読者
    レポート
    10 Mame Kurogouchi
    長野県立美術館 | 長野県

    長野県信濃美術館が長野県立美術館として今年4月に新築オープンしました。善光寺など周囲の環境と調和する「ランドスケープ・ミュージアム」として生まれ変わった建物とともに、ファッションブランド「Mame Kurogouchi 」がスタッフユニフォームを担当したことも話題となりました。

    UNIQLOとのコラボレーション、テレビドラマの主人公が着用し話題になるなど日本を代表するブランド「Mame Kurogouchi」。今年10周年を迎えることを記念し、美術館初の単独展覧会が同館で始まりました。デザイナーである黒河内真衣子の創作の源を10年間のコレクションを通し紹介しています。

    展示風景「私小説」のパートより 2017年春夏、秋冬「Timeless」


    「曲線」「夢」「旅」「私小説」「色」など、ブランドを構成する10のキーワードから成る本展。「刺繍」のパートでは、ドローイングや工場への指示が書きこまれた図案などが公開されています。細かな作業に驚きつつ、デザイナーという仕事を垣間見た気分です。

    隣には完成された洋服が飾られています。凝った刺繍には、それ以上のもの—費やされた時間、労力―が宿り、服にパワーを与えています。


    ドローイングや工場への指示書など


    展示風景


    「クラフト」では、九谷焼や竹籠、こぎん刺し着物など伝統技法から学び、「Mame Kurogouchi」に落とし込んだ洋服がそれぞれ展示されています。黒河内が何をどのように見て、どこに魅かれ、何を表現しようとしたのかを知ることができます。



    2020年秋冬「Embracing」と加藤藤昇斎「笑籠」(昭和時代)



    2020年秋冬「Embracing」の部分



    2015年秋冬「Passing」と古作こぎん刺し着物(幕末から明治時代)有限会社弘前漕ぎん研究所蔵


    本展の一番の見どころとなるのは、中央に並べられた「ノート」。旅先での記録、植物のデッサンやポラロイド写真、ふと感じたことをそのまま書いた日記のページもあれば、ブランドへの想いやデザインを生み出す糸口を探すような記述。

    黒河内が、ブランド創設以前から1シーズンに1冊書き続けているというノートから厳選された360ページが初公開されています。華やかな世界に身をおくデザイナーからイメージする人物像は、ノートを見ているうちに、一歩一歩日々を大切に生きる等身大の女性へと変わっていきました。

    ぶれない強さや些細なことをすくい上げる感性などが読み取れます。美しいという形容詞だけでは言い切れない「Mame Kurogouchi」の洋服たちに流れるものがどこから来ているのか。ノートは教えてくれました。



    「長野」のパートより PVC製のバッグ、ヘッドピース(2011年春夏から2020年秋冬)



    本展のために製作されたオリジナルテキスタイル(一部)


    鉛筆の手書きの文字が織りなす黒河内の世界観に浸りながら、いつしか自分の日常を振り返っていることに気づきました。自分が大事にしたいもの、丁寧に生きていきたい部分を再認識させてくれます。グッと心を押されるような。明日からの自分を奮い立たせてくれるような。

    ある日のノートに箇条書きされたブランドのコンセプトの一部が目に留まります。「背中を押してくれる」、そして「走れる」洋服であることと。



    「夢」セクションより 左/2016年秋冬「Alchemist」 中・右/2013年秋冬「Your Memory」



    新しくなった長野県立美術館本館



    「Mame Kurogouchi」デザインのスタッフユニフォーム。写真撮らせてもらいました。



    本館から連絡ブリッジで東山魁夷館に繋がっています。



    本館隣にある東山魁夷館


    [ 取材・撮影・文:カワタユカリ / 2021年6月19日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    長野県立美術館
    会期
    2021年6月19日(土)〜8月15日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(展示室入場は 16:30 まで)
    休館日
    水曜日
    住所
    〒380-0801 長野県長野市箱清水1-4-4
    電話 026-232-0052
    公式サイト https://nagano.art.museum/exhibition/mamekurogouchi
    料金
    一般500円、高校生以下又は18歳未満 無料
    (東山魁夷館との共通観覧料 一般 800 円)
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添い一名は無料
    展覧会詳細 10 Mame Kurogouchi 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと25日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと188日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと24日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと83日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと153日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード