蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠

    TOKYO NODE | 東京都

    写真家・映画監督の 蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑む、史上最大規模の展覧会。 本展では、日常の中にある儚い美しさを永遠の存在として昇華する蜷川実花の制作姿勢を体現し、すべて本展のために撮りおろされた映像や写真を起点に、研究者や建築家、音楽家といった異なる分野の才能と共創された計11もの作品で構成されています。 立体彫刻や大型インスタレーションなど自由な手法で表現された作品群は互いに連結しており、 暗闇空間から開始するその展示構成は、これまで蜷川が表現してきた色彩鮮やかな印象を一転させ、静かに鑑賞者の感情を揺さぶります。 会場となるのは、2023年10月6日に開業した情報発信拠点「TOKYO NODE」。 作品群は、地上45階、総面積約1,500㎡、天井高さ最高12mに至る「TOKYO NODE GALLERY」の立地や形状といった会場特性と共鳴するように制作。窓から見下ろす東京の風景をインスタレーションの一部として取り込むなど、訪れるたびに表情の異なるサイトスペシフィックなものとなっています。 まるで“地上200mの桃源郷”を歩むような体験は、現代社会でたおやかに光を見出す彼女の物語をナラティブに追体験させ、内省的な旅へと鑑賞者をいざないます。
    会期
    2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)
    会期終了
    料金
    【平日】
    一般 2,500円
    学生(大学生・高校生) 2,000円
    子ども(中学生・小学生) 800円

    【土日祝】
    一般 2,800円
    学生(大学生・高校生)2,200円
    子ども(中学生・小学生) 1,000円
    チケットを買う https://tokyonode.jp/sp/eim/ticket/
    会場
    虎ノ門ヒルズ ステーションタワー TOKYO NODE 45F GALLERY A/B/C
    住所
    東京都東京都港区虎ノ門 2-6-2
    蜷川実花展 : Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠のレポート
    7
    蜷川実花がクリエイティブチームEiM(エイム)として挑む作家史上最大展
    総面積約1,500㎡、天井高さ最高15mというTOKYO NODEの立地を生かした構成
    映画監督の感性を生かした作品や寝転んで鑑賞できるインスタレーションも
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)