IM
    レポート
    アントニオ・ロペス展
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    スペインの巨星、待望の初来日
    現在のスペイン美術を代表する美術家、アントニオ・ロペス。欧米では高い評価が確立していますが、日本のみならず東洋での個展は初めて。待望といえる展覧会がBunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
    《マリアの肖像》(右)
    左から《パチンコを撃つ少年》《飛行機を見上げる女》
    《フランシスコ・カレテロ》(右)
    《夕食》(左)
    《眠る女(夢)》(右)
    「室内」の章
    《グラン・ビア》(右)
    左から《カンポ・デル・モーロ》《トーレス・ブランカラスからのマドリード》
    《横たわる男》(手前)
    アントニオ・ロペスは1936年生まれ、今年で77歳になります。日本では20年ほど前にロペス自身が出演する映画「マルメロの陽光」が公開されたため、覚えている方もいるかもしれません。筆者はマドリード・リアリズムの異才、磯江毅の流れから、その名前を知った記憶があります。

    本展は、初期の美術学校時代から近年までに手がけた油彩、素描、彫刻の各ジャンルの代表作を厳選した展覧会です。全64点を7章に分けて紹介していきます。

    第1章 : 故郷
    第2章 : 家族
    第3章 : 静物
    第4章 : 植物
    第5章 : 室内
    第6章 : マドリード
    第7章 : 人体

    ロペスの絵画を見ていくと、とても制作期間が長い作品があることに気づきます。たとえば、長崎県美術館が所蔵している《フランシスコ・カレテロ》の制作は、1961年から87年までと、実に四半世紀。当初は小品の肖像画として描いたものですが、モデルであるカレテロの死を機に、支持体を継ぎ足して現在の大きさにしたものです。

    ロペスは14歳から美術学校で学び、60年余りも絶え間なく作品を制作していますが、キャリアの長さに比べて作品が多くないのは、このような制作スタイルを通しているためです。同じように画面を継ぎ足している絵画は、「室内」や「マドリード」の章の作品にも見られます。

    本展のメインビジュアルになっている愛らしい少女は《マリアの肖像》。アントニオ・ロペスの長女マリアが9歳の時の肖像です。大きな瞳、きゅっと結んだ口元。見事なコートの質感も印象的ですが、なんとこの作品は鉛筆による素描です。ロペスにとって素描は油彩の下書きではなく、独立したひとつの表現スタイルだということが良く分かります。

    もう一点のメインビジュアルで、ポスターなどに使われている風景画は《グラン・ビア》。マドリード随一の目抜き通りを描いたこの油彩は、ロペスの最も良く知られた作品のひとつです。ロペスは毎日早朝に地下鉄で現地に通い、20~30分ずつ制作。7年間にわたって、同じ場所にイーゼルを立て続けました。グラン・ビアはロペスにとって大きなテーマであり、2008年から新たなグラン・ビアの連作を制作、現在も続けられています。

    残念ながらいつもの動画による会場紹介はできませんが、「リアリズム」の一言では説明できない圧倒的な存在感です。開幕前からネットでも期待の声が多く見られましたが、前評判どおり。大作が多いこともあり、見ごたえたっぷりの展覧会です。

    なお本展は巡回展で、長崎県美術館で2013年6月29日(土)~8月25日(日)、岩手県立美術館で2013年9月7日(土)~10月27日(日)に開催されます。(取材:2013年4月26日)

    アントニオ・ロペス 創造の軌跡

    木下 亮 (著)

    中央公論新社
    ¥ 1,680

    料金一般当日:1,400円
     → チケットのお求めはお出かけ前に
    icon

     
    会場
    会期
    2013年4月27日(土)~6月16日(日)
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00迄) ※入館は各閉館の30分前まで
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.antonio-lopez.jp/
    料金
    一般 ¥1,400(¥1,200)/大学・高校生 ¥1,000(¥800)/中学・小学生 ¥700(¥500)
    前売券の販売は2013/3/9(土)-2013/4/26(金)
    消費税込
    ( )内は前売・団体20名様以上の料金
    展覧会詳細 アントニオ・ロペス展 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと26日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと69日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと27日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと27日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県