#ファッション・着物: レポート一覧

全 8件
0
絵画や写真の人物が身につけている衣装と、同時代の服飾作品を併せて展示
理想のウエストは40センチ後半から50センチ中盤、苛酷な貴族女性の装い
おしゃれもほどほどに。極寒の欧州で薄着が流行し、女性の死者が急増も
会場
東京富士美術館
会期
2021年2月13日(土)〜5月9日(日)
開催中[あと66日]
0
今年の干支は「丑(ウシ)」。
ことわざの「牛に引かれて善光寺参り」をもじり、「ウシにひかれてトーハクまいり」は、ふとした出来事からのご縁への想いが込めて、干支にちなんだ吉祥作品が展示されています。
会場
東京国立博物館
会期
2021年1月2日(土)〜1月31日(日)
会期終了
3
世界を舞台にアートディレクター・デザイナーとして活躍、初の大規模展。
デザイン史に残る資生堂やパルコの広告キャンペーン、映画の衣装など。
アカデミー衣装デザイン賞に輝いた『ドラキュラ』など豪華な実物展示も。
会場
東京都現代美術館
会期
2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
会期終了
0
森口邦彦の初期から最新作まで約250点を紹介。創作活動の歴史でもあり、半生そのものです。
着物の制作には何十枚もの草稿を描くそうで、完成までの過程を見るだけでも追体験しているような気分になれます。
会場
京都国立近代美術館
会期
2020年10月13日(火)〜12月6日(日)
会期終了
0
美術館ではじめて、アロハシャツの魅力を伝える展覧会
1930年代から1950年代にかけて作られた、貴重なヴィンテージアロハシャツ
日本文化と日本人も深く関わったアロハシャツの歴史の全貌に迫る
会場
茅ヶ崎市美術館
会期
2020年9月12日(土)〜11月8日(日)
会期終了
2
西欧化は上流階級から一般大衆へ、変わっていった都市の生活
自由なおしゃれで、モダンな都市生活を謳歌した「モボ・モガ」たち
15区から35区へ、面積・人口ともに大幅に拡大した「大東京」の姿
会場
東京都江戸東京博物館
会期
2020年8月25日(火)〜11月23日(月・祝)
会期終了
0
13のキーワードで「装うこと」を複層的に考察
着ることの自由さ、そして不自由さについて
現代ファッションの実例を多数展示
会場
東京オペラシティ アートギャラリー
会期
2020年7月4日(土)〜8月30日(日)
会期終了
0
デザイナーの皆川明によるブランド「ミナ ペルホネン」の世界観を紹介する本展。
芽、風、根、土、空に分かれた部屋では、ブランドの哲学や歴史、デザインを生んだアイデアや思考を鑑賞できます。作り手が生み出す喜びも感じることができます。
会場
兵庫県立美術館 - 「芸術の館」 -
会期
2020年7月3日(金)〜11月8日(日)
会期終了

干支 コレクション アワード

展覧会ランキング
1
福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
開催中[あと24日]
2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
2
三井記念美術館 | 東京都
特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
開催中[あと45日]
2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
3
茨城県近代美術館 | 茨城県
ムーミン コミックス展
もうすぐ終了[あと10日]
2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
4
三菱一号館美術館 | 東京都
テート美術館所蔵 コンスタブル展
開催中[あと87日]
2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
没後70年 吉田博展
開催中[あと24日]
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
おすすめレポート
学芸員募集
海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
広島県
板橋区立教育科学館 科学指導員 募集! [板橋区立教育科学館]
東京都
川西市文化財資料館業務員を募集 [川西市文化財資料館]
兵庫県
2021年春採用 京都芸術センター プログラムディレクターの募集(公益財団法人京都市芸術文化協会) [京都芸術センター]
京都府
小金井市立はけの森美術館学芸員(会計年度任用職員)募集 [小金井市立はけの森美術館]
東京都

「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


ミュージアム キャラクター アワード