読者
    レポート
    「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都

    2020年の年末にコロナ禍でイギリスが最高度のロックダウンに入り、ライアン・ガンダーはスタジオでの制作活動が不可能になりました。さらに輸送も予定通りに動かなくなり、当初予定されていたガンダーの個展の開催は困難になりました。

    その状況を受けたガンダーは1月3日に、オペラシティの地権者の1人である故寺田小太郎氏(1927-2018)のプライベート・アイ・コレクションのキュレーションを提案しました。こうして「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」として実現しました。この展覧会は東京オペラシティアートギャラリーで6月20日まで開催されています。



    展覧会会場の入口


    ガンダーは、2017年に国立国際美術館のでキュレーション実績を持っています。また、東京オペラシティアートギャラリーの寺田コレクションというのは、寺田小太郎氏の寄贈によるプライベート・アイ・コレクションです。ガンダーにとってこのコレクションは、これまで見たこともない日本人のコレクションですが、寺田氏とガンダーはよく似た点を持っていました。それは、日常見過ごすような視点を別の角度から捉え、想像力を持って喚起させ驚きを与えてくれる点です。

    寺田氏の収集テーマのひとつ「ブラック&ホワイト」を展示した4階では、西洋の貴族の邸宅の様に壁面の上下左右びっしりと作品が並べられたサロン・スタイルをとっています。



    4階「色を想像する」作品の壁


    絵の対面の壁からはキャプションを探すことができます。絵と情報が、潔く区別されていました。



    4階「色を想像する」キャプションの壁


    寺田氏は白黒映画がカラー映画へ変わった時代の人です。初めてカラー映画を見た時に寺田氏はがっかりしたそうです。カラーになり、より豊かになるのではなく、白黒だから想像力が掻き立てられて豊かだったと気づいた寺田氏は、「ブラック&ホワイト」をテーマの1つとして収集を開始しました。

    寺田氏へのオマージュとして、ガンダーはこの「ブラック&ホワイト」を構成しました。



    「ブラック&ホワイト」の一部分


    3階は入口からすでに薄暗く、懐中電灯を手にすると探検気分が昂ます。



    3階展示室の入口


    3階は5章8室の全ての展示室の照明は薄明かりです。自分で絵に光を当てて見ないと、暗くて絵を見ることは出来ません。天井からの微かな明かりで展示室の構造と展示された107作品の存在がわかります。



    3階「ストーリーはいつも不完全......」


    3階の第1章のテーマは「探索」です。

    普通の展覧会では、明るい部屋で完璧にライトアップされた状態で作品を観ることができますが、この展覧会では自分で作品へ光を当ててみる必要があります。



    3階、第1章


    第2章のテーマは「注視」です。 懐中電灯の明かりを色々な方向から当てる事で、普通の展覧会ではなかなか見ることができないような筆致まで見ることが出来ました。



    3階、第2章


    第3章のテーマは「視点」です。 懐中電灯の明かりで彩色の下の木目が透けて見え、創作中のアーティストが目にしていたものが見えた気持ちになりました。普段見過ごしがちな別の角度からの鑑賞で、多くの発見が楽しめました。



    3階、第3章


    第4章のテーマは「パノラマ」です。 自分の懐中電灯の明かりだけでは全体を見渡せません。大きな作品を部分的に見て行くと、きらめく箇所があり、陰翳礼賛の美しさを感じました。



    3階、第4章


    第5章のテーマは「ヴィジョン」です。 暗がりの中で周囲の目も気にせず鑑賞に夢中になった頃に、自分の後ろ姿に気付かされるようなユーモアに出くわし、笑みがこぼれました。



    3階、第5章


    この展覧会は普通の目で見る展覧会よりも自覚して鑑賞でき、好奇心がどんどん膨らみました。革新的で、記憶に強く残る展覧会でした。



    オペラシティB1Fのサンクンガーデン


    東京オペラシティの地権者である寺田氏ですが、庭園設計や剪定のディレクションのお仕事もされていました。オペラシティの植物は、寺田氏が種類を選び、剪定にも植物らしく伸びることができるように刈り込みすぎない配慮がされているそうです。オペラシティの新緑からも寺田氏の魅力を感じました。


    [ 取材・撮影・文:法乙 / 2021年4月16日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    東京オペラシティ アートギャラリー
    会期
    2021年4月17日(土)〜6月20日(日)
    開催中[あと45日]
    開館時間
    11:00 ─ 19:00(最終入場は18:30まで)
    休館日
    月曜日(5/3は開館)
    住所
    〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    料金
    一般 1,000円(800円)、大学・高校生 600円(400円)、中学生以下無料
    *同時開催「project N 82 松田麗香」の入場料を含みます。
    *( )内は各種割引料金。
    展覧会詳細 「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    開催中[あと24日]
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    2
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと52日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    サンシャイン水族館 | 東京都
    ざんねんないきもの展2
    開催中[あと24日]
    2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
    5
    兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 - | 兵庫県
    コシノヒロコ展 
    開催中[あと45日]
    2021年4月8日(木)〜6月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    体験没入型ミュージアム@六本木 運営&ショップマネージャー募集 [六本木ミュージアム]
    東京都
    令和3年度名古屋市職員(学芸・写真映像)の募集 [名古屋市博物館]
    愛知県
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    令和3年度名古屋市職員(学芸・考古)の募集 [名古屋市博物館]
    愛知県
    東京都教育委員会 会計年度任用職員(学芸員)(埋蔵文化財調査)2名募集中です! [東京都庁第二本庁舎16階]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード