IM
    レポート
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜
    三菱一号館美術館 | 東京都
    エルサレムにあるイスラエル博物館から厳選した69点、うち59点は初来日
    印象派に先駆けた画家たちからポスト印象派やナビ派まで、テーマ別で構成
    クロード・モネ《睡蓮の池》を筆頭に、ルノワール、ゴッホ、ゴーガンなど

    エルサレムにある、イスラエル博物館。先史から現代まで約50万点の文化財を有し、数日かけても見切れないほどの規模を誇ります。

    印象派の作品も定評のある同館から、厳選された69点が来日。三菱一号館美術館で開催中の本展には、ビッグネームの画家による豪華な作品が並びます。



    三菱一号館美術館「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」会場入口


    展覧会では、印象派に先駆けた画家たちから、ポスト印象派、そしてナビ派まで、印象派の周辺まで紹介。テーマ別の構成で、第1章「水の風景と反映」から始まります。

    印象派の作品において、水の反射と光の動きは重要な要素です。自然の様相を捉えるため、多くの印象派の画家たちは下描きを行わず、直接力ンヴァスに描いていました。

    ジャン=バティスト・カミーユ・コローは印象派より前の画家ですが、戸外での写生を積極的に行いました。三度に渡ってイタリアに滞在、ヴィル=ダヴレーやフォンテーヌブローの森など、母国の自然も題材にしています。



    ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《川釣り》制作年不詳


    ポール・セザンヌは、ポスト印象派の画家です。自然から受けた感動を、視覚のあり方から問いかけ、独自の作品として昇華させていきました。

    《川のそばのカントリーハウス》では、作品の中央に単純化された家を配置しています。奥の情景と鑑賞者は水域で隔てられ、静かな雰囲気を生み出しています。



    ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》1890年頃


    展覧会の白眉といえる作品が、クロード・モネの《睡蓮の池》。この展示室は撮影が可能です。

    モネは1900年に池をモティーフにした最初の連作を発表しました。この作品は2番目の連作に含まれるもので、水面には雲や空が映り、外の情景を感じさせます。



    クロード・モネ《睡蓮の池》1907年


    第2章は「自然と人のいる風景」。バルビゾン派などのフランスの風景画家たちは、風のそよぎや梢の揺らぎなど、自然の小さな変化を画面に表現しました。

    印象派の画家たちは、身近な自然の営みを表現するとともに、野外での労働も画題に。それらの主題は、ポスト印象派にも受け継がれました。

    《プロヴァンスの収穫期》は、1888年の夏にファン・ゴッホが目にしたであろう、農村生活を描いた作品です。収穫を主題とした6枚の連作のうちの1枚で、素早く大胆なタッチが目を引きます。



    フィンセント・ファン・ゴッホ《プロヴァンスの収穫期》1888年


    こちらは2点とも、ゴーガンによる作品。《ウパウパ》は、官能的な動きを伴うタヒチの舞踊で、宗主国であるフランスにより禁止されましたが、ゴーガンはこの植民地主義的な態度に反発。自身の思いを作品に表しています。

    《犬のいる風景》は、ゴーガンが亡くなった1903年に描かれた作品。すでに体調が悪化していたゴーガンは、家から見ることのできる山の景色を描きました。黒い犬は、ゴーガンが自身の「野蛮な」分身として用いていたモティーフです。



    (左から)ポール・ゴーガン《ウパ ウパ(炎の踊り)》1891年 / ポール・ゴーガン《犬のいる風景》1903年


    第3章は「都市の情景」。バルビゾン派の風景画家たちがほとんど街を描かなかったのに対し、印象派やそれに続く画家たちは、しばしば都市景観そのものを描き出しています。

    ファン・ゴッホは1886年からの2年間、弟のテオがいるパリで暮しました。アニエールはパリ近郊で、並置された細長い筆致は印象派に学んだものです。



    フィンセント・ファン・ゴッホ《アニエールのヴォワイエ=ダルジャンソン公園の入口》1887年


    第4章は「人物と静物」。それまでのかしこまった肖像画とは異なり、印象派の画家たちは日常生活の何気ない表情を作品にしました。

    ルノワールが、友人マダム・ポーランの妻を描いた作品は、夫人は夢を見ているかのような表情。

    ルノワールの親友であるウジェーヌ=ピエール・レストランゲの肖像も、伝統的な描法から離れ、モデルの衣服と背景は自由な筆致で描かれています。



    (左から)ピエール=オーギュスト・ルノワール《マダム・ポーランの肖像》1880年代後半 / ピエール=オーギュスト・ルノワール《レストランゲの肖像》1878年頃


    ナビ派のピエール・ボナールは、身近な日常から画題を選びました。《食堂》に描かれた人物はボナールの妻、マルトです。

    人物は比較的平坦に描かれているのに対し、テーブル上の果物は立体的な描写。壁の幾何学的な線とテーブルクロスの模様が反響して、安定した構図が生まれています。



    ピエール・ボナール《食堂》1923年


    出品された全69点のうち、59点は初来日という貴重な展覧会。海外の美術館から、著名な作家の作品がまとまって来日する展覧会は、コロナ禍もあって久しぶりです。

    東京展の後、大阪に巡回します。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年10月14日 ]

    ピエール=オーギュスト・ルノワール《花瓶に入れられた薔薇》1880年頃
    アルフレッド・シスレー《サン=マメス、ロワン川のはしけ》1884年
    アルマン・ギヨマン《川の景色》1890年頃
    (左から)レッサー・ユリィ《冬のベルリン》1920年代半ば / レッサー・ユリィ《夜のポツダム広場》1920年代半ば
    会場
    三菱一号館美術館
    会期
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00〜18:00
    (祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日と年末年始の12月31日、2022年1月1日 *但し、10月25日、11月29日、12月27日、1月3日、1月10日は開館
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
    電話 050-5541-8600
    公式サイト http://mimt.jp
    料金
    一般 1,900円
    高校・大学生 1,000円
    小・中学生 無料
    展覧会詳細 イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    クロード・モネ《睡蓮の池》 1907年 油彩・カンヴァス イスラエル博物館蔵
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
    東京都
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと38日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと38日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)