「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」

    ライアンガンダーが選ぶ収蔵品展

    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都

    イギリスを拠点に活動し、国際的な注目を集めるライアン・ガンダーが東京オペラシティアートギャラリーの収蔵品展をキュレーションします。イギリスのロックダウンにより当初予定されていたガンダー自身の個展の開催延期が決まった際、ガンダーから「この状況で僕にできることはないだろうか」との申し出があり、当初上階のみで予定していた「ガンダーによる収蔵品展」を全館で開催することになりました。 日常生活のさまざまな物事に光を当て、あらたな視点で観察したうえで解釈し、表現するガンダー。その視点・考察・解釈が当館の収蔵品に向けられたら……。当館収蔵品は故寺田小太郎氏によるプライベート・アイ・コレクションであり、これはガンダー×寺田小太郎の一対一の会話といえる展覧会でもあります。 どんなに困難な状況でも冷静に考え、発想の転換でよりよいものにしようとするガンダーの姿勢に励まされ、奇跡に近い形で展開される収蔵品展です。
    会期
    2021年4月17日(土)〜6月24日(木)
    会期終了
    開館時間
    11:00 ─ 19:00(最終入場は18:30まで)
    料金
    一般 1,000円(800円)、大学・高校生 600円(400円)、中学生以下無料
    *同時開催「project N 82 松田麗香」の入場料を含みます。
    *( )内は各種割引料金。
    休館日 月曜日(5/3は開館)
    会場
    東京オペラシティ アートギャラリー
    住所
    〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    「ストーリーはいつも不完全……」「色を想像する」のレポート
    0
    コロナ禍によるイギリスのロックダウンにより延期となった「ライアン・ガンダー」展ですが、ライアン・ガンダーが選ぶ東京オペラシティアートギャラリーの収蔵品展が実現。
    サロン・スタイルでびっしり並んだ作品や、薄明かりの中で自分で光を当てて作品をみるユーモア溢れた展覧会です。

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと24日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと187日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと23日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと82日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと152日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード