IM
    レポート
    天王洲に「WHAT」がオープン
    WHAT | 東京都
    コレクターが収集した現代アートを楽しめるミュージアムが天王洲に誕生
    「解き放たれたコレクション展」は2人のコレクターが集めた作品がずらり
    「謳う建築」は建築と文芸の領域を横断、模型と文章が並ぶユニークな構成

    東京・天王洲に、新しいアートスポットが誕生。2020年12月12日(土)、現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT(ワット)」がオープンしました。

    開設したのは寺田倉庫。美術品保管を主軸とする倉庫会社ならではの視点で、日本を代表するコレクターが自らの価値基準で収集した作品との出会いを創出するアート展示施設として整備したものです。



    「WHAT」入口


    施設名の「WHAT("W"ARE"H"OUSE OF "A"RT "T"ERRADA)」には、倉庫を解放して普段見られないアート覗き見するという、ユニークなコンセプトから命名されました。

    開館記念の展覧会は2つ。「—INSIDE THE COLLECTOR’S VAULT, VOL.1— 解き放たれたコレクション展」と「謳う建築」展が同時に開催されています。



    2つの展覧会


    まずは「解き放たれたコレクション展」。精神科医で現代アートコレクターとしても有名な高橋龍太郎氏と、実業家・投資家のA氏という2名のコレクターが蒐集した約70点を紹介します。

    高橋龍太郎コレクションは「描き初め」がテーマ。高橋コレクションは以前このコーナーでも「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」(2015年)をご紹介しましたが、今回は今まで展示されなかった若い作家たちに焦点を当てるとともに、先行する作家の作品では新しい展開を見せていきます。



    「解き放たれたコレクション展」から、高橋龍太郎コレクション 


    もう一方のA氏コレクションは、2000年前後の奈良美智作品が中心。可愛さ、残酷さ、強さといった奈良作品の特徴が良く現れた作品が並びます。

    A氏は2001年に奈良美智の作品を横浜美術館で鑑賞。サイン会をしていた本人の素朴な人柄にも惹かれて、後に作品を購入した事が、A氏のコレクションのきっかけになりました。

    本展のキモといえるのが、コレクター自身による解説。会場にあるQRコードを読み取ると、両者が自分の声で、コレクションの経緯や作品の魅力を語ります。



    「解き放たれたコレクション展」から、A氏コレクション


    もうひとつの展覧会が「謳う建築」展。以前の建築倉庫ミュージアムを引き継ぐ、建築倉庫プロジェクトによる企画・展示です。

    展覧会の内容は、建築と文芸の領域を横断するユニークな企画。住まいと向き合い続けた建築家が生み出した住宅に宿る空気感や、五感を揺さぶる空間の本質について、文芸家が謳う作品を通して浮かび上がらせていきます。



    「謳う建築」展 会場


    篠原一男による「谷川さんの住宅」に、谷川俊太郎が新詩を創作。さらに吉村順三の住宅を詩人・蜂飼耳が、中村好文の住宅を詩人・小池昌代が体感・詩作するなど、住宅作品の設計時のプロセス模型20点以上やスケッチ、図面などが展示されています。



    「謳う建築」展 会場


    天王洲地区は、隈研吾が設計した画材ラボ「PIGMENT(ピグモン) TOKYO」、ギャラリーコンプレックス「TERRADA ART COMPLEX」などを寺田倉庫が運営。現代アートの一大拠点として発展を続けています。

    最寄りは天王洲アイル駅。品川からも徒歩圏内ですが、レンタサイクルもおすすめします。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年12月11日 ]

    「解き放たれたコレクション展」から、A氏コレクション
    「謳う建築」展 会場
    「謳う建築」展 会場
    「謳う建築」展 会場
    会場
    WHAT
    会期
    2020年12月12日(土)〜2021年5月30日(日)
    開催中[あと87日]
    開館時間
    11:00~18:00(最終入館:17:00)
    ※最新情報は公式サイトをご確認ください
    休館日
    月曜日、火曜日、水曜日
    住所
    東京都品川区東品川2-6-10 G号
    公式サイト https://what.warehouseofart.org/
    料金
    一般 1,200円
    大学生/専門学校生 700円
    中高校生 500円 / 小学生以下無料
    展覧会詳細 天王洲に「WHAT」がオープン 詳細情報

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    福井市美術館(アートラボふくい) | 福井県
    MINIATURE LIFE展ー田中達也 見立ての世界ー
    開催中[あと24日]
    2021年2月19日(金)〜3月28日(日)
    2
    三井記念美術館 | 東京都
    特別展 小村雪岱スタイル-江戸の粋から東京モダンへ
    開催中[あと45日]
    2021年2月6日(土)〜4月18日(日)
    3
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    4
    三菱一号館美術館 | 東京都
    テート美術館所蔵 コンスタブル展
    開催中[あと87日]
    2021年2月20日(土)〜5月30日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    没後70年 吉田博展
    開催中[あと24日]
    2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館 スタッフ募集 [海上自衛隊呉史料館/てつのくじら館]
    広島県
    江戸東京博物館 短時間契約職員(学芸業務)募集 [江戸東京博物館]
    東京都
    板橋区立教育科学館 科学指導員 募集! [板橋区立教育科学館]
    東京都
    川西市文化財資料館業務員を募集 [川西市文化財資料館]
    兵庫県
    2021年春採用 京都芸術センター プログラムディレクターの募集(公益財団法人京都市芸術文化協会) [京都芸術センター]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード