IM
    レポート
    蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠
    TOKYO NODE | 東京都
    蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑む作家史上最大展
    総面積約1,500㎡、天井高さ最高15mというTOKYO NODEの立地を生かした構成
    映画監督の感性を生かした作品や寝転んで鑑賞できるインスタレーションも

    写真を中心として映画、映像、空間インスタレーションなど幅広い分野で活躍する蜷川実花。これまでに大規模な個展も各所で開催していますが、今回はレベルが違います。

    総面積約1,500㎡というTOKYO NODEのスペース全体を使った、圧倒的な密度。蜷川実花ならではの世界に溢れた展覧会です。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場入口
    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場入口


    蜷川実花といえば彩度が高い作品を思い浮かべる方が多いと追いますが、意外にも真っ暗な通路からスタート。奥に進むと、11の作品が次々に登場します。

    「Unchained in Chains」は、水槽を思わせる透明のボックスとモニターで映像を見せる作品です。前橋で開催中の「ニューホライズン」展でも同様の作品が展示され注目を集めていましたが、本作だけでなく、展示映像はすべて本展のために制作された新作です。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Unchained in Chains」
    「Unchained in Chains」


    大空間の映像作品「Flashing before our eyes」は、この展覧会で最大の見せ場といえる作品です。

    その映像に至る通路には、都市の夜景や女性の唇の写真を展示。外光が入る窓側にも写真があるため、日中は写真と外部の風景が重なって見えます。夜はまた違った表情を楽しめるでしょう。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Flashing before our eyes」
    「Flashing before our eyes」


    その奥が、最高天高15mのドーム型天井全面を使った大型の映像作品。低い位置に腰掛けると、走馬灯を見るような体験を楽しめます。

    没入感たっぷりの巨大空間なので、時間を取ってゆったりとお楽しみいただくことをお勧めします。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Flashing before our eyes」
    「Flashing before our eyes」


    順路を戻るかたちで進むと、続く作品は「Intersecting Future 蝶の舞う景色」。上下左右、視界全体を花々が埋め尽くしています。

    映画監督として、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)など5作の長編映画を制作した蜷川実花。映画のセット技術を活用した作品といえます。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Intersecting Future 蝶の舞う景色」
    「Intersecting Future 蝶の舞う景色」


    「Fading into the Silence」は、造花と生花を組み合わせた作品です。徐々に生花は朽ちていくこととなり、展示期間中はそのプロセスが写真として記録されていきます。

    永遠に変わらない造花と並べることで、逆に生花の「命」が際立つという、気づきを与えてくれる作品。こちらも同様の試みが前橋の「ニューホライズン」展にもあり、強く印象に残りました。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Fading into the Silence」
    「Fading into the Silence」


    「瞬く光の中で In shimmering light with you」は、白い室内で展開される映像作品。

    密度の濃い花のエリアとは対象的に、ひと息つけるような清涼感を感じる展示です。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「瞬く光の中で In shimmering light with you」
    「瞬く光の中で In shimmering light with you」


    「Blooming Emotions」は、ピンク色の空間に、クッションが並ぶ展示室。頭上の花弁状のスクリーンに映像が映り、寝ころんでの鑑賞を促します。

    普通の美術館ではなかなか味わえない、いつもと違う方法で作品に向き合うと、新たな発見があるかもしれません。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「Blooming Emotions」
    「Blooming Emotions」


    「胡蝶のめぐる季節 Seasons: Flight with Butterfly」は、透け感のある大型のスクリーンに四季の花々が映されるなか、スクリーンを縫うように歩きながら鑑賞する作品。先にいる鑑賞者の姿も、映像を遮るように浮かびあがります。

    幻想的な光景ですが、映像はほとんど加工がされていない現実のもので、多くの花々は日常の中で撮影されています。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「胡蝶のめぐる季節 Seasons: Flight with Butterfly」
    「胡蝶のめぐる季節 Seasons: Flight with Butterfly」


    会場前には、オフィシャルPOP-UPショップも登場。特別コラボアイテムも数量限定で販売されています。TOKYO NODE内の飲食店とのコラボメニュー企画も用意されています。


    TOKYO NODE「蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場より 「オフィシャルPOP-UPショップ」
    「オフィシャルPOP-UPショップ」


    展覧会は、蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑んだ企画。EiMはデータサイエンティストで慶應義塾大学教授の宮田裕章がリーダーを務め、蜷川実花のほかセットデザイナーのEnzoらが参画。プロジェクトごとに多様なチームで編成されています。

    会場はすべて撮影可能で、写真を撮る・撮られることが好きな方にはピッタリです。最後に注意をひとつ、TOKYO NODEは「虎ノ門ヒルズ」のステーションタワーです。「麻布台ヒルズ」ではないので、お間違えないように。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年12月4日 ]

    「残照 Afterglow of lives」
    「Breathing of Lives」
    「Luminous Echoes」
    「Embracing lights」
    会場
    虎ノ門ヒルズ ステーションタワー TOKYO NODE 45F GALLERY A/B/C
    会期
    2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)
    会期終了
    住所
    東京都東京都港区虎ノ門 2-6-2
    料金
    【平日】
    一般 2,500円
    学生(大学生・高校生) 2,000円
    子ども(中学生・小学生) 800円

    【土日祝】
    一般 2,800円
    学生(大学生・高校生)2,200円
    子ども(中学生・小学生) 1,000円
    展覧会詳細 蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    令和6年度公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団 発掘調査職員の募集 [本部、県内の発掘調査実施場所]
    埼玉県
    令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
    群馬県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと81日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと69日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと69日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと90日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)