IM
    レポート
    楳図かずお大美術展
    東京シティビュー | 東京都
    先見的な世界観と幻視的なビジョン、楳図かずおの比類なき芸術性に着目
    注目は27年ぶりの新作、『わたしは真悟』の続編が原画101点の連作絵画に
    エキソニモ、冨安由真、鴻池朋子、気鋭のクリエイターとコラボレーション

    ホラー、SF、ギャグなど多彩なジャンルのマンガ作品を世に送り出し、熱狂的なファンも多い漫画家・楳図かずお(1936-)。

    楳図ならではの作品世界を紹介する展覧会が、東京シティビューで始まりました。



    東京シティビュー「楳図かずお大美術展」会場入口


    先見的な世界観と幻視的なビジョンで、圧倒的な存在感を放つ楳図かずお。『へび少女』や『猫目小僧』などのホラー漫画、小学館漫画賞を受賞した『漂流教室』、“グワシ”が社会現象になったギャグ漫画『まことちゃん』、さらに『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』 『14歳』など、数々のヒット作を手がけています。

    会場は『漂流教室』のグラフィックゾーンから。荒廃した未来世界に校舎ごと送られてしまった、小学校の児童たち。意表をついた展開で、読者の心を鷲掴みにしました。



    『漂流教室』グラフィックゾーン


    今回の展覧会では、楳図かずおの作品と現代アートのコラボレーションが見どころのひとつ。最初のエリアでは、千房けん輔と赤岩やえによるアート・ユニット、エキソニモが『わたしは真悟』をテーマにしたインスタレーションを制作しました。

    大量のケーブルが山積する空間に設置された多数のモニターには『わたしは真悟』の作中場面を上映。会場の外に見える東京タワーは「わたしは真悟」の作中で最も象徴的なモチーフの一つです。



    エキソニモ✕『わたしは真悟』インスタレーション


    続いて、楳図かずおの年表と、過去作品と関連資料を紹介するエリアです。

    楳図かずおは1936年、和歌山県高野山生まれ。奈良県で育ちました。漫画を描き始めたのは小学校4年生、高校3年生の時に『別世界』『森の兄妹』でデビューしました。

    楳図かずおの作品は、アニメや映画など映像化されたものも少なくありません。『まことちゃん』はアニメ映画に、『漂流教室』は実写映画になりました。



    『まことちゃん』


    続く「ZOKU SHINGO - 小さなロボット シンゴ美術館」は、本展のメインといえるエリア。『14歳』以来、実に27年ぶりとなる楳図かずおの新作です。作品はアクリル絵画による101点の連作で、時系列に沿って展開。『わたしは真悟』の続編という位置付けで、制作に4年の歳月を費やしました。

    物語性を持つという点ではマンガに近いものの、各作品にはコマ割りがなく、1枚1枚が絵画作品として制作されています。



    「ZOKU SHINGO - 小さなロボット シンゴ美術館」


    続くエリアは、楳図かずおの「ZOKU SHINGO - 小さなロボット シンゴ美術館」が着彩される前のオリジナルの素描(鉛筆画)101点と、冨安由真によるコラボ。

    さらに『14歳』のグラフィックゾーンと続きます。『14歳』は1990年代に発表された作品で、環境破壊による人類の破滅がテーマ。現在の社会問題を予兆させるような描写も少なくありません。



    『14歳』グラフィックゾーン


    その『14歳』をはじめとした楳図作品と向き合いながら新作を制作したのが、現代日本を代表する美術家の一人、鴻池朋子です。

    作品は「ZOKU SHINGO - 小さなロボット シンゴ美術館」の素描にリスペクトを込めたドローイングや、『14歳』の終盤に登場する「ゴキンチの先生」の顔をオモリとして作られた振り子、『14歳』の作中に語られる言葉を左手で書き写したドローイング、などです。



    鴻池朋子インスタレーション


    最後は「未来へ」。『漂流教室』のラストシーンでは、母が待つ現在に戻ることかできなかった子どもたち。『14歳』では唯一生き残った知性を持つゴキブリのゴキンチが待つ地球へと帰還。ふたつの作品のラストは逆の軌跡を描きますが、時空を超えて一本の虹のように繋がっています。



    「未来へ」


    漫画の展覧会は、原画を展示する事だけに留まるパターンも少なくないなか、本展は楳図かずおというクリエイターが持つ独自の世界に着目し、それを会場全体で見せようとする意欲的な試みです。

    古くからのファンも、原作を読んだ事が無い若い方も。溢れ出るような楳図ワールドをお楽しみください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年1月27日 ]


    ©楳図かずお ©エキソニモ ©鴻池朋子 ©楳図かずお/小学館

    『漂流教室』
    「ZOKU SHINGO - 小さなロボット シンゴ美術館」
    会場内のフォトスポット
    鴻池朋子インスタレーション
    特設ショップ
    カフェ「THE SUN & THE MOON」(UMEZZ CAFE)ではコラボメニューも
    会場
    東京シティビュー
    会期
    2022年1月28日(金)〜3月25日(金)
    会期終了
    開館時間
    10:00~22:00(最終入館21:30)
    住所
    〒106-5552 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-6406-6652(東京シティビュー)
    公式サイト https://umezz.roppongihills.com/
    料金
    一般 2,200円 / 高大生 1,500円
    子ども4歳~中学生 900円
    シニア(65歳以上) 1,800円
    ※屋内展望台入館料含む
    ※4歳未満無料 
    展覧会詳細 楳図かずお大美術展 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    楳図かずお大美術展
    東京都
    2022年1月28日(金)〜3月25日(金) 東京シティビュー
    大阪府
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日) あべのハルカス美術館
    開催まであと33日
    展覧会の詳細はこちら
    公式サイト https://umezz-art.jp/
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと41日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと20日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと20日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと27日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)