IM
    レポート
    倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙
    世田谷美術館 | 東京都
    デザイナー・倉俣史朗の没後約30年。独立以前から晩年までの仕事を展観
    従来用いられなかったアクリルやガラス、アルミなどを使用したインテリア
    倉俣の代表作、造花の薔薇が散りばめられた椅子《ミス・ブランチ》は必見

    1960年代以降のデザイン界において、高く評価を受けている倉俣史朗(1934-1991)。従来の家具やインテリアデザイン製品には用いられなかった工業素材を使用するなど、そのアイデアから世界的に注目を集めた倉俣の回顧展が、世田谷美術館で開催中です。


    「倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙」会場入口
    「倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙」会場入口


    デザイナーを志して桑沢デザイン研究所でデザインを学んだ倉俣は、1957年に三愛に入社。売り場の動線やショーケースなどの什器、値札札までさまざまなデザインと設計に携わりました。

    1963年に銀座に開業した「三愛ドリームセンター」の仕事を機に倉俣は、インテリアデザインや住宅、オフィスといったジャンルを超えて、都市の商業空間のデザインを志します。


    「倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙」会場風景
    「倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙」会場風景


    1965年11月にクラマタデザイン事務所を設立した倉俣は、竹橋にあるパレスサイドビルや地方都市の飲食店やサインを手掛けたほか、オリジナル家具の制作を行います。

    いくつもの引き出しが全面に設えられた《引出しの家具》をはじめ、依頼されたものでもなく、使用される予定のないデザインを具体化していきます。また、ものを見せることや空間のあり方を探り、什器の素材に当時一般的だった木材でなく、透明アクリルを使用。ケースの中がすべて透明になることで、商品が宙に浮いているかのような効果をもたらしました。


    (左から)《引出しの家具》1967年 富山県美術館蔵 / 《ピラミッドの家具》1968年 株式会社イシマル蔵
    (左から)《引出しの家具》1967年 富山県美術館蔵 / 《ピラミッドの家具》1968年 株式会社イシマル蔵


    実際の用途だけでなく、人間と家具との間に対話を生み出すものも試行していた倉俣。いくつもの引き出しがならぶ《引出しの家具》シリーズでは、中に入っているものへの期待を導かせる家具を生み出しました。


    第2章「引出しのなか 1969-1975」展示風景
    第2章「引出しのなか 1969-1975」展示風景


    独立して4年目の1969年、ファッション企業のエドワーズ本社ビルの設計を行います。倉俣にとって初めての建築設計の仕事の中、特に注目されたのはインテリアデザインを手掛けたショールームでした。

    透明アクリルのチューブのなかに蛍光灯を仕込み、そこに透明アクリルの棚を渡し衣服を陳列。椅子やテーブル、ランプからは、倉俣がいかに光の存在の仕方を意識していた窺い知ることができます。


    第2章「引出しのなか 1969-1975」展示風景
    第2章「引出しのなか 1969-1975」展示風景


    自らのイメージに合わせて、職人とともに試行錯誤しながら新たな素材を取り入れていた倉俣。板硝子を使用し、最小限の構造で成り立たせた《硝子の椅子》や椅子の輪郭線を建築素材のエキスパンド・メタルでなぞったメッシュの網目が輝く《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》なども制作します。

    1981年、親交のあったエットレ・ソットサスの誘いから、イタリアを中心に世界のデザイン・建築に影響を及ぼしたデザイン運動・メンフィスに参加をします。メンフィスは倉俣にとって、モダンデザインから解放され、国際的に活躍する重要な発表の場となります。


    第3章「引力と無重力 1976-1987」展示風景
    第3章「引力と無重力 1976-1987」展示風景


    (左から)《トワイライトタイム》1985年 石橋財団アーティゾン美術館 / 《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》1986年 富山県美術館 / 《アップルハニー》1985年 石橋財団アーティゾン美術館
    (左から)《トワイライトタイム》1985年 石橋財団アーティゾン美術館 / 《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》1986年 富山県美術館 / 《シング・シング・シング》1985年 富山県美術館


    倉俣作品の中でも外すことのできない代表作《ミス・ブランチ》は1988年に発表されます。テネシー・ウィリアムズによる映画『欲望という名の電車』のヒロインに依拠し、造花の薔薇をアクリルに閉じ込めた椅子は、東京やパリで行われた展示で多くの注目を集めました。

    倉俣は、人とオブジェの間に会話をつくりり出すことを重要視し、ピンクや黄色など淡い色の透き通るアクリルも使用しながら空間に軽やかさを生み出していきます。


    第4章「かろやかな音色 1988-1991」展示風景
    第4章「かろやかな音色 1988-1991」展示風景


    1980年ごろから夢日記を記していた倉俣。会場最後の「エピローグ」では、これまであまり公開されることのなかった、自身が思い浮かべた言葉の断片やユーモラスなデザインのアイデアを書き留めたノートやスケッチブックが並び、倉俣のイマジネーションを感じることができます。


    エピローグ「未現象の風景」展示風景
    エピローグ「未現象の風景」展示風景


    エピローグ「未現象の風景」展示風景
    エピローグ「未現象の風景」展示風景


    56歳の若さで亡くなった倉俣史朗。会場では、その業績や独創性に存分に浸ることができます。また、美術館の入口には、《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》が展示されています。伝統的なアームチェアのフォルムながら、軽やかさを感じさせる椅子は、座ることも可能です。

    [ 取材・撮影・文:古川 幹夫、坂入 美彩子 2023年11月17日 ]

    「倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙」会場風景
    (中央)《硝子の椅子》1976年 富山県美術館
    (左から)《カビネ・ド・キュリオジテ》1989年 株式会社イシマル / 《アクリルサイドテーブル #2》1989年 株式会社イシマル
    (左から)《プラスチックのワゴン》1968年 クラマタデザイン事務所 / 《プラスチックの家具 洋服ダンス》1968年 大阪中之島美術館
    《01チェア》《01テーブル》1979年 株式会社イシマル
    《椅子の椅子》1984年 富山県美術館
    美術館入口の《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》は座ることも可能
    倉俣の蔵書やレコードも展示した“倉俣史朗の私空間”
    会場
    世田谷美術館
    会期
    2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
    休館日
    毎週月曜日および年末年始(2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水))  *ただし、2024年1月8日(月・祝)は開館。1月9日(火)は休館
    住所
    〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
    電話 050-5541-8600 (展覧会のご案内)ハローダイヤル
    料金
    一般1,200(1,000)円、65歳以上1,000(800)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
    *( )内は20名以上の団体料金。事前に電話でお問い合わせください。
    展覧会詳細 倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    倉俣史朗 《ミス・ブランチ》 1988年 富山県美術館蔵 ©Kuramata Design Office
    東京都
    2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日) 世田谷美術館
    富山県
    2024年2月17日(土)〜4月7日(日) 富山県美術館
    京都府
    2024年6月11日(火)〜8月18日(日) 京都国立近代美術館
    開催まであと14日
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【利尻町立博物館】学芸員募集! [利尻町立博物館]
    北海道
    川崎市市民ミュージアム職員(総務)募集 [川崎市市民ミュージアム]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと26日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと130日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと19日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと93日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)