IM
    レポート
    津田青楓 図案と、時代と、
    渋谷区立松濤美術館 | 東京都
    京都で数多くの図案集を出版し、夏目漱石など本の装幀も手がけた津田青楓
    日本画、洋画、工芸、書と幅広い分野で活躍した青楓の最初期の仕事が図案
    青楓周辺の図案作品も含めて、出展数は約250点とボリュームたっぷりです

    京都府出身の画家、津田青楓(1880-1978)。98歳という長寿で、洋画、日本画、執筆、書など多彩な分野で活躍した青楓の最初期の仕事が図案でした。

    「図案の変革期」といえる明治から大正時代の図案に着目し、青楓の作品をはじめ、約250点というボリュームでさまざまな作品・資料を紹介する展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。



    松濤美術館「津田青楓 図案と、時代と、」会場入口


    展覧会は3章構成で、第1章「青楓図案万華鏡」から。青楓が最初の図案集を出したのは、何と16歳のとき。当時人気だった神坂雪佳の図案を見て、自分にも描けると筆をとりました。

    生家近くの本屋の主人が気に入って、なんと10円でお買い上げ。当時ひと月生活するのに充分な金額だったといいますから、その天賦の才が良く分かります。



    第1章「青楓図案万華鏡」会場風景 津田青楓による装幀 ©Rieko Takahashi


    明治29年から渡欧する前年の明治39年までに、青楓は13タイトル、34冊の図案集と、6冊の雑誌を刊行しました。

    『青もみぢ』は明治32~34年に6巻を刊行されています。全ての図案に青楓の印が入り、青楓の作品であることが意識されています。



    津田青楓『青もみぢ』本田雲錦堂 明治32(1899)年8月~明治34(1901)年1月 山田俊幸氏 ©Rieko Takahashi


    鈴木三重吉の全作集では、全13巻のうち10巻の装幀を青楓が手掛けています。

    美しいデザインは目を引きますが、青楓は三重吉に「くどくど云はれることに耐へられなくなり」、その仕事から離れてしまいました。



    津田青楓(装幀) 鈴木三重吉『三重吉全作集』春陽堂 大正4~5(1915~1916)年 笛吹市青楓美術館


    第2章は「青楓と京都図案」。長い間、工芸の生産と消費、双方の中心地だった京都ですが、幕末の開国と明治維新の動乱、そして東京遷都により、大きな打撃を受けました。

    低迷からの立ち直りを図って力を注いだのが、産業や工芸の近代化でした。



    (壁面 左から)岸竹堂(下絵)《縮緬地波に雲龍文様型友禅染裂》明治12(1879)年 株式会社千總 / 岸竹堂(下絵)《縮緬地萩の玉川文様型友禅染裂》明治16(1883)年 株式会社千總 / 今尾景年(下絵)《縮緬地几帳に鷹文様型友禅染裂》明治24(1891)年 株式会社千總


    明治37年、青楓は図案の研究会「小美術会」を結成。会の機関紙として『小美術』を刊行しました。

    『小美術』の名前は「純粋美術を大美術、応用美術を小美術」と西洋人が言っていたことから名付けたといいます。



    津田青楓『小美術図譜』山田芸艸堂 明治37(1904)年9月 芸艸堂 ©Rieko Takahashi


    浅井忠は、明治初期洋画界を代表する人物のひとりです。フランスへの留学後、京都に移住し、新設された京都高等工芸学校の教授に迎え入れられました。

    浅井は図案科の図案実習と色染科の自在画を担当。図案の基礎は絵画にあるとして、デッサンや水彩画を教えています。



    浅井忠(図案)杉林古香(制作)《大津絵銘々皿》明治後期 京都国立近代美術館


    第3章は「青楓と新しい試み」。青楓は明治40年に農商務省海外実業練習生としてパリに留学。本格的に洋画を学んで3年後に帰国しますが、洋画だけでなく生活を彩る「小芸術」(マイナーアート)も積極的に手がけました。

    青楓は、橋口五葉に続いて夏目漱石の装幀を担当しています。五葉のようなアール・ヌーヴォーではなく、自刻自版の版画や更紗模様を多用するなど、自由な感覚で制作しました。



    (上から)橋口五葉(装幀) 夏目漱石『草合』 春陽堂 明治41(1908)年 山田俊幸氏 / 津田青楓(装幀) 夏目漱石『草合』(縮刷) 春陽堂 明治41(1908)年 山田俊幸氏


    青楓は大正2年に青楓図案社を設立。デザインや販売まで自分で指揮をとり、封筒や便箋、巻きタバコ入れなどを販売しました。

    青楓が晩年に作成したと思われるスクラップブックには、青楓図案社の便箋の下絵のほか、夏目漱石『三四郎』『それから』の装幀など、さまざまな装幀やカットが貼り込まれています。



    津田青楓《装幀かっと見本摺張込》制作年不詳 個人蔵 ©Rieko Takahashi


    津田青楓といえば、小林多喜二の拷問死の年に描かれた《犠牲者》(東京国立近代美術館蔵)をご存じの方が多いと思います。《犠牲者》も出展された「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」展(2020年 練馬区立美術館)は、このコーナーでもご紹介しました。

    出展数は約250点と、ボリュームたっぷりの企画展です。会期の途中で一部の作品が展示替えされます。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月17日 ]

    (上から時計回りで)津田青楓(装幀) 夏目漱石『社会と自分』(縮刷)実業之日本社 大正4(1915)年11月(初版)新宿区立漱石山房記念館 / 津田青楓(装幀) 夏目漱石『社会と自分』(縮刷)実業之日本社 大正9(1920)年2月(19版)新宿区立漱石山房記念館 / 津田青楓(装幀) 夏目漱石『社会と自分』(縮刷)実業之日本社 大正12(1923)年1月(26版)新宿区立漱石山房記念館
    津田青楓『青もみぢ』本田雲錦堂 明治32(1899)年8月~明治34(1901)年1月 山田俊幸氏
    (上段左から)《装幀図案『瓦』(鈴木三重吉)》 / 《装幀図案 百合の花》 / 《装幀図案『櫛』(鈴木三重吉)》 / 《装幀図案『赤い鳥』(鈴木三重吉)》 / (下段左から)《装幀図案 松葉ぼたん》 / 《装幀図案 鳥》 / 《装幀図案 あざみ・虫》 全て津田青楓作、大正前期、県立神奈川近代文学館 ©Rieko Takahashi
    (左から)作者不詳《絵刷(谷口香嶠図案、西村總所蔵印)》制作年不詳 株式会社千總 / 西村總左衛門店《裂(谷口香嶠図案)》制作年不詳 株式会社千總[ともに全期間展示]
    (左から)津田青楓(挿絵)高濱清(虚子)『さしゑ』光華堂 明治44(1911)年7月 新宿区立漱石山房記念館 / 津田青楓(表紙)渡邊元編『ル・イブウ』木兎社 大正2(1913)年2月 日本近代文学館
    津田青楓『装幀図案集』合名会社芸艸堂 昭和4(1929)年12月 山田俊幸氏 ©Rieko Takahashi
    会場
    渋谷区立松濤美術館
    会期
    2022年6月18日(土)〜8月14日(日)
    開催中[あと49日]
    開館時間
    午前10時~午後6時
    休館日
    月曜日(ただし、7月18日を除く)、7月19日、8月12日
    住所
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14
    電話 03-3465-9421
    公式サイト https://shoto-museum.jp/
    料金
    一般800円(640円)大学生640円(510円)、
    高校生・60歳以上400円(320円)、小中学生100円(80円)  
    *( )内は渋谷区民の入館料
    *土・日曜日、祝休日および夏休み期間は小中学生無料
    *毎週金曜日は渋谷区民無料 
    *障がい者及び付添の方1名は無料

    土・日曜日、祝日・最終週は「日時指定予約制」
    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、土・日曜日、祝日、および8月9日(火)以降の最終週は「日時指定予約制」となっております。詳細は美術館ホームページをご覧ください。
    展覧会詳細 津田青楓 図案と、時代と、 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    玄武洞ミュージアム夏季アルバイトスタッフ募集 [玄武洞ミュージアム]
    兵庫県
    令和4年度埼玉県学芸員採用選考(考古、歴史) [県立博物館等]
    埼玉県
    ★2025年春開館予定施設★鳥取県立美術館 企画展示プロデューサー 募集! [倉吉市駄経寺町(鳥取県立美術館(開館予定日:2025年春)),開館前は鳥取県立美術館付近に設置する事務所(倉吉市内)を想定]
    鳥取県
    令和4(2022)年度 栃木県職員採用選考考査〔学芸員(考古)〕について [栃木県立博物館]
    栃木県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと91日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと19日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと22日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    コジコジ万博
    もうすぐ終了[あと14日]
    2022年4月23日(土)〜7月10日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    もうすぐ終了[あと7日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード