IM
    レポート
    庵野秀明展
    国立新美術館 | 東京都
    シン・エヴァンゲリオン劇場版も大ヒット、庵野秀明のすべてに迫る展覧会
    原画、ミニチュア、メモ、イラスト、脚本、設定、イメージスケッチ、等々
    自身の原点である「アニメ」「特撮」から、未来に向けたプロジェクトまで

    『エヴァンゲリオン』シリーズや『シン・ゴジラ』などの監督/総監督作品で知られる映像作家の庵野秀明(1960-)。最新作の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は興行収入が100億円を突破し、華々しい活躍を続けています。

    庵野が子供の頃に夢中になったアニメや特撮の資料や、貴重な原画などで、庵野の世界を包括的に紹介する展覧会が、国立新美術館で開催中です。



    国立新美術館「庵野秀明展」会場入口


    展覧会は「庵野秀明をつくったもの」「庵野秀明がつくったもの」「そして、これからつくるもの」という3つのコンセプトによる構成。時代順に進みます。

    庵野秀明は1960年、山口県宇部市生まれ。ちょうどこの年にテレビのカラー放送が始まりました。

    当時の子供達は、誰もが「テレビまんが」と呼ばれたアニメや特撮とともに育ちました。会場には、庵野が幼少期から大学時代まで傾倒したアニメ、特撮、漫画作品の立体造形物などがずらり。これらが庵野の創作の原点といえます。



    第1章「原点、或いは呪縛」


    絵を描くことが好きだった庵野は、高校で美術部の部長を務めるとともに、映像制作にも興味を待ち、2年生の時に8ミリフィルムの機材を購入します。

    庵野の才能が注目されるようになったのは、大阪芸術大学在学時からです。大阪で開催された第20回日本SF大会「DAICON III」のオープニングアニメーション(1981)を、庵野はふたりの友人と制作。アマチュアとは思えないクオリティで、関係者の度肝を抜きました。



    第2章「夢中、或いは我儘」 『DAICON III オープニングアニメーション』(1981)


    会場で作品を見た関係者から声がかかった庵野は『超時空要塞マクロス』(1982)にアニメーターとして参加。上京後には『風の谷のナウシカ』(1984)で巨神兵のシークエンスを担当します。

    総監督を務めた『ふしぎの海のナディア』(1990)は、当初の企画内容をSFやエンターテイメント色の強い作品に改訂して、大成功しました。



    第2章「夢中、或いは我儘」 『ふしぎの海のナディア』(1990)


    漫画原作ではなく、オリジナル企画のTVシリーズとして1995年に始動したのが『新世紀エヴァンゲリオン』です。魅力的なキャラクター、スタイリッシュなビジュアル、深みのあるストーリーは、従来のアニメファン以外の層も取り込み、社会現象といえるブームを巻き起こしました。



    第3章「挑戦、或いは逃避」


    『エヴァ』でアニメによる映像表現をやり尽くした庵野は、実写映画に乗り出します。

    『キューティーハニー』(2004)では、特撮作品でありながらアニメ手法と特撮映像の技術を融合。「特撮映像への恩返し」という思いで総監督を引き受けた『シン・ゴジラ』(2016)は、興行収入82億円というシリーズ最高の大ヒットとなりました。



    第3章「挑戦、或いは逃避」 『シン・ゴジラ』(2016)


    またその間には、特撮映画で使われたミニチュア類が廃棄されている現状を憂い、企画展覧会「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」を開催。東京都現代美術館での展覧会を皮切りに全国を巡回して、各地で反響を呼びました。



    第3章「挑戦、或いは逃避」 『巨神兵東京に現る』(2012)


    そして、中断していた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作を再開します。

    制作には、俳優が実演したモーションキャプチャーのデータを用いたり、舞台となる場所をミニチュアセットで作って検討するなど、実写制作から得た経験も導入しています。



    第3章「挑戦、或いは逃避」 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』第3村ミニチュアセット


    庵野は現在、少年時代から憧れていた作品の新作映画である『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』の制作に関わっています。

    『シン・ウルトラマン』では、ウルトラマンをデザインした成田亨の思いに寄り添い「眼に覗き穴を入れない」「ファスナーに伴う背鰭を付けない」「カラータイマーを付けない」などでデザイン。斎藤工さんや長澤まさみさんの主演が発表されています(公開日は未定)。

    一方の『シン・仮面ライダー』は、主演の本郷猛/仮面ライダー役は池松壮亮さん、ヒロインの緑川ルリ子役は浜辺美波さん。2023年3月の公開予定です。



    第4章「憧憬、そして再生」 『シン・ウルトラマン』


    展覧会の最後は、庵野が関わっているアニメや特撮の技術や文化の保存、啓蒙、継承活動について。

    2017年には、自身が理事長となって特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)を設立。2020年には円谷英二の出身地である福島県須賀川市に「須賀川特撮アーカイブセンター」がオープンしました。

    また映像作りの未来を見据え、「アニメ(ーター)見本市」の開催や、背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」、CGアニメーションの「プロジェクトスタジオQ」の設立にも尽力しています。



    第5章「感謝、そして報恩」


    ウルトラマン、仮面ライダー、ジャンポーグエース、スペクトルマン、ミラーマンなど、第1章に並ぶのは、私を含めた中年以降の人たちにとって、懐かしいものばかりです。

    ほとんどの人が年齢を重ねるなかで、これらの「子供向け」から距離を置くなか、その衝撃と感動を忘れることなく待ち続けたのが庵野秀明でした。

    TV番組でも紹介された、身を削るような創作スタイルを見ると、「次回作が楽しみ」などと軽々に言えませんが、やはり『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』が待ち遠しいです。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年9月30日 ]

    国立新美術館「庵野秀明展」会場風景
    第1章「原点、或いは呪縛」 (上段左から)スペクトルマン / ミラーマン / ウルトラセブン (下段左から)ジャンボーグA / ジャンボーグ9
    『風の谷のナウシカ』原画用下描き(1984)
    『新世紀エヴァンゲリオン』初期構想メモ、企画書・企画構想メモなど(1995)
    国立新美術館「庵野秀明展」会場風景
    『シン・仮面ライダー』
    会場最後の大型スタチューのフォトスポット
    会場
    国立新美術館(東京・六本木)
    会期
    2021年10月1日(金)〜12月19日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土は20:00まで)
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    毎週火曜日休館 ※ただし11月23日(火・祝)は開館
    住所
    〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.annohideakiten.jp/
    料金
    一般 ¥2,100
    大学生 ¥1,400
    高校生 ¥1,000
    ※混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入しています。電話等ではご予約をお受けできません。また国立新美術館では本展の会期中に限り、当日のみ有効のチケット販売を予定しておりますが、ご来館時に予約枚数が終了している場合がございます。
    ※事前予約制(日時指定券)は優先入場券ではございません。会場の混雑状況によっては、入場までお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。詳細は展覧会ホームページをご覧ください。
    展覧会詳細 庵野秀明展 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    東京都
    2021年10月1日(金)〜12月19日(日) 国立新美術館(東京・六本木)
    大分県
    2022年2月14日(月)〜4月3日(日) 大分県立美術館
    大阪府
    2022年4月16日(土)〜6月19日(日) あべのハルカス美術館
    山口県
    2022年7月8日(金)〜9月4日(日) 山口県立美術館
    新潟県
    2022年9月23日(金)〜2023年1月9日(月) 新潟県立万代島美術館
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    国立工芸館研究補佐員(学芸業務)公募 [国立工芸館]
    石川県
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと138日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと27日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと20日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと20日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)