IM
    レポート
    生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展
    東京都現代美術館 | 東京都
    特撮の分野で大きな足跡を遺した井上泰幸、生誕100年を記念した大規模展
    「ゴジラ」でキャリアをスタート、円谷英二の信頼を得て数々の名作を担当
    アトリウムには特撮全盛期を彷彿させる、西鉄福岡駅のミニチュアセットも

    特撮美術監督の井上泰幸(1922-2012)。1954年のゴジラからキャリアを重ね、ラドン、ウルトラQ、日本海大海戦、日本沈没など、数々の作品でデザイナー/特撮美術監督として活躍しました。

    今年でちょうど生誕100年、その功績を俯瞰する大規模な展覧会が、東京都現代美術館で開催中です。



    東京都現代美術館「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」会場入口


    会場は時代順の構成です。井上は福岡県古賀市生まれ。戦時中は海軍に召集され、機銃掃射により左膝から下を失うという災難に見舞われました。

    帰国後は紆余曲折を経て、日大藝術学部で学んだ井上。在学中から新東宝の撮影所に出入りし、後にアルバイトとして働きはじめました。

    井上は1955年に結婚。妻の玲子は後にアルミ彫刻家になり、生涯にわたって井上と協働しました。



    「1922-1953 特撮美術への道」 右手前は日本大学藝術学部入試課題の水彩画


    1954年には東宝へ出向して「ゴジラ」の特撮に携わることになり、そのまま「特撮の神様」こと円谷英二が率いる東宝特撮映画のスタッフになりました。

    井上は細部まで徹底的にこだわった仕事で円谷の信頼を勝ち取り、両者は数々の名作を世に送り出していきます。



    「1954-1965 円谷英二との仕事」 (手前)ゴラス、ミニチュア


    1966年、井上は東宝特殊技術課の二代目特撮美術監督に就任。総合的に美術面を采配するため独自のフローを考案します。井上は図面、予算管理、スタッフ配置などさまざまな面に気を配り、「井上式セット設計」とも呼ぶべき俯瞰的な手法を確立しました。

    円谷英二の遺作になった「日本海大海戦」も、井上の絵コンテに基づいて特撮シーンがつくられています。



    「1966-1971 特撮美術監督・井上泰幸」


    円谷英二は1970年に死去。井上は東宝を退社し、1971年に造形会社「アルファ企画」を設立しました。映画だけでなくコマーシャルやテーマパークにも、特撮美術の領域を拡大させました。

    井上は「日本沈没」(1973)、「連合艦隊」(1981)などの大作にも関わったほか、平成のウルトラマンやガメラ、スーパー戦隊シリーズにもアルファ企画のメカニックが使われています。井上は2012年に89歳で亡くなりましたが、特撮の遺伝子は現在にも受け継がれています。



    「1971-2000 アルファ企画から未来へ」


    最後の「井上作品を体感する」は圧巻です。井上の愛弟子だった特撮研究所の三池敏夫が、「空の大怪獣ラドン」(1956)に登場する西鉄福岡駅周辺のミニチュアセットを、アトリウム空間に再現しました。

    近くで見ても、電車の架線から百貨店の看板まで実に細やか。当時の特撮映画撮影に参加するように、記念撮影をお楽しみください。



    「2021-2022 井上作品を体感する」 岩田屋再現ミニチュアセット マーブリングファインアーツ制作


    東京都現代美術館では、特撮領域全般をテーマにした「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」展を2012年に開催。特撮が文化として注目を集めるきっかけのひとつになりました。

    本展はそれに続く企画で、今回も特撮研究所、アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC、理事長:庵野秀明)が企画に協力。ファンなら垂涎モノの、とても密度が濃い展覧会です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年3月18日 ]

    「1922-1953 特撮美術への道」
    「1922-1953 特撮美術への道」 井上玲子による彫刻作品
    「1954-1965 円谷英二との仕事」
    井上泰幸が1950年代から80年代にかけて使用した台本
    「1954-1965 円谷英二との仕事」 世界大戦争(1961)
    「1966-1971 特撮美術監督・井上泰幸」  「日本の自然と日本人の夢」日本万国博覧会 三菱未来館(1970)
    「1971-2000 アルファ企画から未来へ」 (手前)井上玲子 作品名不詳 1984年頃 世田谷美術館蔵
    「1971-2000 アルファ企画から未来へ」  日本沈没(1973)
    会場
    東京都現代美術館
    会期
    2022年3月19日(土)〜6月19日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日(祝日の場合は翌平日)

    ※詳しい開館・休館情報は公式サイトをご確認ください。
    住所
    〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    展覧会詳細 井上泰幸展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    令和6年度公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団 発掘調査職員の募集 [本部、県内の発掘調査実施場所]
    埼玉県
    令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
    群馬県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと81日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと69日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと69日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと90日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)