
練馬区立美術館
会期
2021年2月28日(日)〜4月18日(日)
会期終了
1
川瀬巴水、小原古邨、吉田博…。近年注目を集める伝統的分業制の新版画
新版画の初期から戦後まで精力的に活躍した「最後の新版画家」創作の歩み
ほとんど注目されなかった知られざる新版画家、その魅力をクローズアップ
会場
太田記念美術館
会期
前期:2月2日(火)~25日(木)  後期:3月2日(火)~28日(日)
会期終了
5
画業の後半で新境地を切り開いた吉田博の木版画、その全容が一堂に
早くから海外でも高い評価、故ダイアナ元英国皇太子妃も魅了した作品世界
同じ版木で摺色を替えることで時刻や大気、光の変化を表現した「別摺」も
会場
東京都美術館 企画展示室
会期
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
会期終了
6
東洋と西洋、国や民族など、文化の境界を越えて結びついた新しい美を展観
古伊万里、鍋島、琉球の紅型、和ガラス、浮世絵、ガレ。6つの美の物語
展示内容によって異なる色温度を設定。展示空間の細かな配慮にも注目
会場
サントリー美術館
会期
2020年12月16日(水)〜2021年2月28日(日)
会期終了

展覧会ランキング
1
三菱一号館美術館 | 東京都
イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
開催まであと22日
2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
2
PLAY! MUSEUM | 東京都
「ぐりとぐら しあわせの本」展
開催中[あと185日]
2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
3
国立科学博物館 | 東京都
大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
開催まであと21日
2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
4
東京都美術館 | 東京都
ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催中[あと80日]
2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
イスラーム王朝とムスリムの世界 
開催中[あと150日]
2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
東京都
国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
愛知県
狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
埼玉県

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード

ミュージアム 干支コレクション アワード