IM
    レポート
    水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~
    東京シティビュー | 東京都
    水木しげる生誕100周年、日本の妖怪たちがどのように生まれてきたか考察
    妖怪研究に没頭し、現代の日本人に妖怪文化を根付かせた奇才の全貌に迫る
    水木しげるの妖怪画は100点以上、水木自身が所蔵する妖怪関係資料も公開

    「ゲゲゲの鬼太郎」「日本妖怪大全」「河童の三平」「悪魔くん」などのヒット作で知られる、漫画家の水木しげる(1922-2015)。今年でちょうど生誕100周年となります。

    現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせたといえる水木しげるは、どのように妖怪を表現してきたのか。水木ならではの妖怪世界を楽しめる展覧会が、東京シティビューで開催中です。



    東京シティビュー「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~」 六本木ヒルズでの告知


    会場に入ると迫力の演出。窓には妖怪の名前を書いた提灯がずらりと下がり、鳥取県境港市に並ぶ妖怪のブロンズ像と同じ妖怪も並びます。

    取材時は好天の昼間でしたが、会場は22時まで開館(入場は21時まで)。日没後に訪れると、東京の夜景とともにお楽しみいただけると思います。



    東京シティビュー「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~」会場


    第1章は「水木しげるの妖怪人生」。漫画家であると同時に、妖怪絵師であり研究者だったともいえる水木しげる。水木にとって妖怪を描くことは、妖怪を集めることと同じ意味でした。

    ここでは水木と妖怪の関わりを、幼少時代、従軍時代、漫画家時代と俯瞰しながら探っていきます。



    第1章「水木しげるの妖怪人生」


    第2章は「古書店妖怪探訪」。水木は仕事で水道橋を訪れた際、しばしば神田の古書店街に足を伸ばしました。

    水木が幼少期の記憶にある妖怪を呼び起こされた柳田國男『妖怪談義』、強い衝撃を受けて妖怪画を描くきっかけになった鳥山石燕『画図百鬼夜行』は、ともに神田の古書店で出会ったものでした。



    第2章「古書店妖怪探訪」


    第3章は「水木しげるの妖怪工房」。水木は晩年までに1,000点近くの日本の妖怪を描いていますが、その創作方法は「絵師たちから継承」「様々な資料から創作」「文字情報から創作」と、大きく3つのパターンに分類されます。



    第3章「水木しげるの妖怪工房」


    第4章の「水木しげるの百鬼夜行」には、水木が描いた妖怪がずらり。

    出没地で「山」「水」「里」「家」に分類され、それぞれに棲む妖怪が紹介されています。



    第4章「水木しげるの百鬼夜行」


    エピローグは「妖怪は永遠に」。そもそも水木が妖怪を描き続けたのは、妖怪を解明するためでした。

    妖怪はいる、と確信していた水木は、妖怪を描きながら収集。同時に、妖怪文化を後世に残したいという気持ちも持っていました。



    エピローグ「妖怪は永遠に」


    会場内にはARで楽しめる体験型企画も登場。特設ショップでは展覧会限定の妖怪グッズが多数用意されています。

    カフェも展覧会とコラボレーションした「妖怪の森 Cafe」になり、妖怪がさまざまなメニューになって登場しています。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年7月7日 ]

    東京シティビュー「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~」会場風景
    東京シティビュー「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~」会場風景
    東京シティビュー「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~」会場風景
    「妖怪の森 Cafe」のコラボメニュー
    会場
    東京シティビュー
    会期
    2022年7月8日(金)〜9月4日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~22:00(最終入館:21:00)
    ※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が⽣じる場合や、休業となる可能性もございます。
    休館日
    ※会期中無休
    住所
    〒106-5552 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-6406-6652(受付時間10:00~20:00)
    公式サイト https://mizuki-yokai-ex.roppongihills.com/
    料金
    一般 2,200円
    高校・大学生 1,600円
    4歳~中学生 1,000円
    シニア(65歳以上)1,900円
    (※前売券は当日券より300円OFF)
    お得なペア割 3,600円
    展覧会詳細 水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~ 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと59日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと24日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    開催中[あと18日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと52日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    東北歴史博物館 | 宮城県
    世界遺産 大シルクロード展
    開催中[あと52日]
    2024年4月9日(火)〜6月9日(日)