倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙

    世田谷美術館 | 東京都

    倉俣史朗(1934-1991、1978年以降は世田谷区在住)は、1960年代以降のデザイン界において、世界的に高い評価を受けたデザイナーです。富山県美術館所蔵の椅子《ミス・ブランチ》(1988年)に代表されるように、アクリル、ガラス、建材用のアルミなど、従来の家具やインテリアデザインの世界では用いられなかった工業素材に独自の詩情を乗せた仕事は、特に1970年代以降、世界的な注目を集めました。 1991年の没後もなお、比類ないデザイナーとして揺るがない評価を保っている倉俣ですが、国内美術館での紹介は数多いとは言えません。没後5年に原美術館から始まり、世界巡回をした回顧展(1996年)の後は、21_21デザインサイトでのエットレ・ソットサスとの二人展(2011年)がありました。しかし、埼玉県立近代美術館(2013年)以降、大きな展覧会は開かれていません。 本展では、作家の内面やその思考の背景による「倉俣史朗自身」を一つの軸としつつ、その「倉俣史朗自身」と紐づけながら初期から晩年までの作品を紹介することを試みます。2021年に没後30年を経たことも一つの契機として、同時代を生きた世代だけではなく、若い世代にも倉俣史朗という人と仕事を伝える機会となるでしょう。
    会期
    2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
    料金
    一般1,200(1,000)円、65歳以上1,000(800)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
    *( )内は20名以上の団体料金。事前に電話でお問い合わせください。
    休館日 毎週月曜日および年末年始(2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水))  *ただし、2024年1月8日(月・祝)は開館。1月9日(火)は休館
    会場
    世田谷美術館
    住所
    〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
    050-5541-8600 (展覧会のご案内)ハローダイヤル
    倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙のレポート
    2
    デザイナー・倉俣史朗の没後約30年。独立以前から晩年までの仕事を展観
    従来用いられなかったアクリルやガラス、アルミなどを使用したインテリア
    倉俣の代表作、造花の薔薇が散りばめられた椅子《ミス・ブランチ》は必見
    倉俣史朗のデザイン ― 記憶のなかの小宇宙の巡回展
    倉俣史朗 《ミス・ブランチ》 1988年 富山県美術館蔵 ©Kuramata Design Office
    東京都
    2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日) 世田谷美術館
    富山県
    2024年2月17日(土)〜4月7日(日) 富山県美術館
    開催中[あと46日]
    展覧会の詳細はこちら
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【登録有形文化財】東山旧岸邸 企画運営スタッフ募集 [東山旧岸邸]
    静岡県
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    読売新聞社イベント企画部署での運営サポート [読売新聞東京本社 事業局事業戦略センター]
    東京都
    大阪市公文書館調査員会計年度任用職員募集中! [大阪市公文書館]
    大阪府
    【川口市】サイエンスコミュニケーター募集 [川口市立科学館]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと46日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと46日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    3
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと136日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    開催中[あと18日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    5
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    開催中[あと18日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)