IM
    レポート
    戦後デザイン運動の原点
    川崎市岡本太郎美術館 | 神奈川県
    戦後の日本のデザインの黎明期を支えたデザイナーや建築家、美術家が集結
    柳宗理、坂倉準三、岡本太郎らが手がけた椅子。座ることが可能なものも
    銀座松屋に常設された「デザインギャラリー」お馴染みのプロダクトも紹介

    戦後の復興からまもない1950年代、人々の暮らしの中にデザインへの意識が少しずつ広がっていきました。そんな日本のデザイン運動を先駆けたデザイナーや建築家、美術家たちを紹介する展覧会が川崎市岡本太郎美術館で開催中です。



    川崎市岡本太郎美術館


    1章は「デザインコミッティーの創設」。1953年、イタリアで行われるデザインの国際展覧会「第10回ミラノ・トリエンナーレ」への参加要請の招待状が日本に届きます。

    それをきっかけに、建築家の丹下健三や坂倉準三、デザイナーの剣持勇、柳宗理、亀倉雄策や評論家らが集まったのが国際デザインコミッティー(現・日本デザインコミッティ-)です。


    メンバーの中には岡本太郎の名前もあります。《太陽の神話》を制作した岡本は、坂倉準三の依頼で日本橋髙島屋地活紆余の壁面を制作。また、岡本の自宅は板倉建築研究所が手がけるなど、岡本と坂倉は親しく交流していました。



    岡本太郎《太陽の神話》 1952年 株式会社大和証券グループ本社


    2章「国際交流とデザインの普及」では、デザインコミッティーの創設から1960年代の活動を紹介。日本が正式に初参加を果たしたミラノ・トリエンナーレ11回展では、柳宗理や勅使河原蒼風、岡本太郎の作品を出品し、坂倉準三による会場デザインは銀賞を受賞します。

    トリエンナーレの参加と並行して活動の柱となったのが、松屋銀座での売り場の存在です。日本人が良質なデザインに目醒めてもらうための場としたこの売り場は、現在まで65年以上続いています。



    2章「国際交流とデザインの普及」


    1957年には、通産省によりGマークが指定され、デザインに対する意識が大きく変化します。「グッドデザインコーナー」では、柳宗理の《バタフライツール》や坂倉準三建築研究所の《低座椅子》、森正洋の《G型しょうゆさし》など、ロングセラーとなったプロダクト商品を紹介しています。



    2章「国際交流とデザインの普及」


    デザインコミッティーのメンバーたちの交流の場を紹介するのは、3章「サロンとしてのコミッティー」。コミッティー内では、忌憚のない議論を交わし合いながらも人脈を広げ、メンバー同士のコラボレーションが派生する場にもなっていました。



    3章「サロンとしてのコミッティー」


    彼らの象徴する活動と言えるのが、アジア初の開催となった1964年の東京オリンピックです。丹下健三による国立代々木競技場をはじめ、亀倉雄策の《オリンピックポスター》、柳宗理の《トーチホルダー》などコミッティーメンバーを様々な立場で活躍しました。



    3章「サロンとしてのコミッティー」


    4章では松屋7階に常設された「デザインギャラリー」の展開を紹介。1964年から2021年まで775回を超える展覧会が開催された展示スペースは、コミッティーメンバーが持ちまわりで各々のデザインの捉え方や独自の切り口を発信していく場でした。



    イサム・ノグチ《あかり》


    第1回のテーマ「私の好きなデザイン」からはじまり、イサム・ノグチや石元泰博を紹介する展示などメンバーの考えや個性が伝わる企画を多く展開。中には、柳宗理による「歩道橋計画案展」や亀倉雄策による「鳥展」などユニークな企画展もあり、図案やメモ書きされた企画案も紹介されています。



    4章「デザインギャラリー」の展開」


    日本のデザインを世界に発信した、時代を代表するデザインコミッティーの人々の作品を一堂に会する貴重な展覧会。岡本太郎や柳宗理の椅子に腰かけながら鑑賞に浸ることもできます。


    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2021年10月22日 ]

    会場入口
    柳宗理《バタフライツール》
    石元泰博による写真
    3章「サロンとしてのコミッティー」
    森正洋《G型しょうゆさし》
    4章「デザインギャラリー」の展開」
    2章「国際交流とデザインの普及」
    香川県庁舎(1958年)
    会場
    川崎市岡本太郎美術館
    会期
    2021年10月23日(土)〜2022年1月16日(日)
    会期終了
    開館時間
    9 :30 17:00 (入館は 16:30 まで)
    休館日
    月曜日( 1 月 10 日を除く)、 11 月 4 日(木)、 11 月 24 日(水)、 12 月 29 日(水)~ 1 月 3 日(月)、 1 月 11 日(火)
    住所
    〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内
    電話 044-900-9898
    料金
    一般 1,000 円( 800 円)、高・大学生・ 65 歳以上 800 円( 640 円)
    中学生以下無料
    ( )内は 20 名以上の団体料金
    展覧会詳細 戦後デザイン運動の原点 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと40日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと19日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと19日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと26日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)