IM
    レポート
    ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで
    東京都現代美術館 | 東京都
    20世紀の建築や工業デザインに大きな影響を与えたJ.プルーヴェの大規模展
    オリジナルの家具や建築物約120点を、図面やスケッチなどの資料類と展示
    椅子は数々のモデルをまとめて展示。実際の作品に座りながら映像を観覧

    20世紀の建築や工業デザインに大きな影響を与えたジャン・プルーヴェ(1901–1984)。金属工芸家としてキャリアをスタートし、家具から建築へと領域を拡大。戦後はフランス復興計画の一環としてプレファブ住宅を複数考案するなど、精力的に活躍しました。

    プルーヴェが手がけたオリジナルの家具や建築物およそ120点を、図面やスケッチなどの資料とともに紹介する展覧会が、東京都現代美術館で開催中です。


    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場入口
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場入口


    アール・ヌーヴォー全盛期のフランスで、ナンシー派の画家の父と、音楽家の母に育てられたプルーヴェ。

    誰もが工業製品を手にできる社会を目指し、新しいものを受け入れながら、模倣せずに常に創造するというプルーヴェの思想は、ナンシー派からの影響を見ることができます。

    プルーヴェの家具デザインで、椅子は特に重要です。1934年の「スタンダードチェア」は、その後、 使われる環境や資材の変化に合わせて改良。木製のタイプは、フランス国内で人気を博し、長く販売されました。


    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「シテ」本棚》1932年 《「S.A.M」テーブル No.506》1951年 2点ともにYusaku Maezawa collection / 《「メトロポール」チェア No.305》1950年 Laurence and Patrick Seguin collection
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「シテ」本棚》1932年 《「S.A.M」テーブル No.506》1951年 2点ともにYusaku Maezawa collection / 《「メトロポール」チェア No.305》1950年 Laurence and Patrick Seguin collection

    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「ゲリドン・カフェテリア」組立式テーブル》1950年 Yusaku Maezawa collection / 《「カフェテリア」チェア No.300》1950年 Laurence and Patrick Seguin collection
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「ゲリドン・カフェテリア」組立式テーブル》1950年 Yusaku Maezawa collection / 《「カフェテリア」チェア No.300》1950年 Laurence and Patrick Seguin collection


    1949年、プルーヴェは自邸を建てるため、ナンシーの街を見下ろせる丘に土地を購入。当初の建築計画は変更を余儀なくされたものの、1954年の夏に完成。構造的論理を追求したこの邸宅は、住宅計画の自由度や快適さ、そして経済性を体現しています。

    プルーヴェは経営のセンスも優れていました。設立した工場 「アトリエ・ジャン・プルーヴェ」は成功。生まれた利益はスタッフに分配し、余剰金で新しい機械を購入しました。

    設計と制作の現場が緊密につながった生産体制が、プルーヴェの先進的な試みを可能にしたといえます。


    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「メトロポール」住宅(プロトタイプ、部分)》1949年 Laurence and Patrick Seguin collection
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「メトロポール」住宅(プロトタイプ、部分)》1949年 Laurence and Patrick Seguin collection

    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「メトロポール」住宅(プロトタイプ、部分)》1949年 Laurence and Patrick Seguin collection
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景 《「メトロポール」住宅(プロトタイプ、部分)》1949年 Laurence and Patrick Seguin collection


    プルーヴェは、家具をつくることと建物をつくることには隔たりがないと考えていました。目的と機能がデザインを決めるという、機能主義と製造を統合する合理性に基づいた「建設的思考」を構築しています。

    プルーヴェは、工業製品の量産が人々に健やかな暮らしをもたらすという理想を持っていました。軽量ですばやく組み立てられる 「工場製住宅」 は、通常の家族用や休暇用としての使用はもちろん、緊急的に住居が必要な状況にも対応する事ができます。

    規格化された建築パネルは、さまざまな組み合わせが可能なため、より多くの建築物で使うことができます。またそれらの建築材料は、経済性、軽量性、拡張性を重視しながら、 快適さを高められるよう改良が重ねられました。

    プルーヴェが活躍したのは半世紀前ですが、その考え方は今日の環境問題を見据えているかのようです。


    ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8x8 BCC組立式住宅》1942年 Yusaku Maezawa collection
    ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8x8 BCC組立式住宅》1942年 Yusaku Maezawa collection

    ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8x8 BCC組立式住宅》1942年 Yusaku Maezawa collection
    ジャン・プルーヴェとピエール・ジャンヌレの共同設計《F 8x8 BCC組立式住宅》1942年 Yusaku Maezawa collection


    最後の展示室では、プルーヴェのインタビューを含む映像を、プルーヴェによる《折りたたみ天板付き講義室用ベンチ》に座りながら見ることもできます。ゆっくりとお楽しみください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年7月15日 ]

    © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo 2022 C3924

    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景
    東京都現代美術館「ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで」会場風景
    会場
    東京都現代美術館
    会期
    2022年7月16日(土)〜10月16日(日)
    もうすぐ終了[あと8日]
    開館時間
    10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
    休館日
    月曜日 (7月18日、9月19日、10月10日は開館)、7月19日、9月20日、10月11日
    住所
    〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト ttps://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Jean_Prouve/
    料金
    一般 2,000円 / 大学生・専門学校生・65歳以上 1,300円 / 中高生 800円 / 小学生以下無料
    ※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
    展覧会詳細 ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    複数職種!【杉並区内の次世代型科学館】新規事業立ち上げコアメンバー募集 [杉並区内の科学館]
    東京都
    資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
    東京都
    令和4年度11月採用の会計年度任用職員(博物館解説員)を募集します [栃木県立博物館]
    栃木県
    国立科学博物館 筑波地区 事務補佐員 [国立科学博物館(筑波地区)]
    茨城県
    国立科学博物館 附属自然教育園(白金台地区)事務補佐員募集のお知らせ [国立科学博物館附属自然教育園(白金台地区)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと71日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
    もうすぐ終了[あと2日]
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    3
    東京シティビュー | 東京都
    誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ー ベルばらは永遠に ー
    開催中[あと43日]
    2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
    4
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    装いの力 ― 異性装の日本史
    開催中[あと22日]
    2022年9月3日(土)〜10月30日(日)
    5
    京都国立近代美術館 | 京都府
    ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション
    開催まであと6日
    2022年10月14日(金)〜2023年1月22日(日)